中国人のN君

中学1年の時、同じクラスに中国人の留学生がやってきた。

c0152126_3956.jpg


それが彼、N君。

まだ日本語をしゃべれない為か、もしくは日本人の事が嫌いな為か、
彼が自発的に口を開く事はなかった。

しゃべらない上に、常に不敵な笑みを浮かべているので、
クラスメイト達は皆、薄気味悪がって、話しかけたりする事もなかった。






c0152126_393943.jpg

c0152126_395819.jpg

そんなN君を、俺達はけん制しつつ、一体どんな奴なのか
憶測し合ったりしたもんだ。

「拳法の達人説」や「スパイ説」、挙句の果てには「非童貞説」など、
突拍子も無い噂も駆け巡ったりもした。

一体N君がどんな奴なのか正体不明のまま、時だけが流れた。





















で、運動会が近づいてきたある日のこと。
誰がどの競技に出場するのか、担任の半沢先生が中心となってクラス会議が行われた。

c0152126_311247.jpg


ここで一番不人気な種目が〝1500M走〟である。
距離も時間も長いしキツいし、誰も率先してやろうとはしなかった。








































c0152126_31119100.jpg

一人を除いては。




































c0152126_3135448.jpg

そう、N君である。

































c0152126_3142157.jpg

クラス中は一瞬、し~んと静まり返った。

「よし、じゃあNで決まりだ!」

半沢先生の一言により、1500Mの走者は、N君に決定した。







その後の休み時間、俺達はN君での話で持ちきりとなった。

「やっぱアイツ、只者じゃねえよ!」
「走りに相当自信があるに違いない!」
「中国4000年の実力、楽しみだな!」


果たしてN君は、運動会でどんな走りを披露するのか・・・










































c0152126_3151836.jpg

乞うご期待。
[PR]

by kurukurupaaaa | 2008-07-28 03:18 | 友人  

<< 中国人のN君② 初めての早退② >>