メルシー先輩

あれは昨年の冬のこと。

俺の昔の漫画をネット上にアップしてくれたbccksの遠藤さん(♀)から、
預けた原稿を返却してもう為に赤羽でお会いした。

せっかくだし、軽く飲みますか的な話になって、
一軒目は割と普通の店に入って、酔った勢いで
せっかくだし、もう一軒いきますか的な話になって、
二件目は割と普通じゃない店に入った。

イイ感じの老婆が、地下にある、ちょっと怪しい雰囲気の店の階段を下りようと
していたので、そこを捕まえ、

「この店おもしろいんですか!?」

と尋ねてみたところ

「おもしろいよ」

というので老婆と一緒に入ってみる事にしたのだ。













そこはフィリピンパブだった。

老婆は、別にフィリピン人目当てで入店した訳ではなく、
ここの支配人であるママと友人で、ママと雑談しにきたようだ。

本当は老婆と話したかったのだが、入ってしまったからには仕方ない。
腹をくくってフィリピン人と話そうではないか。



c0152126_4453811.jpg


俺と遠藤さんは、老婆と離れたテーブルに案内され、
一人のフィリピン人女性が付いた。



俺達に付いたフィリピーナは、ほぼスッピンの、
40歳くらいのおばちゃんだった。
この店での源氏名は、「メルシー」さんという。

挨拶もそこそこに、


「なんかオバケの話きかせてください」


という、かなり無茶な振りをしてみたところ、
メルシーさんは一切動じずに、
中学校時代、フィリピンで大きい手に追いかけまわされたという
恐ろしい話を聞かせてくれた。


c0152126_4461617.jpg


この時点で俺の心は、メルシーさんに鷲づかまれた。
遠藤さんは黙って話を聞いていたけど、きっと遠藤さんも
鷲づかまれていたに違いない。


「アンタ、仕事何シテル?」

とメルシーさんに問われたので、
たまたまカバンの中にあった一枚の原稿を
見せびらかすことにした。




その原稿とは



c0152126_4463887.jpg



例の携帯の赤羽漫画の表紙。
なんでこの時この原稿を持っていたのか記憶にないけど、
とにかくカバンに入っていたのだ。

(フィリピン人が俺の絵を見て、どういう反応するのだろう?)

俺は少しウキウキしながら原稿メルシーをさんに手渡した。



原稿を目にしたメルシーさんの反応は、予想以上のものだった。


絵を見るなり興奮し、意味不明の言葉で
ギャーギャー奇声を上げ始めたのだ。

そこまで大袈裟に反応されると照れるなあ~!!

と思いきや、メルシーさんは別に、
俺の絵のうまさに興奮している訳ではなかった。




















c0152126_4503973.jpg



絵の中に、かつて彼女の住んでたアパートが描かれていたから
驚いたようだ。


この絵は、赤羽にある実在の坂を写真に撮って、
それを正確に模写したものなので、
おそらく彼女の言う事は事実なのだろう。



「で、どこのアパートに住んでたんですか?」

と、詳しい説明を求めたところ、
メルシーさんは、絵の中のあるアパートを指差した。


今度は俺が、意味不明の言葉で奇声を上げたくなった。


なぜなら













































c0152126_4523361.jpg



俺も数年前まで、そのアパートに住んでいたからだ。


まさかこんな、老婆にいざわなれて、たまたま入った場末のフィリピンパブで、
たまたま隣り合わせたフィリピーナが、俺と同じアパートに住んでいたなんて・・・!!

赤羽、結構な数のアパートありますよ?
どんだけの確率だよ・・・・



c0152126_4524557.jpg



















































c0152126_453432.jpg



驚愕すべきことに、メルシーさんは、
俺と同じ部屋の住人だった・・・・。
































c0152126_4532312.jpg


酔っ払った勢いも手伝い、驚きを通り越して、
なんか愉快なテンションになってしまった。

同時に、俺は彼女の呼び方を、「メルシーさん」から
「メルシー先輩」に改めた。































c0152126_4534982.jpg


そんなヘンチクリンな偶然を前にした遠藤さんは、
無言で俺とメルシーさんを見つめていた。

これがそこいらの女性だったら、
二軒目にフィリピンパブに連れてこられた挙句、
放置されて盛り上がられたら気分を害して怒ると思う。

しかし遠藤さんは、遠藤さんだから大丈夫なのだ。
遠藤さんは、こういう事を笑顔で許容してくださる、度量の広い女性なのだ。
だから大丈夫だったと信じたい。

あれから全然お会いしていませんけど、大丈夫ですよね・・?































それでメルシーさんの件だけど、更に詳しく話を聞いてみたところ、
俺が208号室に入る直前まで住んでいたのが
メルシーさんだったようだ。


メルシーさんが退居した時期と俺が入居した時期が、
紙一重のところでピタリと重なるし、しかも部屋の間取りや、
住んでみないと分からないことまで彼女は知っていた・・・。


俺が208号室で一番気になっていたのは、
玄関のドアにあった、劇薬をかけて解けた様な
無数の不気味な穴である。

「玄関のドアに気持ち悪い無数の穴が開いてたけど、
ひょっとしてあの穴あけたのメルシー先輩っすか?」

「アノ穴ワタシ違ウ!住ンダ時カラアッタ!」


「じゃあ洗面台のヒビ、あれはメルシー先輩?」

「ソレモ違ウ!住ンダ時カラアッタ!」


「じゃあ便座にヒビ入れたのは!?」

「ソレ、ワタシ!ゴメンネ!」





で、店を出てベロベロに酔っ払いつつ家に帰って、
寝たのが明け方くらい。


寝付いて数時間後、ある男からのメールの着信音で目覚める。























































c0152126_13422658.jpg



そのエピソードが、以前公開した、
『押切君ちにペイティさん出現事件』である。

http://usurabaka.exblog.jp/10229377/







この二つのエピソードの確率を、ロト6でお願いできないものだろうか?

ロト6が無理なら・・・・





























































































ミニロトだって構わない。
[PR]

by kurukurupaaaa | 2009-05-15 05:04 | 街人 | Comments(44)  

Commented by MK at 2009-05-15 07:00 x
いつも拝見しております。毎度最高ですね。

なんなんですか、その異常なまでのシンクロ率は...!
Commented by メロ at 2009-05-15 07:01 x
便座のヒビ!!笑

なぜならフィリピン人は便座使わないからです(実話)
いつも上げてる
Commented by 100% at 2009-05-15 08:19 x
原理に忠実に行動していれば、それは確実に上昇するのです。
ふふふ…

せいのくん、またいっぽ、ちかづきましたね。。。
Commented by 博多の演劇部 at 2009-05-15 08:34 x
携帯漫画いつも読んでます
清野さんの漫画しか読んでません
嘘です、押切さんの漫画も読んでます
Commented by にこ at 2009-05-15 09:28 x
すごい!!最高じゃないですか☆
やっぱり愛されてますよ赤羽に!!
Commented at 2009-05-15 09:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 神具屋 at 2009-05-15 10:20 x
 清野さん、おはようございます。フィリピンパブという時点で
凄いのに、更に奇跡のようなエピソードを見れて最高に面白
かったです。メルシー先輩の大きな手のお化けのお話も笑え
ました。特撮のジャイアントロボに出てきた大きな手の怪獣を
思い出しました。
 フィリピンと言えば昔、商売の関係でフィリピンナショナルバンク?
に口座を作ったことがあります。役に立ちませんでした。
Commented by momo at 2009-05-15 10:49 x
運命的な出会いだったのですね!
Commented by 美菜 at 2009-05-15 11:27 x
なんという奇跡!!!!!
世の中狭いといいますが、本当ですねー^^
ここまでくると清野さんには得体の知れない面白パワーがそなわってるとしか思えません。
Commented by at 2009-05-15 13:33 x
数回爆笑させていただきました。
スクロールによって生み出される間が絶妙です。
清野さんの才能は出版の枠には収まらないのだなあと思いました。
Commented by at 2009-05-15 14:49 x
清野さんてハルヒなんじゃあないのか?
清野さんを中心に世界は動いているのでは
Commented by o2 at 2009-05-15 16:27 x
普通ならあり得ない話でも、清野さんなら納得できます。さすがです。
Commented by エイジ at 2009-05-15 20:04 x
すげーーーー!
運命の出逢いですね。
結婚するべきっす!


ネタのために!
Commented at 2009-05-15 20:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ぼーだー at 2009-05-15 22:47 x
清野さんは話の繋ぎ方が上手いです。
考えもしなかったところに複線が張られていたんですね。
参りました。
Commented by くうやん at 2009-05-16 00:53 x
恐ろしいくらいですね。毎度毎度清野さんの周りは何かが導いてるとしか…
そのあとにもメルシー先輩には会ってますか?ペイティさんはどうしてるでしょう?
Commented by まめ at 2009-05-16 02:00 x
奇跡に固まる遠藤さんwww
なんかメルシーって名前もすごいなぁww
 
Commented by ムコルン at 2009-05-16 02:08 x
いやぁ実におもしろい!
そんな出会いがあるとは!
おもわず笑ってしまった。
Commented by allow at 2009-05-16 03:35 x
凄すぎる
もはや清野先生の場合必然あのかもしれませんね^^;
Commented by ken at 2009-05-16 08:32 x
最期の遠藤さんの顔がgood
Commented by nanashi at 2009-05-16 14:18 x
ここまでくると爆運
Commented by やられたメルシー清野 at 2009-05-16 22:12 x
結婚するべきですよ、先輩と。
Commented by どばち at 2009-05-17 00:39 x
メルシー先輩と清野さん、ペイティさんと押切君
やっぱ4人でグループ交際でしょう!
Commented at 2009-05-17 01:00 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by k at 2009-05-17 01:21 x
くっそ笑った。おばけの話してくださいってw
Commented by 怨念の女☆R.T at 2009-05-17 17:31 x
ところで
ケータイ漫画の新作が配信になりましたね。
衝撃的な内容に…衝撃をうけました。
Commented by なちょす at 2009-05-17 23:22 x
いやぁちょっと、ものすごい勢いで完読しましたヨ今回のブログ
Commented by ブルー at 2009-05-18 11:58 x
”俺もこのアパートです”のセリフ、修正液で書き直してある…プププ

すごい偶然、感動ですっ!
Commented by 窓窗 at 2009-05-18 12:54 x
素晴らしすぎます。
シンクロニシティの申し子…!
Commented by Z32 at 2009-05-19 00:14 x
奇跡と言ってもいいですね。
Commented by 鈴キチ at 2009-05-19 04:59 x
昔、チャンピオンで読んだ
古谷三敏の
『手っちゃん』を思い出しました

ここに来てる人が
「今!!!俺208!!!」
とか言ってくれるとなおいっそう楽しいな〜
Commented by しめ at 2009-05-19 16:03 x
メールは緊張するのでここに書くことにします。
私は板橋の小竹向原在住なんですが、なんと先週ペイティさんを見ました!!
夜の十時ぐらいで、「あっペイティさんだ!」と思わず言ってしまったら「存じてるなんて恐れ多いことです」と言って、セブンイレブンに入って行きました。
何故、あんな時間に小竹向原にいたんでしょうか…不思議でしょうがありません。
Commented by 遠藤 at 2009-05-19 18:09 x
わおわお!あの珍事が日記に〜つかもう半年くらい経つんですね。ご無沙汰してます遠藤(奇跡の目撃者)です。全然大丈夫、っていうかこのあいだ西川口のフィリピンパブに行きましたよ。で、スカウトされましたよ。日本人枠で!のみいきましょー
Commented by 団子 at 2009-05-19 23:59 x
「○ラ○ドゥ○リー○」という洒落た名前のアパートかな?これ、現在売りに出されているようですよ。清野さん、買っちゃって下さい。お問い合わせは「カメハウス」まで。(でも「亀仙人は住んでいません(笑い)実は一級建築士事務所なんです!」とHPに書いてありました)
Commented by 清野 at 2009-05-20 03:58 x
遠藤さんからもコメント頂けたことですし、一件落着ー!

メルシー先輩、馬鹿祭りで変な格好して踊ってましたよ。
Commented by maimu at 2009-05-20 12:07 x
実はつい先日、二回ほどペイティさんに遭遇しました!
一回目は、西が丘を車で走っていた時、前方の車道に怪しげな格好した人がいて、近付いていくうちに「ん?どこかで見た事あるような・・・」さらに近付くと「ん?・・まさか・・・?」そしてすれ違い様にペイティさんだと確信しました。慌てて車を路駐し、ワクワクしながらペイティさんの所へ走って行くと、なんやら、ぶ厚い辞書のような本)を広げ、背中を折り曲げて、顔が本にくっつきそうな程近付けて読んでいました。私はどうしても声を掛けたくなり、近付いたのですが、なんとペイティさんから一言「ちょっと今話し掛けないで…」と消え入りそうな声で拒否られてしまったのです(ToT)ショックです。
なぜ拒否・・・?何が悪かったのですか?
二回目は赤羽をこれまた車で走っているときの事。
信号待ちしていた時助手席に乗っていた妹が、斜め前の歩道にいたペイティさんに気付き「ペイティさんだ!!」と叫びましたが、ペイティさんには気付いてもらえず・・・超至近距離で見れたのは良かったですが、信号が変わりアッという間の再会となりました。
一ヶ月の間に二度も遭遇出来るなんて、こちらも確率が高くないですか?
Commented by ガチャイチ at 2009-05-20 13:32 x
戦慄を覚えるくらいの偶然ですね。
もはや偶然とは思えませんね。
もうほんと清野さんご自身がただ者ではないのでしょう。笑
Commented by サト at 2009-05-21 17:01 x
こんにちは!!!
1年以上ブログ読んでるけど、ずーっと面白いです!!
先週無職になってからボコヘコミ中ですが少し元気になりました☆
Commented by taro at 2009-05-23 22:08 x
コメント欄で携帯マンガの話題が上がる度に気になってしょうがないです!!友人とも最近会っていないので(それを友人と呼ぶのか?)全然読めないっす!!どうしたらいいんでしょう(泣)
Commented by K at 2009-05-25 16:22 x
このお話とそっくりのネタをブ○マヨの片方の人が話してました。
そんなに似たことがあるものかとおったまげました。
Commented at 2009-06-19 10:40
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2009-06-19 18:45 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by よね at 2009-06-21 23:22 x
始めまして、ブログに書かれていたホームページの件ですが、ウィキペディアで清野先生を調べると最後に、先生のブログとホームページが出ますよ、トラウマあげますも存在してました(笑)
Commented at 2009-09-27 23:34 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。

<< 俺の夢 ジョージさんち >>