セットされた未来人

ある夜のこと。

八王子に住む小野君と、赤羽で軽く飲んだ後、
暗い赤羽公園内で遊んだ。

で、なんとなくペイティさんの話題になった。

小野君はペイティさんに興味津々で、会いたがっている様子。
せっかく八王子から尋ねてきてくれたのだから、俺としても
なんとかペイティさんを紹介してあげたかったのだが、
こればかりは難しい。

なぜならペイティさんは、携帯電話はおろか、
住所も持っていないから、連絡とりようが無いのだ。

無理を承知で、なんとかその辺からヌッと現れさせてくれませんかね~?
と、赤羽にお願いしてみた。






























































c0152126_5304299.jpg


そしたら本当に物陰からヌッと現れたので、鳥肌がたった。
これはもう、偶然を超越した必然としか言いようがない。

ありがとう赤羽!!


早速小野君を紹介する為に、ペイティさんに接触。



c0152126_5311347.jpg


するとペイティさんは、会話の最中、思いきり屁をおこきになられた。
あまりにも見事な屁だったので、俺と小野君は噴き出してしまった。


相手はレディーという事で、普段なら聞かなかったフリをするけど、
この時は酔いも手伝ってか、もろ指摘してしまった。


c0152126_5312684.jpg


そしたらペイティさんは、屁の音をごまかすかの様に、
後ろ足で砂埃を立て始めた。
こいた後にごまかしても意味ないのに、そういうチャーミングな所がSUKIです。

ってゆーか、ペイティさんと出会った場所は公園の便所の前だったので、
多分ウンコしにやってきたのだろう。
そこを俺たちに捕まってしまったのだ。

ウンコはできないわ、屁まで聞かれて笑われるわ、
今振り返ると非常に申し訳ない事をしてしまった。

ペイティ師匠、すみません!
俺、酔ってたんです!





























c0152126_5322682.jpg


屁の記憶を、俺達の脳から抹消させる為だろうか、
ペイティさんは唐突に歌を歌い始めた。

聞き覚えのある既存の曲ではあるが、ペイティさんにかかると
聞き覚えの無い、不穏な曲と化す。

これはもう、既存の曲ではなく、ペイティさんの曲だ。


俺たちの拍手と歓声に気を良くしたペイティさんは、続けざまに、
自作の曲を歌い始めた。





































c0152126_5341474.jpg


その曲名こそが、『セットされた未来人』。
急に喋り口調を変え、まるで少女の様な甘い声でのタイトルコールであった。

それにしても、なんだこのタイトルセンス・・・

タイトルを聞いただけで、震えた。






























c0152126_5344714.jpg



c0152126_5353739.jpg


c0152126_5351229.jpg


そして甘い声のまま、ペイティさんは歌い始めた。



その声質から、ひょっとしてペイティさんは処女なんじゃないかと、
本気で思ってしまった。
それほど汚れの無い、純粋無垢な声である。

















































c0152126_536331.jpg


c0152126_5361829.jpg


甘い声に油断させておいて、唐突に180度違う恐ろしい声が!!

これは、汚れまくった売女の声である。

処女と売女を同時に感じさせる歌声なんて、未だかつて聞いた事がない。

とにかく、スゴイ曲だった。
































って、絵と文だけでスゴイスゴイ言われても、皆さんには伝わりませんよね・・?



実は、小野君が機転を利かせ、携帯でペイティさんの歌を録音してくれたんです。
そしてさらに機転を重ね、ネット上にアップしてくれたんです。

なので今回は皆さんにもペイティさんの歌を聞いてもらいましょう。

まずは、始めに歌った既存の英語の曲。

http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewprofile&friendid=1004210634

















































いかがでしたでしょうか?

ペイティさんという人のすごさが、この一曲だけで十二分に伝わったと思う。




『セットされた未来人』は、有料の方のブログで数十円で公開して、
その売り上げををペイティさんにあげようかなあ~・・・

と思ったのだけど、それでは一時的にペイティさんが小銭を得るだけで、
本当に彼女の為にならない気がしたのでやめた。

ここで一人でも多くの方に聞いてもらい、ペイティさんの
恐るべき才能を世に広めたほうが良いに決まっている。


では『セットされた未来人』をお聞きください。










































































次回にね。
[PR]

by kurukurupaaaa | 2008-11-02 05:51 | 街人  

<< 『セットされた未来人』公開 桜の木の下で >>