電車の怪人

さて今日は何の話をしようかな。


そうだ、あの怪人の話をしよう。
これは今振り返ると、かなり怖いエピソードだと思う。


今から20年ほど前、俺が小学校低学年だった頃の話。
ある休みの日、俺は母と共に、神奈川に住む親戚の家に遊びに行く為、
電車に乗った。

c0152126_5165932.jpg


やんちゃ盛りの俺は、母の元を離れ、
車内を走り回って遊んでいた。
気のむくままに、車両から車両へと探検探検。

車内は、そこまで混んでいなかったけど、
どの車両も座席がそこそこ埋まるくらいの乗客はいた、
と記憶している。


しかし。


不思議なことに、ある一つの車両は、座席が一つも埋まること無く
ガラーンと静まり返っていた。

そしてそこには、なんとも不条理な人物がポツリと存在していた。

































c0152126_5184249.jpg




c0152126_518536.jpg


アニメのお面(なんのキャラかは不明)を被り、両手で松葉杖をついた女子高生・・・



今だったら危険信号を察知して、きびすを返して即・反対方向に逃げると思うが、
この当時の俺はまだ純粋だった。


















c0152126_519380.jpg


なんで電車でお面なんか被っているのか、直球で聞いてしまったのだ。

しかし女子高生は、俺の問いに答えてくれない。

c0152126_5191462.jpg


c0152126_5192429.jpg



お面の奥から微かに見える眼が、
俺をジッと睨んでいる様な気がして、急に恐ろしくなった。

「お面は笑ってるけど、中のヒトは笑っていない」

俺はそう直感した。










c0152126_519386.jpg


「ピクニックにでもいくのかい?」

こちらの質問には答えず、別の質問で返してきた。































c0152126_5195777.jpg


その声を聞いた俺は、急いで母のいる車両へと急いで逃げ帰った。

声で分かったのだが、その女子高生は女子高生ではなく、
オッサンだったからだ・・・・

電車で女子高生の格好をして、アニメのお面を被って、
松葉杖ついているオッサン・・・

これは色々な意味で、何重にもヤバすぎる。


c0152126_5194933.jpg


それ以後、車内を走り回らなくなったことは言うまでもない。











この怪人のことは、しばらく脳の海馬の裏の奥の方に封印したまま忘れかけていたのだけど、
最近、我が唯一無二の愛読誌『不思議ナックルズvol12』を読んでいたところ、
この怪人のことが載ってておったまげた。

この人、『三本足のサリーちゃん』と呼ばれ、軽く都市伝説になってる様で、
プーっと噴き出した。

「三本足」というのは、足が一本しかなくて杖を二本ついているから、という説と
足は二本あるけど一本は義足で杖をついているから、という二つの説があるらしい。
俺が遭遇した時は、義足の様には思えなかったけど、20年も前のことなので
断言はできない。

「サリーちゃん」というのは、サリーちゃんのお面を被っていたからの様だ。
俺が見た時はサリーちゃんのお面ではなかったと思うけど。

また、お面はケロイドの顔を隠すために被っている、だとか、
松葉杖をつきながらも、すごいスピードで追いかけられた、だとか
他にも奇奇怪怪な噂がある様だが、どれも定かではない。

一つはっきりしている事は、1987年のごくごく限られた期間、
限られた場所にこの怪人は姿を現し、そして忽然と姿を消した事だ。





誰かこの人のこと知ってる人はいませんかね?

会ってお茶したいんです。
[PR]

by kurukurupaaaa | 2008-08-30 05:43 | 変態  

<< ギャーーーーーーーーーー 曲がれない男(後編) >>