「ほっ」と。キャンペーン

さようなら、こんにちは

「東京都北区赤羽」第③巻で、謎の廃寺・正光寺についての詳しい話を聞かせてくれた、
場末の某居酒屋の老婆。

③巻が完成した時、本を老婆に持っていった。
掲載された自分の写真や物語を見て、照れくさそうにしつつも、喜んでくれていた。

それから一週間ほど経った先日、老婆から電話あった。

・・怒っていた。

話を聞くに、赤羽の古くからの友人に苦言を呈されたらしい。
「あんな漫画に顔や店を出すことは、世間に恥を晒すようなことだ!」と。

友人からの忠告にハッと我に返った老婆は、俺の漫画に協力してしまったことを
深く後悔しているようだ。





















c0152126_0581431.jpg



俺は老婆から、心のマイミクを削除、つまり絶交されてしまったのだ・・・。

確かにあのネタに関しては、写真掲載の承諾をもらったとはいえ、
説明不足、配慮不足だった。老婆への老婆心も不足していた。

漫画の中で「ゴミ屋敷」扱いしちゃったし・・。
(その表現も、許可もらったつもりであったけど)

深く反省した俺は、長々と謝罪文を書いて、店の入り口にそっと置いてきた。
お婆ちゃん、不快な思いをさせていまい、本当にごめんなさい。

もし赤羽のどこかであの店を見つけても、今は老婆にとってデリケートな時期なので
どうかそっとしておいてあげてください。

そして漫画のことには絶対触れないでください。









































そして、別れあれば出会いあり。


老婆に絶交され、落ち込み気味で赤羽を歩いていた先日の夕方。

前方から、見覚えがあるような無いような、老人が歩いてきた。

























c0152126_059745.jpg


③巻の冒頭で触れた、赤い老人・・


























c0152126_0592646.jpg


・・・が、全身緑になったバージョンの老人。

赤い老人はここ何年も見かけてないが、なんだこの緑の老人は!


c0152126_0595513.jpg


顔はちょっとわからないけど、件の赤い人と歩き方や雰囲気が、どうも似ている。

同一人物だろうか?
なんで赤から緑に?
マリオとルイージ的な兄弟?
赤いきつねと緑のたぬき?



なんとも不条理な展開に、しばし思考がマヒする。

話しかけたい。

話しかけたいけど、口実がない・・

一体どうしたら・・?










































c0152126_102070.jpg


口実なんてどうでもいい。

口実なんて、後からついてくる。






c0152126_11969.jpg



俺「あの・・数年前まで全身赤い恰好してました?」


思い切って尋ねてみた。




























緑の老人「・・・うん、してたよ」

うおおおおおお!!

やはり彼は元・赤い老人、赤い花屋だった!!!

うおおおおおおお!!数年越しの夢の接触!!!!
この数年間、俺は彼と直接話をしたいとう願望をずっと抱いていたのだ!!

c0152126_11969.jpg


しかし、いざ本人を目の前にした俺は緊張と興奮で体も声も震え、
即・職質レベルの、完全なる不審者と化していた。

この機会を逃したら、もう次はない!!



c0152126_13265.jpg


俺は長年彼を知ってるけど、彼からしたら俺は初対面の不審な若者。
心など開いてくれるはずもなく、黙って睨まれてしまった・・。





c0152126_13265.jpg


どうしたら俺を信用してもらえるだろう?
どうしたら俺をわかってもらえるだろう?
どうしたら俺の貴方へのこの溢れ出る興味心を理解してもらえるだろう?

嗚呼、僕は貴方と、貴方とただ仲良くしたいのです。貴方のことを知りたいのです。
声にはならない声が、心の奥で空回り。




c0152126_13265.jpg


しかし、あせればあせるほど言葉にできない。

もう無理だ・・・

































c0152126_134747.jpg


「うち、くる?」

唐突に、老人が予想だにしない言葉を発した。

この時、目には見えない不思議な力を、確かに感じた。
俺の老人への熱い気持ちが、言葉を超越して老人に伝わり、
その全てを悟った上で許容してくれたのだ。

そう、あの時、俺と老人は心で間違いなく性交をした。

じゃなきゃ、あの流れで「うち、くる?」的な言葉など、絶対出ない。


























c0152126_141149.jpg


もはや行かない理由などなかった。










































































c0152126_144018.jpg






























続く。
[PR]

by kurukurupaaaa | 2010-01-28 01:05 | 街人 | Comments(62)  

Commented by Toda at 2010-01-28 01:56 x
うーん、老婆心って難しい。

それにしても、赤い花屋。
まさかのお誘い、さすがのダンディーさですね。

そして、まさかのハンモック(笑)

あぁっ、続きが気になる!!
Commented by ミルキーウェイ at 2010-01-28 01:57 x
老婆との絶交、残念でしたね。個人的には恥、否むしろ名誉だと思うのですが、そこは人それぞれなので難しいです。
でもこの悲劇を乗り越え、先生にはこれからもどんどん過激な赤羽漫画を描いていって欲しいです。応援してます。

そして赤い老人、改め緑の老人!!まさかの急展開に動悸が激しくなりました。続きが気になりすぎて僕も緑になっちまいそうです。
Commented by 植草教授 at 2010-01-28 02:28 x
老婆に老婆心wwwwwwwwwww
うちくるwwwwwwwwwwww
最高ですwwwwwwwwwwwww
Commented by taro at 2010-01-28 02:34 x
うおおおお!!!!
展開が熱いです!!!!
マジで、ちょっとハートが震えましたよ!!!!!
Commented by at 2010-01-28 02:34 x
どうかんがえても、清野さんも緑の人も普通じゃないww

なにか悟りをひらいた人同士の会話におもえるww
Commented by 鈴キチ at 2010-01-28 04:11 x
本が売れたということですねぇ…
「私達、やりなおせるかしら」
とゆー日がやってきますように

ハンモック??
ハンモック!!!! 
ああ緑の老人のハンモック!
設置場所はそこでOK????
Commented by ミー子 at 2010-01-28 04:47 x
もぉ~たまらないんですけど!!!

清野さんの魅力がでまくってますね☆

数日前に、清野さんの友人のかたとたまたまお会いしました。清野さんのことを毎日考えてしまってます…いつか偶然お会いできますように★
Commented by 赤羽駅徒歩15分 at 2010-01-28 06:42 x
なにっ・・・・





何?この展開・・・






先生は間違いなく老人千人斬りを達成できる御方ですよ!
Commented by さき at 2010-01-28 06:44 x
すごい!!色々と!!

かのおじさん、意外とお茶目なんでしょうか………(ハンモックに乗ってるし)
引き続きレポートお願いします!!!
Commented by 四年生 at 2010-01-28 06:46 x
 一般の方をネタにされている以上、このようなクレームは避けられないことなんでしょうね。しかし、そのクレームに開き直らずに謝罪文を置いてくる清野さんに好感が持てます。

赤い(緑の)格好の老人との接触には興奮しました。しかもおよばれまでされるとは…神がかってきてますね。
Commented by 神具屋 at 2010-01-28 09:25 x
 おはようございます。赤→緑のおじいさん、レッドマン~グリーンマン「おはよう子供ショー」のようです??!!家に呼んでもらえるとは!次の展開が非常に気になります。おじいさんが乗ってるのは
健康器具の「スタイリー」でしょうか??!!

 おばあさんのお話、とてもデリケートな事で大変ですね。うちの商売でもご年配のお客様とは色々あります・・・・

 次回のお話楽しみに待ってます。
Commented by 結婚指輪 at 2010-01-28 09:29 x
「ウチくる?」「行く!行く!」みたいなw
Commented by 斜路 at 2010-01-28 09:52 x
赤いきつねと緑のたぬき?www
お風呂に入ったら落ち葉だらけ、とかまんじゅう食った糞だったくらいの展開ですね。
出会いに乾杯!
Commented by 赤羽1丁目在住 at 2010-01-28 10:44 x
おそらく〇〇グリーンハイツ住民としての心意気でしょうか。
Commented by ルル at 2010-01-28 11:30 x
初対面の清野さんに「ウチくる?」と言える御老人も凄いですが、それで行ってしまう清野さんも凄い。
Commented by ken at 2010-01-28 11:36 x
こんちはwwww
Commented by 赤羽区民 at 2010-01-28 11:38 x
うちくるクソワロタwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
Commented by オノデラ at 2010-01-28 12:17 x
赤いご老人はご健在だったのですね。

私も清野先生に「うちくる?」って言ってみたーい(笑)

あいこおばあちゃんの件は残念でしたね…。
でも先生の真心は伝わると思います!
先生の漫画に載って大変喜んでいるお店も多いと思いますので、これからもいろんなお店発見してください!
Commented by ヨシミ at 2010-01-28 14:51 x
きのう、赤羽本3巻が届き焼鳥屋(?)の話で爆笑しました。今日たまたまブログ開いたら更新されててうれしき。先生、夢が叶って良かったですね…!!開口一番『うち来る?』だなんてマジックタウン、赤羽。ステキング。上京した際には必ず行きたい場所です。
次回も楽しみです!!
Commented by カッパ at 2010-01-28 17:06 x
まさかのうちくる展開に衝撃を受けております。
はやく…続きを…!
Commented by 熟女 at 2010-01-28 17:23 x
うちにもいらして
Commented by ぼーだー at 2010-01-28 19:55 x
この急展開がたまらない。
老婆は、いつか清野さんの気持ちもわかってあげて下さい。
Commented by 香路義 at 2010-01-28 21:20 x
悲しいですね、只々悲しいです
Commented by 風媒花 at 2010-01-28 22:35 x
老婆さんから、漫画に出させてもらってホント良かった、と言ってもらえる日がきっときますよ。だって、おもしろいもん。
緑のたぬきと化した元花屋さん、実はどんなキャラか楽しみです。
Commented by clam00z at 2010-01-28 23:00 x
沈黙間での心の性交、、、発言からして
じいさんがおそらく、ねこだったのだろう。
清野さん、攻めますね。
Commented at 2010-01-28 23:22 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by サスケの親分 at 2010-01-28 23:23 x
赤い時の老人は目撃した事がある
上野でも見た感じがする
しかし、緑になってからは…
赤に緑に…
クリスマスみたいだ、んん、新年だがクリスマスみたいだ
老婆、残念、そっとしておこう!!!
Commented by 犬子 at 2010-01-29 00:22 x
清野さんすごいです!
ミラクルです!
Commented by リリィ at 2010-01-29 01:34 x
ハンモックきたーーーー!
Commented by 綾瀬 at 2010-01-29 04:11 x
あい子おばあちゃん…(´;v;`)
いつか、よかったなと思ってもらえると嬉しいです。
だってこんなにもあい子おばあちゃんを愛する人がいるではないですか!

あ、サイン本買えませんでした。
残念です。

元マリオ現ルイージのおじいちゃんの話は漫画にも登場するんですね!?
もう、ルイージさんとの性交っぷりが待ち遠しいです!
Commented by 赤羽近辺 at 2010-01-29 09:31 x
他人をネタにするマンガは漫画家の桜玉吉さんでもありましたよね(内輪ネタが多いけど)。
そのときに相当欝にかかったそうですので清野さんもそういうプレッシャーに押しつぶされないように書き続けてもらいたいです。
おばあさんの件は残念としか言いようが無いですね・・・
Commented by 妖怪戦車 at 2010-01-29 15:08 x
続いた!
Commented by 久井めぐみ at 2010-01-29 17:57 x
せーのは危ない橋を渡っているなぁw
Commented by にこ at 2010-01-29 18:30 x
おばあちゃん。。そればっかりはしょうがないですね。涙。。また素晴らしい出会いに恵まれてワクワクしました!赤羽の神様はほほえんでますね♪
Commented by at 2010-01-29 20:20 x
もうあまりにも面白すぎます!
まさかのうち来る?
心の性交は何にも勝るコミュニケーションなのでしょうね
続きが楽しみすぎます
Commented by ぼいんちゃん at 2010-01-29 22:08 x
赤羽全部買いました、青春ヒヒヒは売りました。ごめんなさい。
Commented by まめ at 2010-01-30 00:06 x
「うち、くる?」wwww
ミラクルみたいww
Commented by 中古車 at 2010-01-30 00:58 x
ハンモック???
Commented by お○んこなす at 2010-01-30 20:04 x
JOJO以上に展開が読めないです清野さんのブログは・・・!!
Commented by 仕事やめたいよ at 2010-01-30 20:49 x
最近になってよく思うんだが、ほんとお前らがうらやましいよ。
俺は毎日同じ作業ばかりでもうあきた。
こっちの方が稼げるから仕事やめる気なんだけどどう思う?(笑)
Commented by 厨2 at 2010-01-30 22:37 x
赤いおじさん・・・
談とララガーryの大きな交差点でうちが幼い時見たことあるような、気がします

緑に変わっちゃったんですか;

@北区赤羽全巻かいますた 面白いです
Commented by Z32 at 2010-01-30 23:24 x
なんと、赤い老人と劇的な再会ですね!しかも自宅に呼ばれるとは。次回が楽しみです。
Commented by ノリさん at 2010-01-31 00:18 x
漫画、3巻とも買いました読みました☆ところで、緑のおじさんの寝ているハンモックの、おじさんの脇の下のところに、逆さまの笑った顔が見えるのですけど、とても楽しそうですね(^^)
Commented by ショッピング枠 現金化 at 2010-01-31 13:06 x
面白いのでサクサク読んでしまいます。
Commented by じゅう at 2010-01-31 18:35 x
遠く大阪から、赤羽に想いをはせつつ、単行本拝読いたしました。
赤いおじさんのその後・・・続きが楽しみです。
Commented at 2010-02-01 18:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by リゾートバイト 短期 at 2010-02-02 13:00 x
はやく続き読みてー!!
Commented by ゅん at 2010-02-02 13:51 x
緑と言っても深緑とカーキの渋めのチョイスは流石!
レッドカーペットさながらの途切れ途切れの赤とグレーの敷物…
この爺さんはやはりただ者じゃない。

清野さんも何か色で対決しなければいけませんね。
Commented by キュアなすび at 2010-02-02 22:32 x
すごい展開になっているところ,別件ですみません,3巻の61ページ,ペイティさんの描いた絵ですが,一番左は「三善英史」ですよね。たぶんペイティさんの世代には有名な歌手です。ちょっとアレ系の。
Commented by 赤羽1丁目在住 at 2010-02-03 20:41 x
今日ペイティーさんを見かけました。なんか辛そうな顔してたし、腰もだいぶ曲がってらしたので心配です…そしてこの雪っっ。彼女は無事でしょうか?
Commented by 結婚指輪 at 2010-02-03 22:28 x
赤から緑…
すごいセンスですね…
Commented by ボブヘア at 2010-02-03 22:28 x
最後の写真に爆笑!wwww
これ以上ないんじゃないかってくらいのつっこみ所の多い写真ですね。w
Commented at 2010-02-06 09:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by リゾートバイト 短期 at 2010-02-09 10:57 x
すげーなー…清野さんは…まじで
Commented by 恋愛 at 2010-03-12 11:43 x
彼氏いない歴2年半になろうとしてます、今迄に好意をよせてくれる人もいたけどダメだった。 仲良くなって恋愛したい!!甘えさせてくれる人よろしくね!ruri11.ko9@docomo.ne.jp
Commented by url at 2010-11-15 17:12 x
がんばってください。
Commented at 2011-01-28 19:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 品川 at 2011-07-17 21:40 x
最高ですwwwwwwwwwwwww
わらえましたwwwwwww
Commented by 新宿ホテヘル at 2011-10-20 09:10 x
がんばってください。
Commented by セクシーランジェリー通販 at 2011-10-21 18:53 x
がんばってください
Commented by ディズニーコスプレ通販 at 2011-10-21 18:53 x
がんばってください
Commented by 大樹町立旭保育所 at 2016-08-07 08:45 x
がんばってください

<< 元・赤い老人んち ギョームレンラク >>