町の便利屋さん

赤羽には、ちょっと気になる〝町の便利屋さん〟がいる。

当然、ありがちな便利屋さんではない。

ホームレスのおっさんが「便利屋」と銘打って、
勝手に路上で営業しているのだ。

その便利屋さんは、自分でデコレートした台車や自転車をいくつも所有し、
街中を乗り回しているのだが、その姿がすさまじい。

一度目撃したら脳裏に焼きつき、
激しい恐怖と爆笑を与えること必至。

以下にアップする写真は、数年に渡って撮り貯めた、
町の便利屋さんの集大成である。

心してご覧頂きたい。






























c0152126_155370.jpg


c0152126_1551585.jpg


c0152126_1572729.jpg


こんなのが、赤羽にとっての、ごくごくありきたりな日常の風景なんです。
それ故に、他の街には引っ越せない。

彼の性格や血液型は分からないが、サッカーが好きなことだけは
手に取るように分かる。

彼は便利屋さんであると同時に、「日本サッカー党」の党首なのだ。
党員は、彼一人のようだが。






































c0152126_20552636.jpg


c0152126_20554012.jpg


c0152126_20564613.jpg


彼は町の至る所に、この様なオブジェを好き勝手に放置する。
放置というか、町に飾っているようにも見える。

そこにどんなポリシーがあるのか、凡人の俺には理解できないが、
ポリスーに注意されてる場面はよく目にする。

でも彼はやめない。

なぜなら、日本サッカー党の党首だからだ。






























c0152126_139695.jpg


町に放置したオブジェは、夜になると一箇所に集められ、
合体して家になる。

超カッコイイ。


























c0152126_1393244.jpg


で、こうして中で眠るのである。








































c0152126_1402178.jpg


無数の国旗を掲げる便利屋さん。

あれ!?
よく見たらバンダナの模様、サッカーボールじゃないか!?

すげえ!!!

今度蹴っ飛ばしてやろう!!やっぱやめておこう!!





c0152126_20592612.jpg


「掲げすぎ!」

なんてツッコミは、ヤボってもんです。
















































c0152126_1425262.jpg


c0152126_1431518.jpg


別バージョンのマシーン。
どこに駐車しているのかというと、
その辺の路地とか町の至る所に好き勝手駐車しているからタチ悪い。

でもカッコイイ。一台欲しい。

























































c0152126_1433493.jpg


違法駐車(不法占拠?不法投棄?)なので、当然国も黙っていない。
赤字で強調された「即時」の二文字が、行政側の怒りの強さを感じる。



































c0152126_145111.jpg



警告を無視した上に、駐輪禁止の看板横に駐輪する便利屋さん。
もはや国にケンカ売ってるとしか思えない。

あれだけ国旗を掲げてるのだから、国の命令はすぐに従いそうなんだけど、
まったくもって従わない。

日本が好きなのか嫌いなのか、そこんとこはっきりして欲しい。

いや、はっきりしないとこが好きだ。































c0152126_1464074.jpg


交番の前を、デコチャリで颯爽と通り過ぎる便利屋さん。
完全なる国家権力への挑戦である。

「おまわりさん、ぼーっと突っ立っていないで、逮捕逮捕!!」

中途半端な不審者には強い警察も、
真の不審者の前では、何も成す術はないのだ。





























c0152126_1484269.jpg


便利屋さんは、子供が大好き。


c0152126_1485739.jpg


道行く子供に、風船でこしらえた動物をプレゼントするのだ。

近くにいた親は

「危ないからああいう人には近づいちゃダメ!」

なんてことは一言も言わず、むしろ子供と一緒になって
便利屋さんと談笑しているのが微笑ましい。











































c0152126_1511992.jpg


便利屋さんは、女子中学生も大好き。

女子中学生も警戒する事無く、笑顔で便利屋さんと会話に花を咲かせている。
どんだけ許容範囲の大きい町なんだ・・!








便利屋さんにとっては住み良い、さぞかし便利な町なんだろうなあ。赤羽は。



いつかこの便利屋さんを無駄に雇って、何かさせるのが俺のささやかな夢。
雇った暁にはこのブログ上でレポートしようと思います。
[PR]

by kurukurupaaaa | 2008-09-12 02:04 | 街人  

<< 心に残ったアイツの一言① ギャーーーーーーーーーー >>