潜入!謎の「赤羽くのいち屋敷」⑤


忍者の正体はババアであり、
忍者の恰好はババアであることを隠す為のものであった・・・



c0152126_136220.jpg


その後も、俺の隣でタバコをくゆらすババア。









c0152126_1361984.jpg


煙を吸う際、熱でタバコの先端が赤くなるが、
その度にババアのババアたる顔が暗闇に浮かび上がった。




c0152126_1363970.jpg


タバコを吸い終わると、ババアはトイレへ行く為、席を立った。

タバコ吸うわ、トイレ行くわ、接客業として完全に失格である。
しかし、忍者としては合格なのかもしれない。











c0152126_137025.jpg


ここで気になるのは、隣の部屋の赤澤氏。
カーテンの向こうは、どういう状況になっているのだろう?
果たして彼は、無事なのだろうか・・?




c0152126_1371353.jpg


心配になった俺は、恐る恐るカーテンの隙間から
様子を伺うことにした。






















c0152126_1373636.jpg


超盛り上がってた。


頭巾を脱ぎ、素顔を晒してるババアに、赤い仮面をつけてる赤澤氏。
完全に立場を逆転させた上で、世間話に花を咲かせていた・・・

この赤澤という男、町の老人をダマす・・いや、
町の老人の心を開かせる技術といったら、俺などの数段上をいく。
一時期、それで飯を食ってたほどだ。

俺も負けてはいられないぞ!




c0152126_1393218.jpg


10分後、ババアがトイレから戻ってきた。
時間から察するに、生理かウンコと思われる。
生理はとっくに上がっていると思われるので、ウンコと思われる。

今度は、ババアの方から話を振ってきた。

ババア「わたし、一人身で寂しくてさ、どっかにいい男いないかしらねえ?」

俺「僕、男友達多いんで、良ければ紹介しますよ。どういった男性がタイプなんですか?」

ババア「わたし、年下がいいわあ~」

俺「具体的にいくつくらいの男性がいいんですか?」

ババア「う~ん・・・」









ババア「65歳くらいかなあ~」




「年下の男がいい」=「65歳以上の男がいい」=「ババアは65歳以上」

こういう方程式が成立する。

さっきは俺の2つ上って言ってたのに、
ここまでサバ読まれると、もはや気持ちが良い。

と、ここまでは良い流れでババアと雑談できていたのだが、
俺のふとした失言で、ババアとの関係に亀裂を生じさせてしまうことになる。




























c0152126_139475.jpg




c0152126_1395877.jpg


俺は、居酒屋とかスナックで居合わせた年長者の女性に対し、
親しみを込めて「お母さん」と呼ぶことがあるのだが、
いつもの癖で、ついババアをお母さん扱いしてしまったのだ・・・

さきほど「年下(65歳)の男が好き」とボロを出してしまったババアだが、
ボロを出したことに気づいていないので、まだ「31歳」という設定に
なっている。

当然、ババアは怒り始めた。



c0152126_1403226.jpg


俺の失言を耳にしたのか、カーテン越しに赤澤氏の噴き出す声が聞こえてきた。


やばい・・話題を逸らして一刻も早くババアの怒りを
沈めないと・・!














c0152126_1405032.jpg





c0152126_1492827.jpg


しかし、もはやグダグダだった・・・・



















そんなこんなで時間切れ。
俺と赤澤氏は、くのいち屋敷を後にした。

c0152126_141546.jpg


若い肉感的美女からの素敵な性的サービスを望み入店した、
そこらの男性客なら「ボッタくられた!」と幻滅しながら店を出るであろう。














c0152126_1412050.jpg


しかし俺と赤澤氏は、こういう、まったくオチの読めない
不気味かつ滑稽な出来事をを期待して入ったので、
うっとりしながら店を出た。

期待以上の大満足である。




c0152126_1413676.jpg


くのいち屋敷から満足げな表情を浮かべて出てきた俺たちを見て、
周囲の怖そうなキャッチたちが、どよめいたのが印象的だった。

やはりくのいち屋敷は、赤羽の風俗街の中でも、
相当浮いた店だったようだ。




c0152126_1415222.jpg


ひとつ気になるのは、入り口の張り紙に記されていた、「大奥大回転コース」。

一体どんなコースなのだろう?

一番安い体験入門コースの5000円に、プラス3000円で本番行為ができてしまう。

つまり、ババア一人8000円。

で、赤澤氏が担当のババアから聞き出した情報によると、
くのいち屋敷に在籍してる女性は、あのババア二人だけとのこと。

ババア二人つけて、3人でエンジョイしたとしても16000円という計算になる。
それに更に1万円もプラスするコースって一体・・・・









c0152126_142994.jpg


ババアに木刀で半殺しにされる・・・そんなコースが脳裏をよぎった。









ちなみにくのいち屋敷は、































































c0152126_1424482.jpg


それから数ヵ月後にドロンしてしまった。
[PR]

by kurukurupaaaa | 2009-12-22 01:43  

<< やる気 潜入!謎の「赤羽くのいち屋敷」④ >>