例の体験

死体がらみの記事ばっか描いてたら、
もう一つ「死」にまつわるエピソードを思い出した。
個人的には、人身事故なんかより何倍も恐ろしかった体験。


俺は「霊」というモノは信じない主義の人間であるという事だけ前置きしておく。








あれは今から7年くらい前、俺がまだ大学生だった頃の話だ。

本来なら就職活動に専念しなければならない、人生における最も大切な時期に、
俺はヤンジャンで『青春ヒヒヒ』とかいう糞漫画を連載していた。

初めての連載に、俺は発狂寸前だった。
ってゆーか、発狂してた。今漫画を読み返すと、それがよく分かる。
c0152126_1447519.jpg

c0152126_14472390.jpg

c0152126_14474185.jpg


一週間に一人で14Pも描く事なんて、鈍才な俺には無理なのだ・・。
編集部からアシスタントを派遣してもらう事も可能だったが、
見ず知らずの人間と仕事なんてできないので断った。
部屋にある大切な小物とか盗まれるかもしれないし。

でもやっぱ一人はキツイ・・・



























c0152126_22145196.jpg

そんな中、助けてくれたのが押切君だった。

「タスケテクレ!!」と電話したら「イイゼ!」と快諾してくれて、
週に一度、遠路はるばる我が家までやって来て、トーンを貼りまくってくれたのだ。
これは本当に助かった。
見ず知らずの人間に大切な小物を盗まれるよりは、気の知れた押切君に盗まれた方が、
まだいい。





で、いつもの様に一緒に原稿やってたある日。

c0152126_1449388.jpg


押切君の携帯が鳴った。






























c0152126_14491480.jpg


その途端、部屋の空気がズン!!!と重くなったのだ。
なんというか、違う次元に迷い込んでしまったというか、
自分の部屋なんだけど自分の部屋じゃない様な・・・
とにかく、異様な感じ。

コレは俺だけでなく、押切君もハッキリ感じたので、
断じて気のせいでは無い。


c0152126_1450729.jpg

と同時に、猛烈な寒気に襲われた。
季節は秋だったが、まだまだTシャツ1枚でやり過ごせるくらいの陽気だったのに・・。




c0152126_1449388.jpg

携帯は延々と鳴り続けている。
















c0152126_14505940.jpg

ようやく押切君が電話に出た。

相手が誰なのか気になって仕方なかった。
だって部屋の空気が狂ったのは、明らかにこの電話が鳴ってからだもの・・。

10分、20分、30分・・・

いつまで経っても話終えない押切君にしびれをきらし、
小声で尋ねてみた。

c0152126_14511718.jpg























c0152126_14513267.jpg


なんと相手は警察だった。
























話を要約すると、押切君の友人がデパートの便所で首吊って自殺したらしいのだ。
(友人といっても、一、ニ度会ったにすぎないくらいの関係だったらしいが)

で、その友人の唯一の所持品である携帯のメモリーには、
押切君のデータしか入っていなかった為、警察から押切君に電話が入ったという訳だ。
誰にも相手にされない中、最後まで親身になってくれた押切君にだけ
心を許していた様だ。






c0152126_14543894.jpg

警察に取り調べを受けながら、トーンを貼り続ける押切君。
その横でフザけた原稿を描く、俺。

c0152126_14522030.jpg


























「部屋の空気が変わった理由、分かったよ」

電話を終えた押切君が呟いた。

押切君がまだ、その友人が本気で死ぬとは夢にも思ってもいなかった時期に、
冗談半分である約束を交わしたらしいのだ。


押切君「俺オバケ信じないからさ、死んでオバケになれたら俺んとこ会いにきてよ」

友人「わかった、すぐ行くよ」


その約束通り、友人は会いにきてしまった様である。


























俺んちに・・・・。






















霊は信じないけど、すごくイヤ~な気分になった。

でも大丈夫!
いつも押切君はうちに一泊して、翌日の昼くらいに帰って行く。
さすがに一人はキツイけど、押切君と一緒ならばこの状況も笑いにできる・・・
はず。




c0152126_14524643.jpg


























































c0152126_1453067.jpg

押切君は、容赦無く帰って行きやがった・・・。













































俺は霊も信じないし、霊感も無いけど・・




































c0152126_14531623.jpg

あの夜確実に俺の部屋には誰かがいた。



翌日の昼くらいまで部屋の空気はおかしく、原稿の締め切りを破りかけた。
[PR]

by kurukurupaaaa | 2008-05-12 02:50 | 友人 | Comments(54)  

Commented by 蔵わらべ at 2008-05-12 02:57 x
一番面白いです…
自分がその立場になったらデニーズ行くと思います
Commented by オカモト太郎 at 2008-05-12 03:15 x
ところで押切さんって押切もえとは関係あるんでしょうか?
Commented by sakurai at 2008-05-12 03:28 x
寝る前に更新チェックしにきたら…

それにしても押切さん冷静ですね、自分なら発狂しそうです
Commented by 高木 at 2008-05-12 05:16 x
押切くんのエピソードと共に宣伝しなさいっ!うちの本。
Commented by ガングリオン at 2008-05-12 05:20 x
特に何もなかったのなら清野さんの妄想ですね
と言いつつ後ろを振り向きたくなる話です
Commented by ミルキーウェイ at 2008-05-12 05:59 x
トイレにいけません
Commented by カラーミーポップ at 2008-05-12 07:11 x
人身事故の非じゃないですね・・・怖すぎ。戦慄!!

朝読んで良かったー笑
Commented by 花丸 at 2008-05-12 07:38 x
また押切くんとのエピソードが知れて嬉しかったです!
漏らした尿はこの嬉しさの代償だと思ってなかったことにします
ところで床で鳴る押切くんの携帯、ペラペラですね
Commented by チャー坊 at 2008-05-12 07:47 x
トイレ我慢してたのもあってぶるっちゃいました。
この1週間で『でろでろ』全巻揃えました。
Commented by mm at 2008-05-12 08:56 x
モロヘイヤパパパで爆笑した自分を思い出してノスタルジックになった!です
Commented by おおち at 2008-05-12 09:13 x
青春ヒヒヒはどれも素敵なシーンばかりですね。
一人が怖かったなら、ペイティさんに「誰デスカ?!」やってもらえばよかったのに、、、、

辺見もみり!!
Commented by メッシュ at 2008-05-12 09:15 x
はじめまして。いつも貴重な体験談をお話し頂きありがとうございます。
「ズン!!っとなって部屋の空気が異次元ぽくなる」感じが、僕の霊体験と似ています。僕の場合は「重さ+電気を帯びたような」空間でした。
あと「確かに誰かがそこにいる」という実感、僕の場合もありました。
霊感の薄いタイプの人間の霊体験というのは、こうゆう感じなのかも知れないなー、という感想を持ちました。
Commented by 無辜市民 at 2008-05-12 09:24 x
>気の知れた押切君に盗まれた方が、
まだいい。

盗まれることが前提なのが笑える。
自分が気の知れた友人の家に行くときは、コッソリ小物を持っていき、コッソリ置いてきます。
あとで聞かれない限り自分が「置いた」と言ったことはない
ちなみに、小物とは自分が「いらないなー」と思ったモノです
Commented by 神具屋 at 2008-05-12 10:15 x
 はじめまして。いつも楽しく見ております。
最高に面白いのですが、とても怖いです。
また楽しみにしています。
Commented by くろ at 2008-05-12 11:57 x
あんなに霊体験はしてないっていったじゃないですかー!
Commented by ブルー at 2008-05-12 12:12 x
怖っ!
霊よりも、非情にも帰っていく押切君の方が…
Commented by kinaco at 2008-05-12 12:27 x
清野さんが盗まれて困る「小物」ってなんだろうな~。

都市伝説の話だけど、ライダーの話でもう一つある「集合写真に首が無くてヘルメットに首が写っていた」という写真をうちの姉は見たらしい。 この手の話はネタが沢山あります(笑)
あたいは変なことに遭遇する運命みたいです☆
Commented by キョルッ at 2008-05-12 12:30 x
はじめまして。いつも楽しく拝見させて頂いております。
う~ん律儀なお友達ですね。
私も小学生の頃、深夜に窓から真っ白な顔の女性に覗かれた事があります。母の話では近所の交差点で事故があったようで。。その方かと?
残念ながら目と目で通じ合う仲にはなれませんでした。あんなに見つめあったのに。。
Commented by なか at 2008-05-12 12:35 x
押切さん、おもしろすぎ!
何か盗むどころか、すごいの置いてっちゃったー!!
Commented by HI at 2008-05-12 12:45 x
クラスメイトが亡くなったときに、全く同じ経験をしましたよ。
なんなんでしょうね、あの電話が鳴った瞬間に空気が変わるの。
Commented by みゆ at 2008-05-12 12:59 x
今日ねむれないじゃないですかあああ!
どうしよう…押切君KAKKOIIです
Commented by にこ at 2008-05-12 13:28 x
おびえている清野さんをおいていった押切さん
ちょっとかっこいいとか思いました。すみません。
Commented by ににゃん at 2008-05-12 14:25 x
”ヒヒヒ”読んでましたがまさかそんなことがあったなんて・・・
背中が寒いよ~
Commented by おいしいピーナッツ at 2008-05-12 16:59 x
波乱万丈な人生を歩んでますね…
狐眼な押切さん、
バガボンドの小次郎みたいな感じでカッコいいです。
Commented by クリープ症 at 2008-05-12 17:56 x
え・・と・・先生のマンガもっと読みたいです!ブログじゃもったいないな~
Commented by 河童 at 2008-05-12 18:08 x
こわいいい

モロヘイヤすきです
Commented by ナウォ at 2008-05-12 18:11 x
押切さんの友人、よく清野さんの家が分かりましたね。
霊って不思議。

「泊まっていくよね?」と必死な清野さんが
童貞を捨てるチャンスをうかがっている
純情BOYに見えました。
Commented by マイスリー at 2008-05-12 18:17 x
怖い。
Commented by 噴流 at 2008-05-12 18:46 x
大切な小物を盗まれる・・ 笑
それにしても怖い話ですねー
でも清野さんの必死な顔に腹抱えて笑ってしまいました。




Commented by 猫軍師 at 2008-05-12 20:05 x
ヒヒヒにそんな裏話があったとは・・・
その恐怖から逃れるべく、辺見もみりとかやってたのですね
Commented by at 2008-05-12 20:42 x
自分が死んだら、絶対初恋とか、そんなようなものの人のとこに一泊してくね。

・・・あれ?
Commented by タダス at 2008-05-12 21:01 x
ギャーーーーー!!!!!!
こわい!!こわい!!
こんなゾクゾクさせられる、怖いお話は聞いた事がない



あんまりにも怖いので、本日購入してきた週間少年ジャンプを読み耽りたいと思います
週に一度の週間少年ジャンプだけが生き甲斐です
Commented by もっきり屋 at 2008-05-12 23:18 x
怖いですね・・・その後何もなかったのか気になります。
Commented by はな。 at 2008-05-12 23:18 x
でもアレですよね、「押切君のところにきた」のに、押切君についていかずに清野さんちに居座っちゃうってのがもう…
清野さんの何かがツボだったんでしょうね。
Commented by まめ at 2008-05-12 23:20 x
>部屋にある大切な小物とか盗まれるかもしれないし。
うけたwww、小物は大事ですよねww
Commented by チャタロ at 2008-05-12 23:29 x
プリン山下
Commented by りりこ at 2008-05-12 23:32 x
こわッ。清野さん面白くて好きです。押切君も好感がもてます。次が楽しみです。宜しく。
Commented by アイカゴ at 2008-05-13 01:41 x
それは怖い体験をしましたね
因みにぼくは幽霊を信じます
Commented by KTA at 2008-05-13 01:55 x
いつも楽しみに見学させていただいています。僕も清野姓で年も日記を見たらタメで、埼京線沿線生まれなので、思い切って書き込みしてしまいました。ブログめんどうが大変くさいとは思いますが頑張ってください。ちんことか好きです。 あとデザインやってるんで今度装丁でも…
Commented by rei at 2008-05-13 02:08 x
知り合いの方で霊が見える人がいるんですが
遠くに住む友人が夜中に突然部屋にやってきて
話をしたんだけどおかしいなぁと思っていたら
その時間にその友人は、亡くなっていたとか
そんなことが結構あると言っていました
友人や知り合いだったりするので全然怖くないらしく
またかと思うらしいです。
Commented by えともぢいな at 2008-05-13 04:17 x
まぁ、清野さんたら。
霊感がないだなんて。
完全な霊媒体質のクセに。
ふふふ。
いいかげんお認めになったら?
ちなみに霊は本来見えてはいけませんのよ。
Commented by allow at 2008-05-13 19:30 x
幽霊は見たこと無いですが、金縛りになったことあります。怖かったけど本当に指も動かないので諦めてそのまま寝ました^^
翌日は目覚ましで起きました。変な感覚がありまた鮮明に金縛りにあった事を覚えてました。
あと虫の知らせと言うのか、普段SLOTやって携帯など夜に見るくらいですが、その日も開店待ちしていたのですがどうしてもお腹が痛くなり開店5分前で我慢できず近くの公園のトイレにいったら電話がなって親戚のおばちゃんが…あのおばちゃん昔パチンコ代貸したけどもう帰ってきませんね。高い香典になりました
Commented by allow at 2008-05-13 19:31 x
幽霊は見たこと無いですが、金縛りになったことあります。怖かったけど本当に指も動かないので諦めてそのまま寝ました^^
翌日は目覚ましで起きました。変な感覚がありまた鮮明に金縛りにあった事を覚えてました。
あと虫の知らせと言うのか、普段SLOTやって携帯など夜に見るくらいですが、その日も開店待ちしていたのですがどうしてもお腹が痛くなり開店5分前で我慢できず近くの公園のトイレにいったら電話がなって親戚のおばちゃんが…あのおばちゃん昔パチンコ代貸したけどもう帰ってきませんね。高い香典になりました
Commented by タケハシマサシ at 2008-05-13 20:01 x
すごいな。書こうとしていた文章が頭の中から
すっ飛んでいくようですよ…。

押切先生すごいな。友達置いてあっさり帰ってまうとは…
…で、それでいて二人のダチ付き合いは…続いているのですか?
(そうだったら凄いけど…)

オレだったら縁切っちまいそうだ…(でその後結局元通り)
Commented by mcgundam at 2008-05-13 22:41 x
怖いなー!怖い!
一度はそんな体験してみたいです。
オバケは信じてます。
Commented by コロッケ5えんのすけ at 2008-05-13 23:21 x
押切さん、期待通りでカッコイイ。清野さんより先に童貞捨てただけありますね。

私はベッドですが、たまに床で寝るとゴキブリの夢を見ます。
霊は親族のを見たことがあります。その程度です。
Commented by わたをさん at 2008-05-14 01:43 x
オレは今あの時のせーのくんが大学生だったって事にこそ驚愕している。
Commented by モロヘイヤパパパ at 2008-05-14 17:46 x
怖えーこえー
なんかサイト見れないですよー、それもこえー。
Commented by 清野 at 2008-05-14 20:36 x
コメントをお寄せ下さった皆々様、ありがとうございます。
今回は一つ一つ、心の中でレスをさせていただきました。

素直に怖がってくれた方や、僕と似たような体験をされた方、
見当違いのコメントをされる方、その全てが愛らしいです。

でも霊より恐ろしいのは人ですよね。
人は恐ろしいですよ~!!

皆さんも人には注意しましょう!
Commented by わだ at 2008-05-19 23:42 x
DZÇÃÉXÉåÇæÇØâÊëúÇ™ï\é¶Ç≥ÇÍǻǢÇ≈Ç∑
IEÅAÉTÉtÉ@ÉäÅAOperaÇ∆ééǵÇΩÇØÇ«ï\é¶Ç≥ÇÍǻǢÅB
ê¶Ç≠ãªñ°Ç†ÇÈòbÇ»ÇÃÇ≈ãCÇ…Ç»ÇËâflǨÇÈÅIÅIÅIÅI
Commented by kennji at 2008-05-21 14:06 x
あれ?
なんだかこの日記だけ画像が表示されてなくないですか???
以前はちゃんと見れたのに・・・
押切君が電話しているところしか表示されていない・・・
これも原因はアレなんですかね???
おそろしやおそろしや
Commented by yamaji at 2008-05-25 18:41 x
俺もこの日だけ画像見えねー

こええええ
Commented by 清野 at 2008-05-26 22:35 x
え?

うちからはちゃんと見れますよ?
Commented by やs at 2008-05-28 01:32 x
みれねえええ

<< 回るか回らないか 初めての死体⑥ >>