赤羽の母(後編)

つづき。


c0152126_433526.jpg


〝赤羽の母〟と対面した俺。

彼女の、全てを見透かすかのような、
鋭い眼光が突き刺さる。



母「今日は何を聞きにきたの?」

俺「えっと・・・じゃあ仕事がうまくいくかどうか
占ってもらえますか?」

母「なあに?」

俺「いや、だから仕事について・・」

母「え?」

俺「仕事!!!」

母「は??」

俺「??」


































母「耳が遠いんで、もっと大きな声で話してくれるかい!!!」













耳の遠い占い師!!

赤羽ノリだ!!!


この瞬間、俺は自分の未来よりも、
このおばちゃんの過去を知りたい衝動に駆られてしまった。

どんな人生を歩み、どうして赤羽で占いをやるに至ったのか。

その全てを根掘り葉掘り聞き出してやった。

普段、人のプライベートな話を聞くのが〝赤羽の母〟の仕事。
自分のプライベートな話を聞いてもらえたのがやたら嬉しかったのか、
すごい勢いで自らの人生を語り始めた。


c0152126_4334959.jpg













































c0152126_434522.jpg



























































c0152126_4341569.jpg



その語りっぷりは、写真の表情からもお察し頂けたかと思う。

ここまで愉快な人だとは思わなかった。
とみせかけて、実は少し思っていた。
だからここに入ったのだ。





〝赤羽の母〟に、俺が赤羽の漫画を描いてる旨を説明し、
この日の出来事を描いてもよろしいものかとお願いしてみたところ、

「どーぞどーぞご自由に」

という、大変お心強いお言葉を頂いたので、
近々描かせもらうことにした。
〝赤羽の母〟のベールに包まれた過去は、
そこで掘り下げようと思う。

あと、俺の占い結果も。































オマケ。

最近赤羽で接した人たちの写真。


c0152126_4352132.jpg


場末のスナックにて。
隣のテーブルに居合わせたおばちゃん集団に
絡まれたので一緒に飲む。
「若いエキスを吸わせて欲しい」と、
何度もしつこくお願いされたけど、拒否。










































c0152126_4353414.jpg


場末の小料理屋にて、ご主人と。











c0152126_4355262.jpg


彼の作る創作料理は、どれも愉快なネーミングだ。
愉快と同時にかなり不快なのだが、
味がとても美味いので、僕は貴方の存在を許容します。















































c0152126_43648.jpg


ゴミ屋敷の婆さんと。

『必殺仕事人』を観ながら、ビールを飲む。
生のたまねぎを肴に。

仕事人が仕事してる最中にトイレ借りようとしたら、
少し怪訝な顔をされた。






















































たまには若い女性と会話したい。
[PR]

by kurukurupaaaa | 2009-03-09 04:41 | 街人 | Comments(33)  

Commented at 2009-03-09 05:38 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ミルキーウェイ at 2009-03-09 06:05 x
赤羽の母の耳が遠いのは髪型のせいだと思います。

それにしても様々な人種とかかわってるんですね。ゴミ屋敷の主人とどうやって接点を持ったのか気になります。

赤羽は見事に高齢化の波にさらされてますね。
Commented by ルーチン at 2009-03-09 06:26 x
テレビ局は赤羽の母に熱いラブコールを!!

写真の小料理屋、テレビで紹介されてるのを見たことがあります!
麻生総理の次は小沢総理なのかそれとも別の誰かなのか…なんにしても一回食べてみたいです。
Commented by niko at 2009-03-09 08:28 x
赤羽はどんな街? と、友人に聞かれ、ちょっと発狂した人の多い街と、先日答えました。

先日、冬まえから馬鹿祭りの看板がもう出てる馬鹿っぷりの出口近くに新設された、柱に腰掛けるバーの下で、ペイティさんが、清書を逆さにお持ちになって、すやすやと船を漕いでおりました。
二日連続で。


若い女性とお話したいなら、朝、京浜東北線のホームで奇声を上げながらスキップしておられる二十代(らしき)女性がいらっしゃいますよ。たまに。
Commented by たぶん若い?女性 at 2009-03-09 09:01 x
常々赤羽の町を散策してみたいと思っています。。
清野さんとも是非お話してみたいので、いつ何処の喫茶店に行けば会えるか教えてください!大宮からすっ飛んでいきますよ♪
う~ん。
でも、きっと清野さん、絶対教えてくれないですよね~
じゃあ、まず、ペイティさんを探しだして、一緒に遊んで清野さんを待つしかないのかな~お話したいな~~
Commented by おおち at 2009-03-09 09:17 x
ホントは若い女性よりも老人たちと絡んでる方が
楽しいくせに、、、、
Commented by 神具屋 at 2009-03-09 09:47 x
 清野さん、おはようございます。早速、後編が見れて
良かったです。「赤羽の母」さん、とっても良い顔されて
ますね!!笑顔が素敵です。朝一から癒されました。
 場末!のスナック、場末の小料理屋、ゴミの婆さん
(黒電話・・・)、おいしい写真が見れて胸いっぱいです。
Commented by 凪乃 at 2009-03-09 10:10 x
赤羽の母、笑顔でピース!!
それにしても、様々な方を激写していますね~。
私も赤羽に住んでいたら、狂っ(ryおもしろい人間になっていたのでしょうか。
Commented by ビロードの歌声 at 2009-03-09 10:32 x
清野さま。いつも楽しくブログを拝見しております。
赤羽という街は10数年前にマルチにはめられ美顔器を30万でサラ金から借金して買わせられ、そのセミナーで連れて行かれた初めての東京の町なので、このブログで「赤羽」という地名を聞いた時胸がきゅっと痛くなりまひた。
ゴミ屋敷のばあさんとはどのようにして知り合ったのですか?その辺のエピソードも書いていただけましたらうれしいです。
Commented by チミドロ鈴木 at 2009-03-09 11:02 x
僕がぼーっとお菓子食べているこの瞬間も清野さんは老人たちと過ごされているのでしょうね。同じ空の下で…。そう思うと身が引き締まります。
Commented by どばち at 2009-03-09 11:36 x
かわいい♪大木凡人。

赤羽の老人たちは「わんぱくでもいい、たくましく育ってほしい」(古っ)という親の願いをみごと体現された人生を送ってる気がします。

人生経験のひとつとして体を張って「若いエキス」を吸われてみてください(笑)
Commented by まみ♪ at 2009-03-09 11:40 x
おばちゃん集団、完全にエキス吸い終って気が済んだ顔してますよ(笑)
Commented by にこ at 2009-03-09 15:35 x
衝撃です☆
清野さんは本当に
果敢な勇者だと思います♪
っていうか赤羽のアイドル♪
マンガもすっごい楽しみです☆
Commented by mm at 2009-03-09 19:21 x
この占い師みたことある
こんな愉快な人なんだ
Commented by まめ at 2009-03-09 20:28 x
若い女性は、場末のスナックや場末の小料理屋には少ないと思いますよ。
あとゴミ屋敷にもw

女より笑いですよw
Commented by ぼーだー at 2009-03-09 20:55 x
それにしても赤羽の母の笑顔はキュートすぎる
Commented by Z32 at 2009-03-09 21:52 x
赤羽の母のベールに包まれた過去と、清野さんの占い結果の漫画楽しみにしてます!
Commented by くうやん at 2009-03-09 23:28 x
わぁ清野さんと愉快な仲間たちだ!
さいきん「女子とお話したい」発言の多い清野さん可愛いです。
そう言いながら変人たちが大好きなんですよね。
Commented by メロディー at 2009-03-10 01:21 x
マニラに住むメロディーです
実家は板橋区ですから赤羽近いです
明日から実家にいます
何歳以下が若いんでしょうか
変人バーはクリアしました
Commented by at 2009-03-10 12:06 x
心なしか母の似顔絵も笑ってるように見えますね。
Commented by ITIGO at 2009-03-10 12:38 x
わおー
五味屋敷ばーさん 生の玉ねぎ
飲み屋のじーさん
もう最高
愉快な仲間たちだよねー
Commented by taro at 2009-03-10 17:40 x
赤羽の母の笑顔のピースサインをみた瞬間にピースな愛のバイブスでハッピーな気分になり鬱が治まりました。これからも鬱気味になったら赤羽母の写真で気分を立て直そうかと思います。小料理屋も気になるけどゴミ屋敷がめちゃくちゃ気になる!おもしろエピソードさらっと流しすぎです。
もちろん赤羽の母の漫画楽しみにしておりますよー。
Commented by 宮元 at 2009-03-11 00:07 x
「男はつらいよ 五五〇」 と 「よく売れてる」
つうのを食してみたいなぁ、

小料理屋のご主人、メニューの文字は自分で書いたのかな?
なかなかの達筆ですな、
Commented by 鈴キチ at 2009-03-11 01:52 x
じゃ私は『東北新幹線』を。

若い女性…
つまんないよ、ぴちぴちだけどさ〜
Commented by るちる at 2009-03-11 02:16 x
笑ったらとってもかわいい占い師さんだったんですね~
高感度アップ!!
通っちゃうかも~。。。
せいのさん、モテモテですね!
占いの結果もたのしみです☆
Commented by nanashi at 2009-03-11 19:32 x
…ママぁ!!!
Commented by さん at 2009-03-11 20:58 x
ぬはっっっ!!!!!
最高ですな!
グッドスマ~イル!!!
Commented by なちょす at 2009-03-12 01:18 x
ほんと!赤羽の母の笑顔にノックダウンですな!!
髪の毛が真っ黒ですね。
Commented by kira at 2009-03-12 11:40 x
いや清野さん大阪にいれば一緒に飲みたいのになあ~
赤羽に行けば清野さんに会えるのでしょうか!!
東京よく行くけど赤羽で降りた試しがない~
私も東京進出の際は赤羽に住みます。
Commented by rei at 2009-03-12 20:39 x
小料理屋行ってみたいなぁ~
占いのおばちゃんと小料理屋のおじさんの
清野さん的な似顔絵書いてくださいYO!
Commented by ぴっころ at 2009-03-13 00:23 x
かなり久しぶりにコメントします。
清野さんは覚えてなくても私はずっと携帯やパソコンから見守ってますよ。たまに清野さんの後ろにいるかも…クスクス

清野さんとお話したいけどまだ十九歳だから一緒に飲めないなあ。切ない…
赤羽の母の漫画楽しみにしてます☆
Commented by 清野 at 2009-03-13 03:44 x
コメントをお寄せ下さった皆様、ありがとうございます。
こんな愚鈍かつ滑稽な僕とでも、会話をしたいと言ってくださる
優しい方が何人かいらっしゃったことに、大変救われました。

これで明日からまた、老人達とやっていけそうです!
Commented by ゆうた at 2009-05-31 00:34 x
赤羽の母って別にいますよ!
そっちの方が有名かも・・・・

<< 確定申告をしにいったこと 赤羽の母(前編) >>