素敵な落書き

前回は、皆が知っているのに俺だけが知らない様なネタを
取り上げてしまい、ちょっぴり悔しい思いをしました。
しかし、同時に、ここを見てくださる方々の情報量のすごさに
感服しました。

また何か分からないことがあったら教えてください。



そんなわけで、今回は俺だけが知ってる(はず)のネタをご紹介。

先日の夕方、赤羽西付近を歩いていた時のこと。
民家の塀に書かれた、赤い落書きが目に飛び込んできた。































c0152126_1775854.jpg



「うん。好きよ」

一見すると、ごくごくありふれた落書きだが、
なにか違和感を感じる。

塀の一部の色が、微妙に違うではないか。

もう少し近づいてみた。
























c0152126_1783726.jpg







c0152126_1781759.jpg



この句点だけ、落書きではなく、手作りの紙だ!!

薄い布地のテープの上に、紙で作られた「。」が
ペタリと貼られているのだ。


テープの形や、後付の句点から察するに、
どうやらこの落書き、当初は

「うん。好きよ」

ではなく

「うんこ好きよ」

だったに違いない。
ってゆーか、うすく「こ」が透けてるし。


落書きされたことに気づいた家主が、
応急処置的に文章の意味を変えるべく
慌てて「こ」を「。」にすり替えたのだ。

汚い文章から、綺麗な文章に。


落書きはいけないことだけど、
これを見て微笑ましい気持ちになった。

普通、自分の家の塀にこんな落書きされたら、
選択肢は二つである。

①急いでペンキで消す

②自殺


しかしここの家主は、そのどちらを選択する訳でもなく、
③文章を変える
という斬新な方法でこの問題を乗り切った。

落書きと共存する道を選んだのだ。

その、落書きを楽しめる余裕というか、度量の大きさに
チャイムを鳴らして、出てきた家主を
賛美したい衝動に駆られたけど
そこはグッとこらえた。

「落書きしたのは貴様か!」とか疑われたらイヤだし。



で、数週間後。
再びここの家の前を通りかかったら・・・






































































c0152126_17103836.jpg


 
句点落ちてた























































































[PR]

by kurukurupaaaa | 2009-04-16 17:13  

<< 馬鹿祭り 最近の『東京都北区赤羽』 >>