2015

あけましておめでとうございます!

久しぶりのブログ更新です!

お察しの通り、「告知」です!


長い事絶版になっていたBbmfマガジン版『東京都北区赤羽』ですが、
この度、双葉社から『増補改訂版 東京都北区赤羽』として全4巻で復活しました。














各巻300ページ超の大ボリュームです。
税別、1400円。

本当はオールカラーで復刊したかったけど、
そうすると1冊「4000円」とかになっちゃうので、
色々作戦会議した結果、パートカラーでゆくことにしました。

「赤い老人」や「一番街の謎の赤い花屋」、「赤羽UFO騒動」等、
カラーじゃないとわかりづらいエピソードは、ちゃんとカラーにしたので
ご安心ください。

各巻、書き下ろし漫画&未収録漫画、オマケ記事等多数。

書き下ろし&未収録漫画に関しては、計10本も収録してみました。


ここで生じる「Bbmf版と双葉社版、どちらがお得なのか問題」ですが、
結論から申し上げますと「どちらもお得」です。(当社比)

以前、Bbmf版を購入してくれて読んでくれた人は
オールカラーでハッピー。

今回の双葉社版で購入してくれた人は、パートカラーだけど
未収録漫画やオマケ記事でハッピー。

でも、一番得してる人は「Bbmf版と双葉社版、両方持ってる人」です。

もっと得してる人は「どっちも持っていない人」かもしれません。

ナーンチャッテ!

アハハハッピッピーーー!!




























ドキュメンタリードラマ、『山田孝之の東京都北区赤羽』
1月9日(金)深夜0時52分よりテレビ東京にて放送開始です。

出演、山田孝之
監督、松江哲明、山下敦弘

この時点で十分最強ですが、他にも最強ゲストが続々出るとか出ないとか。

山田さんと赤羽のパワーヒューマンたちとの橋渡し役で
僕もちょこちょこ出演する羽目になっちまいました。

深く関わった身ですが、とんでもない番組です。
まさかこんなモノが世に出るとは、人生何が起きるかわかりません。



漫画読まずに観ても超面白いと思われますが、
漫画読んで観たら更に8万倍楽しめる作品なので、
是非読んでください。

山田さんも、漫画を読んで赤羽にいらした身なので、
漫画を読めば山田さんに感情移入してドラマをエンジョイできること必至です。

買ってとは言いません。

お友達から借りるなり、立ち読みするなり、どんな方法でも
かまいませんので、読んでから番組見てください。


ってゆーか、買って読んでね。




まだ告知するぞ!

1月28日に単行本が3冊同時発売します。


『ウヒョッ!東京都北区赤羽』4巻




『清野とおるのLove&Peace』





『清野とおるのデス散歩』






内容は、表紙からお察しください。


同時に複数冊出るからって、手抜きとかは一切せずに
どれも全力でがんばって描きました!

これは本当です、信じてください!!






よーし、まだ告知をするぞ!


昨年末から漫画連載が2本増えました。

「月刊モーニング・ツー」にて、
市井の人たちの、どうでもいい「こだわり」を根掘り葉掘り聞き出す、
『その「おこだわり」、俺にもくれよ!!』





「SPA!」にて、
脱力系グルメ・エッセイ漫画、『清野とおるのゴハンスキー』。



 

以上、よろしくお願いします!



今年一年、健康第一で、事件や事故に巻き込まれないよう気をつけつつ、
お互い生きてクリアーしましょうね☆
■  [PR]

# by kurukurupaaaa | 2015-01-05 17:29 | 変態 | Trackback | Comments(26) 

(。・ε・。)

あと一週間で、2013年も終わりですね。

長くもなく短くもなく、「まあ一年ってこんなもんだよね」というくらいの
ひねりのない一年でした。合掌。


ここ一ヶ月は、サイン会とかトークイベントやら、
人前に出る機会が多く、色々な方々と「接触」させてもらいました。

サイン会やる度に、

(俺に恨みを持つ狂人から塩酸ぶっかけられたらどうしよう)

とビクビクしているのですが、
来てくださる人皆さん、ドン引きするくらい優しい常識人ばかりで、
挙句の果てには「お土産」とか沢山頂いてしまい、
今現在僕は、その「お土産」を主食に家に篭って「生活」をしています。

「読者」って、「作者」に優しいなあ・・・。



さて、先日新宿ロフトプラスワンで行われた気違いトークイベント、
「ウヒョッ!東京都北区赤羽in東京都新宿区歌舞伎町Vol.2」ですが、
時間内で発表できなかったネタも多々あり、
急遽2月23日(日)にVol.3を催させてもらうことになりました。

「ウヒョッ!東京都北区赤羽in東京都新宿区歌舞伎町 Vol.3(詳細はコチラ)

現在ローソンチケットで前売り券販売中なので、
ドン引きしたい物好きな方は是非いらしてください。




こんなかんじの薄暗いスペースで、
お酒飲んだりゴハン食べながらやるんですよお。



あと、関西方面の方は、1月18日(土)に丸善ジュンク堂梅田店さんで行う
「サイン会的な何か」にいらしてくださいね。約束ですよ?



この二つのイベントが終わったら、しばらく家に篭って「じっ」と漫画に専念しようと思います。


では皆さん、メリークリスマス&良いお年を!














































ついでに、あけましておめでとうございます鬼は外福は内!


■  [PR]

# by kurukurupaaaa | 2013-12-24 14:42 | Trackback | Comments(40) 

11月と12月と1月のあれこれ

ご無沙汰です!

毎日寒いですか?

そりゃあ寒いでしょうよ。

なにせ「冬」ですからね。





さて、『ウヒョッ!東京都北区赤羽』の2巻が発売されましたよ。



これにともなって、12月14日(土)13時から、
渋谷TSUTAYAさんでサイン会させてもらうことになりました。

現在、整理券配布中です。

今回は、おそらく二度と実現しないであろう事を企んでいるので、
いらしてくれる方は心していらしてください。


ちなみに、渋谷TSUTAYAさんでサイン会をやらせてもらうのは、かれこれ三度目です。
落ち着いた小部屋でゆっくりサインできるので、
非常にやりやすいのです。

「赤羽でやれ!」とのお叱りも受けますが、できません。

なぜなら、恥ずかしいから、です。






あと、丸善ジュンク堂梅田店さんで、1月18日(土)に、
何かサイン会的なイベントをやらせてもらう予定なので、
関西方面の皆さまよろしくお願いします。

このイベントも二度目ですが、前回やらせてもらった時、
お店の人も来場者の人もみんな、すごく僕に対して温かかったんですよ・・。

すごく、あたたたたたたたかかったんですよ・・。
「お菓子」とかくれたし。

故の、二度目です。



整理券とかは特にないですが、
こちらの店舗で僕の新刊お買い上げのレシートを持ってきてくれた人には
「何か」あげようと思っています。



もはやこのブログも、すっかり宣伝の為のツールと成り下がってしまいましたが、
それでいいんです!!



ほいじゃ、また!

















































おならプゥ~のチンポビヨ~ンだ☆

■  [PR]

# by kurukurupaaaa | 2013-11-30 14:16 | Trackback | Comments(23) 

7月のあれこれ

なんか最近、ジメジメしない?

寝付きにくかったり、洗濯物が乾きにくかったり、
除湿機のタンクがやけに早く水で満タンになったりさ。


それ、お前の気のせいじゃなくて、「梅雨」のせいだから。

安心しな。




















さーて、今月の清野くんの予定だよー!


まずはなんと言っても、1年半ぶりの単行本、
7月12日(金)に2冊同時に発売します!




1冊目は、現在漫画アクションで連載中の『ウヒョッ!東京都北区赤羽』第1巻。


アクション掲載作にプラスして、Bbmfマガジン時代に発表した、
単行本未収録エピソードも合わせて、1冊にまとめました。
勿論、オールカラーです。

オマケページも充実。

昭和31年に催された『幻の第一回赤羽馬鹿祭り』に
実際に参加された方を発見。
その方と対談させてもらいました。

また、ペイティさんからもらった「恐るべき下ネタのらくがき」の原画も
そのまま掲載してみました。


あと帯コメントは、同じ12日に『焔の眼』4巻が発売される悪友の押切君からもらいましたが、俺も押切君の帯にコメント寄せました。


まあ読んでみてよ (。・ε・。)






































もう一冊は、 『全っっっっっ然知らない街を歩いてみたものの』。

タイトル通り、今まで一度も行ったことの無い全然知らない街を、
前情報無しにいきなり行って、目的無く徘徊した漫画です。

こちらは、数年前に「実話漫画ナックルズ」(ミリオン出版)という雑誌で
超不定期連載をしてたのですが、雑誌は休刊という名の廃刊になってしまい、
連載もストップ。

その時点でストックは50ページほどだったので単行本化は諦めたのですが、
気合で100ページくらい書き下ろしました。超大変だった。

特別企画として、以前このブログでも触れた「電車の怪人」を、
ライターのギンティ小林さんと共に、改めて徹底取材してみました。

そこには意外な新事実がありました。





まあ読んでみてよ (。・ε・。)








2冊とも、1ページ1ページ寿命が縮まるほど全力で描いたので、
自信を持って「買って読んでください」とお勧めできます。

なので、買って読んでください。

買って頂けない場合、僕の「生活」が成り立たない恐れが生じてきます。

「生活」が成り立たないと「餓死」します。

「餓死」したら、皆さんを「呪い」ます。

そしたら皆さんも僕の「呪い」で「死」にます。

なので、ご自身の為にも買ってください(。・ε・。)



告知おしまい。













































































とみせかけて、まだあるぞ!!






発売に伴って、イベントをいくつかやるんです。



まずは7月13日(土)にブックファースト新宿さんで
『全っっっっっ然知らない街を歩いてみたものの』のサイン会をします。


先着20名に、この漫画で使った生原稿を、丸々1枚ずつ差し上げます。
それ以外の、来てくれた人全員に、生原稿の一部のコマを差し上げようと思っています。





もう予約券を配ってるみたいなので、是非!







そして7月27日(土)には、渋谷TSUTAYAさんで
『ウヒョッ!東京都北区赤羽』のサイン会をする予定です。

こちらの特典として、4P分の書きろしカラー小冊子をお配りする予定です。
うち2Pは、ペイティさんとの単行本未収録エピソード漫画です。内容は秘密。
これは来た人みんなにあげます。



短期間にサイン会2度もやって、そんなにサインしたいのか!?
って思われるかもしれませんが、超サインしたいんですよ。
させてくださいよ。

減るもんじゃないし、いいだろう?





あと大変有り難いことに、7月24日(水)にロフトプラスワンで催す、
「赤羽漫画裏話イベント」は前売り券が売り切れてしまいました。

でも当日券も出す予定なので、是非お越しください!


是非!!












































是非!!
■  [PR]

# by kurukurupaaaa | 2013-07-04 11:00 | Trackback | Comments(79) 

単行本発売とイベントのお知らせ

少し先の話ですが、7月12日に、
『ウヒョッ!東京都北区赤羽』の1巻発売決定です。



まだ漫画アクションで連載始まって日が浅く、掲載された話数も少ないのに
どうやって単行本なんて出すんだよアンポンタン清野、いよいよ本格的に狂ったか!?
・・とお思いの方もいらっしゃるかもしれませんが、結論から言うと狂っていません。


アクション掲載作品と、Bbmfマガジン時代に描いた、単行本未収録作品を
合わせて収録してしまえという魂胆なのです。


















あと、同時にもう1冊単行本出します。


以前『漫画実話ナックルズ』という雑誌で不定期連載していた、
知らない街を目的無く歩く漫画です。

しかし、『漫画実話ナックルズ』は、
もう「休刊」という名の「廃刊」になってしまいました。

仕方ないし、めんどくさいし、単行本にまとめなくてもいいかな、
とも思ったのですが、乗りかけた船だったので単行本にすることにしました。

結果、100ページくらい書き下ろす羽目になってしまいました。
これはもう、本当にとてつもなく大変恐ろしい事態でした。
でも苦労しただけあって、満足な出来の本に仕上がりそうです。

タイトルはまだ仮ですが、

『全っっっっっ然知らない街を歩いてみたものの』

としておきます。




















そして単行本2冊発売に伴って、
これまた少し先の話ですが、7月24日(水)の夜にロフトプラスワンで
イベントさせてもらうことになりました。



詳細コチラ。

こういうイベント、何度かやらせてもらえる機会もあったのですが、
「めんどくさい」という理由で流れてしまったのです・・。
今回は良い機会なので気合入れてやろうと思います。

 『居酒屋ちからマスター生前葬』以来、2度目の赤羽イベントです。

生前葬の時は、準備とか司会とか、やはり「めんどくさい」という理由で
周囲の友人や編集さんたちに頼りまくってしまいましたが、
今回は責任持ってちゃんと僕がやります。



イベント内容は、『東京都北区赤羽』で描いたネタの裏話や、
まだ漫画にしてないネタや、危ないネタなどを、
動画や写真を交えつつ、飲酒しながら皆さんに垂れ流すつもりです。

赤羽がらみのゲストも出演交渉中ですが、
なにせ「赤羽がらみ」なので、どうなるかは当日までわかりません。

あと、もしかしたら緊張してうまく喋れず、
「終始沈黙」したままイベントが「終了」してしまう可能性もありますが、
そういう事態になっても「愛嬌」として許容してくれる心の優しい人だけ
お越しください。


また、上記の単行本2冊持ってきてくれた人には、
ちょっとしたプレゼントを考えているので、是非お持ちください。

本読んでない場合、タダの糞イべントに思われてしまう可能性があるので、
要注意です。
本読んでる場合でも、タダの糞イベントに思われてしまう可能性があるので、
どちらにせよ要注意です。



チケットも販売開始されましたので、
興味ある方は是非ー(^0^)/
■  [PR]

# by kurukurupaaaa | 2013-05-12 19:34 | Trackback | Comments(24) 

< 前のページ 次のページ >