楽しくない花火③

c0152126_18361990.jpg


c0152126_18364150.jpg


c0152126_18285857.jpg



さあ役者は揃ったぞ!!
いざ修羅場の幕開けだ!

































c0152126_051164.jpg


薄暗い住宅街に、三人の怒号が響き渡る。

2対1の不利な戦いにも関わらず、父は屈しなかった。
一家の大黒柱として、男として、いや・・むしろ、ただの酔っ払いとして、
父は命を懸けて戦った。



数分前までこの場で、楽しい花火が行われていたなど
誰が信じてくれようか。

当事者の俺ですら信じられないのに、誰が信じてくれようか。





























c0152126_0522372.jpg

幼い弟は、ついに泣き出してしまった。


c0152126_053130.jpg

俺は現実逃避。

母は呆れ顔。

怒鳴りあいは平行線を辿り、完全なる泥沼化である。


























c0152126_053211.jpg

なんだか物騒な提案を持ちかける住職。


c0152126_0533581.jpg

それを快く受け入れる父。



















c0152126_0535114.jpg


やがて三人は、薄暗い寺の中へと、吸い込まれる様に消えて行ってしまった・・・

「私達は家に帰りましょ・・」

母が小さくつぶやいた。

「でも、お父さんがまだ・・」


c0152126_057356.jpg



俺と弟は母に手を引かれ、家の中に戻った。

その夜、父は戻ってこなかった。


布団の中で俺は、

「お父さんはもう、この世に帰ってこれないんじゃないか」

と、不安に打ち震えたものだ。。



翌朝、居間に行くと、
何事もなかったかの様に父が朝食を食べていて拍子抜けした。

で、父はそのまま出勤して行った。


あの夜寺で何があったのか、結局聞けず終いのままだ。

父からは何も言ってこないし、俺から聞ける様な空気じゃなかったし、
何より聞くのが怖かったし・・・。

でも、さすがにもう時効だと思うので、今度実家帰った時にでも軽いノリで
「そーいえばあの花火の後寺でどうなったのー!?」
と聞いてみることにしよう。やっぱやめておこう。




・・・で、その後お寺側とはどうなったかというと、勿論、ご近所関係は最悪ですよ。さ・い・あ・く。
俺が道で会ってババアに挨拶しても、もろシカトだし。

まあ、ご近所付き合いが無くなる分には、別に俺は構わない。

問題なのは、清野家の先祖というのが代々この寺に眠っており、
喧嘩したからといって寺と縁を切る訳にはいかない事だ。

親戚が無くなった時や、祖母の13回忌の時など、
法事の度に住職やババアの世話にならなければならないのだ。

そんな時の気まずいこと気まずいこと・・・・

勿論、向こうも一応はプロだから、法事で世話になる時は
丁寧にお持て成ししてくれるのだけど、なーんか悪意を感じてしまう事があるのですよ・・・

c0152126_0572526.jpg


俺の気のせいだとは思うのだけれど、、
父と怒鳴りあったあの住職が唱えるお経とか、耳をすませて聞いてると

































c0152126_0573610.jpg


「あれ!?こいつお経、手ー抜いてねえ?」

と疑ってしまう事がある。

まあ多分絶対俺の気のせい!

父も母も俺も弟も、死んだらこの寺でお世話になる事だし、
気のせいと思わなければ、やってられない!!























上記エピソードにより、花火をすると憂鬱になる体になっちまいました。
[PR]

by kurukurupaaaa | 2008-03-25 01:10 | Comments(29)  

Commented by オカモト太郎 at 2008-03-25 02:25 x
寺の中で改造されて戻ってきたんだよ、きっと。
Commented by 竜玄 at 2008-03-25 03:51 x
いつか笑いながら花火が出来る体に戻って下さいw
Commented by とり at 2008-03-25 05:03 x
刃傷沙汰にならなかったっていうのは、双方大人だったんですねw
Commented by り・た at 2008-03-25 05:59 x
今すぐ実家に電話してことの成り行きを聞いてきて下さい!
気になってしょうがないんで。
さあ!早く!
Commented by まあ at 2008-03-25 06:25 x
今回のは おちがあんまおもろないわ 
Commented by なか at 2008-03-25 08:30 x
オチに盛り上がりがないのもリアル・・・
ぜひ、お父様に詳細を伺ってきてください!!
・・・酔ってて覚えてないですかね??
Commented by みや at 2008-03-25 10:59 x
とりあえず、最初の口論シーンの住職のポーズは最高だ。
Commented by くろ at 2008-03-25 12:56 x
そんな思い出を吹き飛ばすような花火をしましょうよ!
Commented by ガングリオン at 2008-03-25 13:17 x
清野さんがお墓に入る頃には坊さんは死んでると思いますので
無問題ですよきっと

コメント欄人数増えましたからね僕も含めて
そりゃめんどくさくなっちゃいますよ
[壁]ω・)ジー 「ずっと観ますから」
Commented by mm at 2008-03-25 14:24 x
花火しましょう
笑いながら火を弄びましょうよ
リハビリとしてまずは線香花火から始めましょう
Commented by お口の恋人ブロッケン at 2008-03-25 14:35 x
寺に消えていった鬼達がお堂で3Pしてたら最高に素敵ですよね。
清野先生的には悪夢ちゃんでしょうけど。

それと、舌出してる住職のバックの水玉の色合いがすっごいキレイです。
『ヨーグレット』っていうタブレット状のお菓子の箱を思い出しました。
Commented by おなぺっと at 2008-03-25 17:21 x
でた!!清野さんの現実逃避!!!!
Commented by エイジ at 2008-03-25 22:53 x
この話を思い出して、花火をする度にニヤーっとなりそうです。
Commented by 河童 at 2008-03-25 23:23 x
お父さんイケメンだ!
Commented by まめ at 2008-03-25 23:31 x
あのお経は絶体おかしい!
ご愁傷様ですw
Commented by ヨウシ at 2008-03-25 23:34 x
幼稚園時の逃避技がまたここでも活躍している!!
お父様のお寺でのその後の出来事が私もめっちゃ
気になります!やっぱ何気に聞いてみて欲しいッス〜!
Commented by 猫軍師 at 2008-03-26 00:05 x
坊主が意外と普通な人なので安心しました
Commented by 花丸 at 2008-03-26 02:21 x
次世代住職にも清野家のことをマークしておくようババアが教育してたらいやですね
してなかったらいいですね
Commented by 餌差 at 2008-03-26 08:46 x
夜に大人の怒鳴り合う声が響いたら近所の人もさぞ気になったことでしょうね・・・。
Commented by maiko at 2008-03-26 16:31 x
今度その住職に
「仲直りに花火しませんか?」
と話しかけてみて下さい。
Commented by at 2008-03-26 20:50 x
その人は本当にお父さんなのかな?
Commented by いっすぃー at 2008-03-26 21:40 x
ん、いっすぃーも本物の父様じゃないと思います。
どっかにマイクロチップ埋められちゃってないですか?
Commented by タケハシマサシ at 2008-03-26 23:30 x
…酔っ払いの勢いって凄いな…

でも後先考えないと色々厄介ということを
学ばせていただきました。

ある意味では有益なお話だな…。
Commented by 無し@毎日が日曜日 at 2008-03-27 05:08 x
すこし俺の話を聞いてくれ。
俺、昨日で、32になったんだけれど、先月までコンビニバイトで食いつないでいた。
だが、信じられない物を見つけてしまった。

一月前、バイト中携帯をいじって工口サイトを見ていると、ある物が目に付いた。
普段なら無視するような、よくある工口サイトの公告だ。
だが、何を思ったか俺はそのリンクを押してしまった。幸いワンクリでは無かった。
しかし、その中身の衝撃はそれ以上だった。こんなことが可能なのかと。
普通なら信じられないようなその内容だが、その時の俺はなぜか信じてしまった。

・・・・・・結果は今の俺だ。
バイトはあの日の3日後に止めたが。とりあえず食うのには困っていない。むしろ時間と金に余裕が出来た。
一応そのサイトを晒すが、自己責任で見てくれ。
http://ning.zz.tc/you/1dclkek
Commented by ぴっころ at 2008-03-27 21:50 x
こんばんわ。花火かあ。
私も従兄弟に花火つき付けられて火傷した覚えがあります。
痛かった。
ブログってやっぱエロのコメントきちゃいますね。私のところもくるけど、めんどくさいんで放置してます
たぶん気が向いたら削除って感じです(^ω^)
Commented by kinaco at 2008-03-28 12:23 x
うちの坊さんはお婆ちゃんの方は檀家回りのしすぎで「アル中」で死にましたよ。
法事中にダルクに入院中の話を面白おかしく話してくれました。

笑いながら「私は後お酒を一滴でも飲んだら死ぬんです」って
言ってたなー。   一滴食事に混ざってたのかも??


爺ちゃんの方は「法事の際、住職のお弁当大は¥8000以上、お茶、みかん等はグラム幾ら以下の物は受け付けません」とか細かいことを平然と言うなまくら坊主です。
しかも墓の掃除はしないし髪の毛も長い。結城貢にそっくりの悪そうな顔です。

そういえば結城貢がとうふ屋で豆腐を購入中に声をかけようとしたら
「怒鳴られるからやめろ」と止められました。

いつかありがたいコメントまっています~♪


Commented by allow at 2008-03-28 15:27 x
正義のヒーローとの決着つかずですか
冷戦まだ続いているようですね
今年花火とお酒で2代目対戦を行い決着をつけましょう。
Commented by 清野 at 2008-03-29 02:55 x
コメントを下さった皆様、ありがとうございます!!
今回も読ませて頂きましたが、ご理解あるコメントが多く、
キーボードの隙間に涙が溜まっていて文が打ちにくい次第です。

今年の夏は花火にチャレンジしてみようかと思います、
とは思わないので、恐らく花火にはチャレンジしないと思いますと思うわけです。
Commented by AAABBB at 2008-09-01 20:39 x
ネタだろ?

<< 昔の日記① 楽しくない花火② >>