昔の日記⑧

高校2年生の夏。
c0152126_2072671.jpg

あまりにもつまらない毎日に、
俺の精神は限界に達しようとしていた。

そして、この腐りきった現実(腐りきってたのは俺の脳だが)から脱出する為、
俺はある画期的な方法を実践する事にした。

それがコレ。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
c0152126_2082845.jpg

c0152126_2084433.jpg


できたらいいね『夢コントロール法』

・夢を見たら、夢の中でこれは夢だ夢だと気づかせろ!
・目を閉じて眼球を動かす練習をする(習慣)
・目覚まし等は使わず、なるべく自分で目覚めるようにする。
・目覚めたら夢を記憶してメモをとる。
※寝る前に「これから自覚夢(自在に操れる夢の事)を見よう」と意識する。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「人間、人生の三分の一は夢の中なんだし、
その夢を自在にコントロールできれば、それはそれで楽しい人生と
いえるのではなかろうか・・・?」

「現実で成功しなくとも、夢の中で成功すれば、
それはそれで人生万々歳なのではなかろうか・・・?」

真意はこんな感じだ。


この方法、一体どこから持ってきた知識なのか記憶にないのが不気味だけれど、
夢をコントロールする為、俺は日々厳しいトレーニングに明け暮れた。

今振り返るとただの愚鈍な行為、もしくはただのギャグとしか思えないが、
当時の俺は真面目に実践しようとしていた。

要は、それくらい毎日が糞だったのだ。


果たして、俺は夢を自在に操る事ができたのであろうか?
楽しい夢ライフをエンジョイする事ができたのであろうか?





































c0152126_2091796.jpg






































つづく☆
[PR]

by kurukurupaaaa | 2008-04-12 20:15 | 昔の日記  

<< 昔の日記⑨ ペイティさんは、こう眠る。 >>