小山君

高校入学当初、俺はかなり孤独だった。

それは、同じ中学校からこの高校へ進学した友人が一人もいなかった為だ。
周りは皆、他中学出身の知らない奴ばかり。
どうやって一から友人を作っていいのかも分からなかったし、
特に作る必要もないかとも思ったので、常に一人だった。

そんな中、一番最初に出来た友達が小山君だ。
c0152126_662658.jpg

キッカケは些細な事だったと思うが、
俺達はすぐに打ち解け合い、毎日登下校を共にする様になった。
c0152126_67981.jpg

小山君は、その名の通り小柄な男で、性格も大人しく、
時折子供の様な無邪気な顔で笑うのだ。
小山君は、素直で優しいイイ奴だった。

そんなある日、小山君とビックリマンシールの話で盛り上がる。

俺達の年代の男子は、小学生の時にビックリマンシールを無我夢中で集め、
ちょうどこの高校生くらいの時期に殆どの連中が、シールを捨てたり人にあげたりして手放すのだ。

だが、俺は敢えてこの時期にビックリマンを集めていた。
単純にビックリマンが好きだった事もあるが、何より将来的に絶対プレミアが付き、
高値で転売できると思ったからだ。
(この目論見は当たり、結構儲けた)

中学校時代の友人達からもタダ同然の値段で買い漁り、
俺はこの時点で何千枚というシールを所持していた。

しかし、そんな俺でも、どうしても手に入らなかったシールが1枚だけあった。

c0152126_682799.jpg
それがこのヘッドロココ。

話を聞くに、なんと小山君はこのヘッドロココを持っていると言うではないか!!
しかも、タダでくれると言うのではないか!!!小山君!!!!

俺は大いに期待した。


しかし、、その約束から3日が過ぎ、4日が過ぎ、5日が過ぎても
小山君は持ってきてはくれなかった。


「小山君、今日は持ってきた?」

「ゴメン・・・忘れた・・・」

俺の中で、ヘッドロココに対する思いは膨れ上がると同時に
小山君に対する疑いの憎悪が膨らんできた。

「ほんとに持ってんの?」

「うん・・」

「じゃあ何で持ってきてくれないのさ?」

「ごめん・・明日は絶対持ってくるから・・・」


そして翌日、小山君はようやくヘッドロココを持ってきてくれた!
















c0152126_69273.jpg

・・・小山君が持ってきたヘッドロココは、アイス版のヘッドロココだった。
俺が欲しかったのは、チョコ版のシール。
アイス版シールなんて、チョコ版シールのブームが一通り過ぎた後に発売された物で、
この当時の俺からしたら、何枚もダブったゴミクズ同然のシールである。

一週間以上待たされた挙句にゴミシールを差し出された俺は・・・





c0152126_692489.jpg


小山君に襲い掛かった。

c0152126_6144610.jpg


そしてすぐに我に返った。

c0152126_6145845.jpg



やがて小山君とは、徐々に口数が減っていき、
気付けば小山君は別のグループの連中と打ち解けていた。













c0152126_6154849.jpg

俺は再び孤独になった。
[PR]

by kurukurupaaaa | 2007-12-26 06:24 | 友人  

<< 本日のおじさん・3 サンタに会う >>