赤羽の赤い老人

赤羽には、全身を「赤」で覆い固めた異様な老人がいる。

この人物に関してはホームぺージの日記で長年に渡ってマークし続けてきたのだが、
その全記録を順を追って整理してみようと思う。

この人を、いや、この事件を、人々の記憶から風化させてはならない。




第一章【赤との遭遇】
最初にカレを見かけたのは、確か2004年の元旦の事だったと思う。
お正月の赤羽を、一人フラフラしていると、こんな人が視界に飛び込んできた。

c0152126_1983362.jpg


俺は思った。

「・・・赤っ!」

一応記念に写真に残しておいたものの、
その後しばらく遭遇する事もなかったので、
俺の記憶から徐々に薄れていった。



第二章【赤との再会】
時は流れ、2006年・夏

お金を引き出す為に赤羽の銀行に入った時、
こんな人が視界に飛び込んできた。
c0152126_19102426.jpg

俺は思った。

「・・・赤っ!」

同時に、数年前の記憶が蘇る。

「あの赤い老人だ!」

俺は金を引き出すのを後回しにし、
急遽この人の素性を引き出す事にした。
c0152126_1911694.jpg

自転車を見つめる赤い老人。
カレの自転車だろうか?
にしては赤くないぞ。
c0152126_19114589.jpg

いや、赤い!!!真ん中が赤いぞ!!
間違いなく赤い老人の赤い自転車だ!!!


c0152126_19125075.jpg

しかし残念ながら、この日は巻かれてしまった・・・。
一体何者なのだろうかという思いが、本格的に募り出す。


また、この時期に、新たな赤いおじさんが出現し始める。
c0152126_19354319.jpg

あの赤い老人と関係があるのか不明だが、キリがないので
この赤いおじさんに関しては、街で擦れ違ってもスルーする事にした。



第三章【赤との再再会】

それから一ヶ月後。
c0152126_1918628.jpg

横断歩道の手前で信号待ちをする、赤い老人が視界に入ってくる。
赤い老人の視線の先には、なんか赤いモノがある。
不可解なのは、信号が青なのに渡らない事だ。
まさか赤で行くつもりじゃ・・・。



前回よりも赤さのレベルがアップしている事に驚かされる。
c0152126_19163282.jpg

写真ではわかりずらいかもしれないが、赤い帽子に赤い羽根まで付けてるし・・。

「よおうし、今日こそ正体暴いてやるぞ!」

と、意気込んだものの、またまた巻かれてしまった・・・。
だってチャリを漕ぐスピードが速いんですもの。







第4章【赤との対決】

その数日後、赤羽の某スーパーにて。
(以下・HPの日記より転写)

c0152126_19212187.jpg

奴が現れた!!

「赤羽の赤い老人」だ!!

もはや買い物なんてどうだっていい!
今日こそこの赤い老人の正体を突き止めるべく、徹底的に尾行する事にした。
この前は逃げられたが、今日はそうはいかないぞ!!
一定の距離を保って、真後ろに付ける。
c0152126_19194388.jpg

それにしても、思わず見入ってしまう程の美しい「赤」である。
パッと見、靴は黒いが、正面から確認してみた所、ちゃんと赤い部分もあった。

一定の距離を保たず、今度は真横に回ってみる事にした。
c0152126_19215512.jpg

うおおお、サングラスのフレームまで赤い!!
こんな細かい部分にもちゃんと「赤」を入れている所に、
彼の赤に対する並々ならぬ情熱を感じる。

一度カレと二人でお酒を飲み交わしながら、どうしてこんなに赤にこだわるのか
事細かに問い正してみたいところだが、やっぱ怖いからやめておこう。


店の外に出た赤い人。
しめた、今日は徒歩だ!!


これなら尾行はたやすい。


c0152126_19231791.jpg

赤信号を堂々と渡る赤い老人。
やはりカレにとって赤信号は、すなわち「GOサイン」を意味していたのだ。

車に轢かれる危険を冒してまで赤信号を渡る、
彼の命がけの赤への「愛」に、思わず熱いものがこみ上げてくる。

いや、もしかしたら彼は、車に轢かれる事を望んでいるのかもしれない。
なぜなら、自らの赤い血にまみれて、大好きなこの赤羽の地で
死ぬる事ができるのだから・・・・・

c0152126_19241988.jpg


そしてしばらく歩いた後、カレは、とあるマンションに入っていった。
ここが彼の棲家なのだろうか。

中まで尾行する訳にはいかないので、ここで尾行終了。
彼の苗字と名前を知りたかったが(「赤井さん」希望)、残念ながら
今日のところは分からず終いだ。

諦めて帰ろうとした時、入り口左上に記されていたマンション名が目に入ってきた。




そこには




我が目を疑う様な





世にも恐ろしいマンション名が





存在していたのだった・・・

























c0152126_1928516.jpg

「○○グリーンハイツ」









ふざけるな!









終章【赤よ永遠に】

赤羽の路地裏とかで地味~に何十年も営業している
廃れた居酒屋やら場末のスナックやらが、俺は大好きだ。
そしてそこの年老いたマスターやママ、常連客らと
酒を飲み交わしながら赤羽のどうでもいい情報に花を咲かせるのだ。

そんな時、決まって赤い老人の事を尋ねる事にしている。

「赤羽で全身赤い格好の変な老人知ってますか?」

すると、驚くべき事に、70%くらいの高確率で
「知ってるよ」という答えが返ってくる。

なんでもカレは、昔赤羽でお花屋さんをやっていたらしい。
お花屋といっても、別にお店を構えていた訳ではなく、路上で花を売り歩いていた様だ・・・。
しかもあの赤い格好で・・・。

それがお花屋さんなのかといわれれば、ちょっと違う気もするが、
街の人からは「赤いお花屋さん」と呼ばれ、親しまれていたらしい。


なんだか、得体の知れない恐怖を感じた。

c0152126_19304244.jpg


結局、あれから赤い老人とは会えず終いだが、
一ヶ月に一回くらい、俺の夢に現れては俺を苦しめる。

街を歩いていたら、赤い老人が一人。あっちにも一人。そっちにも一人。
気付いたら街中赤い老人だらけ。
ふと自分の着ている服を見ると、全身真っ赤っ赤・・・ギャー!!!!

こんな感じの悪夢である。ほんと、勘弁して欲しい。




c0152126_19312749.jpg

カレは今も赤羽のどこかを、真っ赤な格好で俳諧しているのかもしれない。
[PR]

by kurukurupaaaa | 2008-01-15 19:44 | 街人 | Comments(31)  

Commented by ぴっころ at 2008-01-15 20:18 x
うわあ………。怖いですね。
でも、怖くても尾行とかしちゃうせーのさんも怖いのと同時に素敵です。
この赤い人は赤をとても愛しているのでしょうか。
ちなみに私の好きな色は緑です。
Commented by 吉田 at 2008-01-15 22:52 x
なんか心にぐっとキました。
Commented by 工場長さん at 2008-01-16 03:43 x
山田君がどうしても働いてるように思えません。
山田君の給料日=お小遣いの日でおkですか?
Commented by kinaco at 2008-01-16 13:17 x
そういえば、拝島辺りから秋川にかけて夕方「赤いおっさん」を
見かけるよ。滅多にそっち方面は行かないけど、
行く時間帯が合うのかなぜか毎回見かけます。
時間帯で言うと平日の3時半から5時に出会えます。
内田裕也のような風貌で、「NO レッド NO ライフ」な感じです。
ちなみに、Kinacoの地元では「ピンクさん」がいます。
こちらは滅多に合えないレアキャラです。
Commented by おぉちゃん at 2008-01-16 14:52 x
グリーンハイツ・・
グリーンハ イツカ アカニナル
の略ですよ、、、、
Commented by まりっちょ at 2008-01-16 19:49 x
こ・・・こわい・・・・・
Commented by つり革 at 2008-01-16 19:54 x
赤いお花屋さん怖すぎです名前が

クリスマスはサンタとか・・・
想像したら気持ち悪くなりました
Commented by コロッケ5えんのすけ at 2008-01-16 20:01 x
やはり赤井さんの主食は血液でしょうか。

Commented by 竜玄 at 2008-01-16 20:42 x
赤羽は恐ろしいところなんですね…。
Commented by 猫軍師 at 2008-01-16 22:39 x
この方は亡くなったら”レッドがいこつ”になりますね
<「闘人魔境伝ヘラクレスの栄光」より>
Commented by ○ンチタイム at 2008-01-16 23:02 x
下から②番目の写真のグニャリ感にやられました。
撮り方を教えて下さい。
Commented by くろ at 2008-01-17 01:57 x
この方が赤いチャンチャンコとか着ちゃったら、せーのさんウハウハしちゃいますよね!
Commented by おは!(丸剃り) at 2008-01-17 02:08 x
例の「首無し婆さん」の話で恐縮なんですが、私も見かけますよく。
場所はみんなの味方ダイエー赤羽店フードコートです。私は「L字婆さん」て呼んでます。セットのだんなによく罵られてます。もし良かったら今度様子見てあげてきてくださいね。
別人だったら、「L字婆さん」ネタ差し上げます。
コピーレフトなのでR。
Commented by オカモト太郎 at 2008-01-17 03:44 x
赤い彗星にも通じる男。
Commented by YO at 2008-01-17 04:48 x
こんばんは。
前に新耳袋でせーのさんと押切さんに頭をシャリシャリされたものです。
あれからお金を落としたり風邪をひいたりいいことづくしです。
ありがとうございます!

ブログ本当におもしろいなぁ。
こんな素晴らしい先輩方と出会えるせーのさんがうらやましくて仕方ないです!本当にうらやましい!
首なし婆さんは僕の実家の近くにもいるのですが、
最初に出会った時夕日でシルエットになっていて本気で怖くて
「殺される!!」と思いました。

僕も老人とかホームレスとるの好きなんで、
お礼に一枚さしあげます。
http://re-non.hp.infoseek.co.jp/homu03.JPG
彼はこの後コンビニでパンを万引きして食べてました。

これからも見させていただきますね!
Commented by allow at 2008-01-17 06:01 x
マンション名も赤羽レッドはハイツなら最高ですね
Commented by えみた。 at 2008-01-18 00:58 x
博多には全身真っ赤な女の人がいます。(顔も赤なので年齢不詳)
赤いタオルを2枚、頭頂でクロスさせて前後左右に垂らし首のとこでキュッ!と結んでいるのです(別紐)
その状態で普通に小首かしげて賞味期限とか見ながら買い物しています。
穴とかないのに何故見えるのかわかりません。
兄妹だったら面白いですね。
Commented by 河童 at 2008-01-18 16:59 x
あけえ!

きっと毎日が還暦気分なのでしょう。
Commented by 玉太郎 at 2008-01-18 23:24 x
染まる・・・っ!

おいらも赤に染まるぅぅぅ!!
Commented by at 2008-01-19 00:36 x
なんでこんなに赤いんだ わけわからんw
Commented by 清野 at 2008-01-19 01:06 x
ぴっころさん>
怖くて素敵・・最高の褒め言葉をありがとうございます。
ちなみに僕の好きな色は黒です。

吉田さん>
そう言って頂けると、アップした甲斐が
あるってもんです。

工場長さん>
山本君は給料の大半をお母さんに没収されてしまうので
自分で自由に使えるお金が限られているんですよ。

Kinakoさん>
ワンカラー人間って結構いるようですね。
ネットで調べてみたところ、赤羽には昔、
全身赤いおばあさんが存在していたらしいです。
この赤い老人の妻かもしれませんね。

おぉちゃん>
うまいことをおっしゃる。
グリーンハイツをレッドに染めるつもりで
入居したのかもしれませんね。

まりっちょさん>
でしょ?

つり革さん>
赤いお花屋さんが売っていたのは
赤い薔薇とか赤いチューリップとか、
赤い花ばかりだったら更に怖いですね。
Commented by 清野 at 2008-01-19 01:07 x

コロッケ5えんのすけさん>
血液か、赤飯だと思います。

竜玄さん>
そうなんですよ・・・。

猫軍師さん>
闘人魔境伝ヘラクレスの栄光を存じ上げないので
レッドがいこつが分からない事をここに謝罪します。

○ンチタイムさん>
擦れ違いざまに手を動かしながら撮影したら
こうグニャリとなってしまいました。
最初は失敗だと嘆きましたが、改めて見たら
結構気に入っちゃいました。

くろさん>
赤いちゃんちゃんこ着なくても既にウハウハしています!
もし着ちゃったら、僕は理性を失ってヒャホヒャホして
しまうかもしれません。

おは!(丸剃り)さん>
ようこそ赤羽人。
ダイエーのフードコート、良い場所ですよね。
あそこだけは昔から時間が止まってるように感じます。
あと、あそこのクレープが好きです。

セットのだんなって誰ですか?どう罵られてるんですか?


オカモト太郎さん>
通じ過ぎて参っちまいます。笑
Commented by 清野 at 2008-01-19 01:11 x
YOさん>
おお、あの時の坊主君。

写真見たよありがとう!!
不覚にも噴出してしまった!
これを撮った君は素晴らしいセンスだと思うよ。
他にも写真あったらクダサーイ!

allowさん>
最初は俺もそう思いましたが、実はグリーンハイツだからこそ
最高なんだと後で気付きました。

えみた。さん>
顔も赤って、頬紅とかですか?
もしくは照れてるんですか?

どこの町にもいるものなんですね~

河童さん>
あけえだろ?

還暦気分って、いい気分なのかなあ

玉太郎さん>
存分に赤に染まってくださいな。
リストをカットしてね。ふふふ。

sさん>
俺もわけわからん。笑
Commented by at 2008-01-19 22:16 x
赤。目チカチカするわ。

阿佐ヶ谷は変人出現率が半端ないので
是非清野さんに取材していただきたい。
Commented by 清野 at 2008-01-20 00:49 x
確かに阿佐ヶ谷も多いですね。

阿佐ヶ谷というか、中央線沿線にはピッチピチの変態が
うじゃうじゃいるように思えます。
よって、取材には行きません。笑
Commented by タラ at 2009-01-06 22:41 x
清野さんカメラは何かに隠してるんですか
隣にまわって撮ったやつはかなり近いとみました
Commented by ムーミン at 2009-03-16 18:26 x
清野さんもこええ
Commented by 気づけば赤羽歴25年 at 2009-07-29 15:24 x
20年位前にも全身真っ赤なオカマが
赤羽界隈に出没していたことを思い出しました。

赤い帽子(APAの女社長がかぶってる感じ)に
真紅のい口紅、マニキュア。
赤いワンピースに赤のハイヒール。

あからさまに異質なオーラを放つオカマを
赤羽会館あたりでよく目撃したものです。

そんなオカマを当時中学生だった俺たちは
親愛の情をこめて「アカマ」って呼んでました。
Commented by ミキティ at 2009-11-13 22:50 x
赤い老人の話、一番街の先の小学校に通ってた母に聞きましたが、花売りのおじさん
とっくに死んだとかてきとーなこといってる(汗)
今度赤羽に帰ったらナイトレストラン行きます(ちなみに私は板橋で一人暮らししてました

Commented by ひろ at 2010-05-18 00:32 x
小学校の時
赤いベレー帽のお花屋さんがあったのを覚えてます*ちがうかな?
ザ・プライス!!の頃
向かい側に(^O^)
落ちてるお花を貰いました(*^o^*)
Commented by 池田明日香 at 2013-12-17 12:18 x
赤い人学生の頃よく見ましたよ
生きていたんですね!
驚き!?

<< 早川君 首無し婆さん >>