俺の夢

俺には、ささやかな夢がある。

ささやかだけど、非常に壮大な夢。
叶いそうで、なかなか叶えられない夢。


それは、





























c0152126_4170100.jpg

































c0152126_421631.jpg




俺が赤羽で最も敬愛する街人、
「居酒屋ちから」のマスター夫婦とペイティ師匠の対面に、
俺も居合わせることだ。


この、赤羽を代表する二大カリスマと、
同じ空間・同じ時間を共有することができたら、一体どうなってしまうのか?

その場の磁場がグニャグニャと狂いだし、赤羽が黒羽になってしまうのではなかろうか?

俺が俺でなくなってしまうのではなかろうか?
俺が「僕」になってしまうのではなかろうか?

想像するだけで鳥肌が立つ。


実は、マスター夫婦とペイティさんは、俺の知らない所で、
すでに繋がっているようだ。

数年前の深夜、マスターからこんな電話があった。

「清野さん、今面白いホームレスのおばちゃんと盛り上がってますよ」

電話のむこうからは、聞き覚えのある歌声が、かすかに聞こえてきた。



「ペペペイ・・・♪」



明らかにぺイティさんだった。

すぐにでも駆けつけたかったけど、そういう時に限って
はずせない用事があったりする。



マスター夫婦と道で会う度、

(嗚呼・・ぺいティさんもいないかな?)

と周囲を見渡し、逆にペイティさんと会う度、

(嗚呼・・マスター夫婦もいないかな?)

と周囲を見渡す癖がついてるほどだ。

理想的なシチェーションとしては、赤羽駅前で














































c0152126_4175610.jpg



こんな感じで三人並んだ写真を撮らせてもらったら、俺はもう言うことは無い。






















































































c0152126_422484.jpg


昨日叶った。



写真でしかお伝えできないのが残念だが、
半端じゃなかったですよ、この時の空気感。

シャッターを押す手が振るえ、何度も失敗してしまったほどだ。
(この写真は4枚目で撮れたもの)




嗚呼、赤羽の神様・・・

積年の夢を叶えて下さってありがとうございます。

もし次、この三人と同時にお会いできる機会があれば、
その時は・・・

















































c0152126_4233948.jpg



その時はこんな感じで、居酒屋で和気藹々と飲めますように・・・














































って、これはさすがに夢の夢である。
マスター夫婦はともかく、ペイティさんは、
まず絶対こういう誘いには応じてくれない。
何度かご飯をお誘いしたことがあるけど、
丁重に断られてしまったし。

まあ、思うようにいかない所が、
ペイティさんの魅力でもあるのだけれど。


















































































c0152126_4192497.jpg


昨日叶った。



俺が本当に心の底からペイティさんを尊敬(人間として、
アーティストとして)していることを、
誠心誠意身振り手振りお伝えしたところ、
それが伝わったのか、コクリと頷き、黙って付き合ってくれたのだ。


俺、この時本当に幸せでした。































c0152126_4194365.jpg



ペイティ師匠は、ジュースや料理には一切手をつけず、









































c0152126_420647.jpg


終始こんな恐ろしい目で俺の事をガンつけてきたので、
俺は戦慄した。

こ、こんど菓子折り持って土下座しに行かないと・・・








































この日のエピソードは、まだまだ沢山あったけど、
出し惜しむことにします。

いずれまた何かの奇怪な機会にでも。
[PR]

by kurukurupaaaa | 2009-05-23 04:34 | 街人  

<< 出ます。 メルシー先輩 >>