元・赤い老人んち

・・・その前に、前回触れた老婆の件。

絶交されてしまった俺は、便箋4枚にも渡る手書きの謝罪文を、
老婆の店の前にそっと置いてきた。
今までの人生で培った国語力と発想力の全て、
そして愛情をも詰め込んだ、濃密な謝罪文を。



それから数日後、老婆から電話がかかってきた。











・・・怒っていなかった。




「手紙を読んで涙が出たの・・この前は酷いこと言ってしまってごめんなさい。
あなたやっぱり良い人だったのね。」




















c0152126_018362.jpg


絶交一転、仲直り成功。

自分でもうっとりするくらいの出来の謝罪文だったし、
この仲直りは必然といえよう。


おっと、もちろん本気で反省もしてますぜ!



















・・・で、元・赤い老人、現・緑の老人の件。


ひょんな事から、緑の老人宅にお邪魔することになった俺。
駅からそう遠くない、とあるマンションの一室に案内される。


c0152126_0185730.jpg


すぐに室内に招き入れてくれるのかと思いきや、
俺を外に残して、先に一人で入ってしまった。
待つこと2分、再び玄関のドアが開いた。

ガチャ・・

























c0152126_0191341.jpg


うおおお!!
人の顔したバリケード越しに、緑の老人が!!















c0152126_0192753.jpg


「目」をかたどった穴から、得意気にこちらを覗く緑の老人。

どうやらこのバリケードは、しつこい勧誘や、
泥棒を脅かす為に自分でこしらえたものらしい。
器用かつ斬新かつ不気味。





c0152126_0365371.jpg


遠慮なく室内へお邪魔させてもらう。
赤一色、もしくは緑一色の奇抜な部屋を期待したが、
残念ながらごく普通のありがちな部屋だった。



俺「あの、ご主人が赤かった頃の写真とかありませんか?」

緑の老人「うーん・・・じゃあ探してみるから、ちょっと待ってね」

俺の唐突で不躾な申し出に、緑の老人は嫌がることなく親身になって写真を探してくれた。
我ながら、初対面でこのやり取りは「無いな」とは分かっちゃいたけど、
それでもどうしても知りたかったのだから仕方ない。















c0152126_0201968.jpg


あ!

写真を探すご主人付近に、赤かった頃の名残の品物が!

あの赤いベレー帽は、最初に遭遇した時にも被っていた、
いわば赤い老人を象徴する代物である。
あれだけでもう充分な証拠である。

俺「ご主人、もう結構です、納得しました!」

緑の老人「あったあった。これ見てごらん」





c0152126_0204994.jpg




































c0152126_021555.jpg



うおおお・・赤え!!!

本邦初公開!
コレが赤かった頃の緑の老人だ!!

こんな恰好で赤羽を歩かれた日にゃ、
そりゃ「誘ってる」と思われても仕方ないですぜ、旦那!


他にも数枚、写真を見せて頂く。

















c0152126_022046.jpg


サングラスでダンディにキメる、赤い老人。


















c0152126_0222865.jpg


オカマに扮する、赤い老人。
意外とお茶目なところも、あるのですね。





俺「あの・・今見せてもらったこの写真・・」

緑の老人「ん?なあに?」

俺「すごく言いづらいんですけど・・・」

緑の老人「なによ。言ってみなよ」
































c0152126_0231260.jpg
































c0152126_0232727.jpg




我ながら、初対面でこのやり取りは「無いな」とは分かっちゃいたけど、
それでもどうしても欲しかったのだから仕方ない。
しかも、何ら嫌がることなく、写真をくださった緑の老人。

ブログや漫画で公開することも、快諾して下さった。
なんて理解ある優しい人だろう・・。

頂いた写真、絶対無駄にはしませんからね!!!




















俺「ってゆーか、何で真っ赤な恰好してたんですか?」


緊張も解け、だいぶ打ち解け合ったところで、
長年気になってた核心的なことに迫る。

果たして、その答えは・・・



























緑の老人「赤が、好きだから」



俺「・・・他に理由は?」

緑の老人「別に」


なんと!!赤い老人が赤い恰好をしていた理由は、
赤が好きだったからであった!!!

・・・もう少しトンチの効いた答えを期待したけど、やむをえない。
これも一つの真実だ。真摯に受け止めよう。


俺「緑色になられた理由は?」




























緑の老人「赤に飽きたから」

なんと!!赤い老人が緑の恰好に変化した理由は、
赤に飽きただったからであった!!!

・・・もう少しトンチの効いた答えを期待したけど、やむをえない。
これも一つの真実だ。真摯に受け止めよう。



俺「路上で花屋を売るのは、もうやめられたんですか?」

そして第二の核心、花屋のことについて迫る。
(花屋のくだりは③巻参照)




























c0152126_0251117.jpg


・・・なんということだろう。
この場面で、衝撃の新事実発覚。

「赤い老人」と「赤い花屋」は、まったくの別人だったのだ。


この人は、ただの赤とカラオケと「緑が好きなだけの、
至って普通の人だった。





c0152126_0254354.jpg































長くなっちゃったので、続く。
[PR]

by kurukurupaaaa | 2010-02-07 00:26 | 街人 | Comments(46)  

Commented by いぬ at 2010-02-07 01:13 x
続ききになります!
優しい方ですね!見かけじゃないですね!
Commented by もっきり屋 at 2010-02-07 01:29 x
和解できて良かったです。

緑のおじさん、サービス精神旺盛で良い人ですね。
バリケード迫力ありすぎです。
Commented by ヨシミ at 2010-02-07 02:02 x
おばあさんから電話の後の、先生の顔がイヤラシー。笑
元赤い老人、心広っ!!顔出しもOKだなんて…!!
次回も楽しみにしています!!
Commented by 目玉肌 at 2010-02-07 02:24 x
はじめまして、大根さんの所から飛んで来ました。

ここ数日「清野とおる」にはまりっぱなしでございます。
遅まきながら応援させてくださーい。

祝和解。







Commented by 鈴キチ at 2010-02-07 03:33 x
和解おめでとうございます
老人から金を巻き上げる詐欺師みたいで
ステキですね
そんな手紙もらってみたいものです

「赤に飽きたから」
うわカッコイイ! しびれるわ〜
Commented by 女学生タケシ at 2010-02-07 06:56 x
清野さんの電話越しの絵かっこいい!顔も手口も凶悪犯のソレですね!次回も楽しみにしてます!
Commented by dekipema at 2010-02-07 08:53 x
通りすがりの者です。

ご老人、部屋にさりげなく銀座ボーグの帽子箱が置いてあるところをみると、そうとうなシャレ者に違いありませんね。

赤羽の奥深さに、クラクラしっぱなしです。
Commented by ルル at 2010-02-07 08:59 x
いつもながら続きの気になる展開・・・!
Commented by 神具屋 at 2010-02-07 09:21 x
 おはようございます。おばあちゃんが逆に清野さんに、お礼と
お詫びを言ってきて良かったですね!!良い話です。受話器を
持ってる清野さんのイラスト、イイ味出してます。お茶目で素敵
です。
 緑のおじいさん、凄い展開で続きが気になります。花屋さんの
真相も知りたいですね。女装してるおじいさん、志茂田景樹のようです。面白かったです。
Commented by まめ at 2010-02-07 11:12 x
「無いな」を「有り」に変える力を見習おうと思います。
好奇心って大事ですねぇ~w
Commented by Z32 at 2010-02-07 12:53 x
仲直りできてよかったですね。
緑の老人、とても優しいかたですね。それにしても花屋が誰だったのか気になります。
Commented by ショッピング枠 現金化 at 2010-02-07 13:57 x
めっちゃオモローな内容ですね(笑)
Commented by 豊島区要町5才 at 2010-02-07 15:11 x
お婆さんと仲直りして良かったー
Commented by ふはこ at 2010-02-07 15:18 x
赤に飽きたからって、どうして全身緑なんだ!
・・・と思ったけど私も真摯に受け止めます
Commented by mm at 2010-02-07 18:11 x
きゃー顔!顔!清野さんのあくどい顔!
Commented by ストロベリーロックス at 2010-02-07 18:59 x
はじめまして、コメントします。
1~3作品全て読みました。
面白かったです。
自分は一昨年から作中にも出てくる赤羽のアルカードの中の小さな美容室(ヘアカラー専門店)をしています。
作品を読んでいて不思議と赤羽で働くようになって実際に気になったところばかりがネタになっていてもしかしたら気があうかも?なんて思いながら見ています。
勿論今はお店に三冊置いてお客様も読んでいます。
地元の方が多いので楽しんで頂いています。
これからも赤羽の裏ガイドブックとして作品を続けてください。
参考にしています。
Commented by 四年生 at 2010-02-07 19:02 x
 老婆との復縁…あざやかすぎです。語彙力が豊富な清野さんですからさぞ心を打つ美文だったのでしょう。…読んでみたくなりました。
Commented by ぼーだー at 2010-02-07 20:27 x
祝・和解!
赤と緑ってばマリオとルイージとかたぬきときつねとか
結構色々組み合わせがありますね。
それを一人でこなすなんて・・・
Commented by 風媒花 at 2010-02-07 23:11 x
神谷在住の者です。赤い花屋さんは見たことないですが、この緑のお爺様とはすれ違いました。
Commented by ちょび。 at 2010-02-07 23:35 x
仲直りも良かったし、緑の人も良い人ですねw
緑に飽きたら、今度は何色になるんでしょうか(^^;
タンスの辺りで探し物画像の
右上の謎のキャラクターハンドタオル?
が気になりますw
Commented by 赤羽駅徒歩15分 at 2010-02-08 00:00 x
(´Д`)センセイ・・・ツヅキガキニナリマス
Commented by 鷹司堂後 at 2010-02-08 01:14 x
清野さん、はじめまして! 今、赤羽がマイブームの鷹司です。

『東京都北区赤羽』、第1巻から第3巻まで一気読み致しました。
第30話のお店もたいへん気になりますが、最も気になるのは第32話の福助人形ですね。
なぜ少しずつ動いていたのか? なぜ姿を消してしまったのか? 霊感の強い細君を連れて、現地を訪れたいと思っているのですが……。

P.S.
私の住む大泉学園にも、巷で「レディ」と呼ばれる、真っ赤な口紅をしたホームレスの女性がいたのですが、ここ1年くらい見掛けません。何処へ行ったのやら――話をしたことはないのですが。
Commented by はねっち at 2010-02-08 02:57 x
写真で顔が解りましたが、「花屋さん」とは明らかに別人です。
「赤いベレー帽」というキーワードで 違う想いでに繋がったのでしょう。やはり言葉だけの調査は 時にはこんな結論に・・・
地元民にとって「赤いベレー帽の花屋さん」はインパクトが強いものでしたからね。
Commented by どんこ at 2010-02-08 16:34 x
私の住む街には、全身ほぼピンクの若作りお婆さんが生息しています。
ピンクだけでなく光モノも好きらしく、スパンコールやラメでキラキラ、とても眩しいです。
メイクはバッチリ、ミニスカにハイヒール、パーマの効いた茶髪ロングヘアで姿勢正しく闊歩しているので、後姿はとてもお婆さんにゃ見えません。

清野さんのように声を掛ける勇気のないチキンな自分がもどかしい!
Commented by にこ at 2010-02-08 17:03 x
うわ~☆よかったですね~♪
あまりの素敵なじいさん(ばあさん)っぷりに今後も
楽しみです☆
清野さんよかったですね!!
Commented by 久井めぐみ at 2010-02-08 20:25 x
老人はなぜ女装を?
Commented by ken at 2010-02-09 12:26 x
すごい流れだ・・・
Commented by くりぃみーえみ at 2010-02-09 14:32 x
だめだ。。久々に覗かせて頂きましたが、ル−ムメイトに心配されるくらいの声で笑ってしまいました。。
清野さんは、相変わらずサイコーですね。
Commented at 2010-02-09 22:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by taro at 2010-02-09 22:27 x
展開が相変わらずすごい!
ピンク、ブルー、イエロー、ブラックで戦隊モノできそうですね。
Commented by snowy;yukino at 2010-02-10 05:29 x
ここでお願いして良いものか、、
北区赤羽のその1とガードレールと少女は
難なく 日暮里のエキナカの本屋で買えたので
とっても便利でしたのに、、最近 その本屋さんに
おいてないようなのでする、、
成田空港へ行く途中に 日暮里で乗り換えますれば
そこで買えると大変に便利なのですが、、
お願い先がまちがっているでせうか?
よろしくxx
Commented by サスケの親分 at 2010-02-10 17:14 x
オカマに扮す赤い老人の太ももが
何げにエロい、膝も綺麗。
Commented by オノデラ at 2010-02-10 17:35 x
なんと(゚Д゚)花屋さんじゃない赤い老人のおうちに招かれてしまったところが先生らしいというか…、さらに面白かったです。おばあさまと和解できて良かったですね!
Commented by 結婚指輪 at 2010-02-10 19:54 x
和解おめでとうございます!
Commented by 赤羽1丁目在住 at 2010-02-10 23:41 x
昨日は暇だったので居酒屋ちからのあった場所らへんをぷらぷら散歩してきました。なんだか込み上げてくるものがありますね☆それはそうと、ワニダさん最近大丈夫ですかね?
Commented by 北赤羽在住 at 2010-02-11 00:17 x
1-3巻まで全部読みました。シュールすぎて笑えます。amazonや楽天booksでみても、1,2巻が在庫切れになってるんですよね。絶版です??
Commented by ノリック at 2010-02-11 19:07 x
赤羽には赤い格好したおじいちゃんが、もしかして二人いるって事でしょうか?(笑)

引き続き花屋さんの取材をお願い致します。
Commented by オノデラ at 2010-02-11 22:09 x
こんばんは!
50TAの東京寄り道ラップで「行ったことない赤羽♪」とか歌われちゃって狩野英孝さんに東京都北区赤羽①~③を読んでもらいたいなあ~
Commented by 任意整理 at 2010-02-12 00:27 x
キッツイな~~~写真!!
Commented by ひら子 at 2010-02-12 11:38 x
和解良かったですね!
赤いおじいさん足キレイですね!
Commented by at 2010-02-13 01:27 x
生まれも育ちも赤羽です。
談で漫画を初めて見た時は感動しました。
こないだペイティさんを2日続けて見ました。
1日目は南口でラジカセに歌っては巻き戻し歌っては巻き戻し
次の日は東口で再生しては巻き戻しを繰り返していました。


ブログで清野さんが首なしお婆さんと呼んでる方は、私の周りではREDWINGと呼んでます。
mixiのREDWINGコミュのトップ画になってました。

赤羽は住みやすいですよね。
Commented by ミー子 at 2010-02-13 05:13 x
清野さんの謝罪文が読みたいです・・・うっとりしたい★
Commented by 風俗 品川 at 2010-02-13 15:40 x
わっるい顔だなぁwwww
Commented by セイ at 2010-02-13 23:33 x
ペイティさんは、被り物をピンクに替えられたのでしょうか。
練馬区の駅でペイティさんと思われる方を見かけました。しっかりしたスニーカーをお履きでした。
お顔は見えない歩き方でしたが、不思議と清潔感が漂っていました。

目白には黄色いおばさんと言う人がいるそうですが、この方も元お嬢様のうわさがあるそうです。本当に今昔物語の中にいるような方々です。やすらぎがありますように。
Commented by 保湿クリーム at 2010-02-21 21:53 x
謝罪文が読みたい><
Commented by 恋愛相性 恋占い at 2012-12-21 09:33 x
なるほど、がんばってください。

<< 雑記と日記と続き さようなら、こんにちは >>