心に残ったアイツの一言①

人が口から発した、何気ない一言。

ひとえに一言といっても、星の数ほどあるけれど、
心にこびりついて離れない、思い出深い一言というのがある。


そんな〝一言〟を、その時の状況と共に、紹介していこうと思う。





























c0152126_2038366.jpg


まず一人目は、山本君。
山本君は、実に素晴らしい〝一言〟を発してくれる。


山本君と会った時、決まって問いかける質問がある。

それは

c0152126_20391912.jpg


「人生楽しいか?」

という質問。


この質問に対する山本君の返答が、実に素晴らしい。

彼は返答する前に、必ず

「いやぁ~・・・」

と曖昧な言葉を発し、その後3、4秒ほど絶妙な間を置く。
その数秒間、口は半笑いで、目はうつろ。
何か深刻な事を考え込んでいる様にも思える。



で、その「いや~・・・」と溜めた後に発する〝一言〟が、これ。













































c0152126_20394132.jpg


「つまんねえな」





皆さんは、この答えを見て、

「誰でも答えるような、意外性も何もない、ありきたりな答え」

と思われましたか?


ふざけるな!!!!!


生で聞いた俺から言わせてもらうと、
そんじょそこらの「つまらない」と一緒にするな!って話である。

つまらなさの重みというか、次元が違うのである。
そこらの素人とは。


なんというか、もう、ほんっとーに、
どーーーしょもなく、もれなく、これでもかって程、心底つまらない人生を
送ってる人間にしか言えない、極めて重い一言なのだ。

「嗚呼、山本君は、本当に人生つまらないんだなあ」というのが
この〝一言〟で瞬時に理解する事ができる。


この〝一言〟を聞いた俺は、とても人生が楽しく思えるので、
精神安定剤代わりに、会う度に必ず問いかける事にしているのだ。





また、お金を貸す前に、ちょっと雑談に興じてた時に頂いた〝一言〟。


c0152126_20415032.jpg



俺の「最近どうよ?」の質問に対する彼の返答。












































c0152126_2042975.jpg






「どうもこうも ねえよ」



これまた実に素晴らしい!!
もう、絶望的な程どうにもこうにもいかない様子が、
俺の五感がビンビン感じてるぜ!!


「八方塞さがり」という言葉があるけど、
そんな生易しい言葉じゃ彼を形容できない。

残りの二方も塞がった、「十方塞がり」という言葉こそ、
山本君にはふさわしいのだ。




























で、極めつけはコレ。

c0152126_20425225.jpg


俺は実家に帰る度、近所の山本君の家に寄る事にしているのだが、
チャイムをならし、山本君が玄関のドアから出てきたと同時に






















































c0152126_20433638.jpg


「ダメだ・・・」



ま、まだ何も聞いてないのに!!!!
俺に会うなり、開口一番このセリフ!!!!

もはや、絶望する事にすら絶望した、
真の絶望人間にしか言えない、天然記念物的〝一言〟である。




俺がどうして山本君に金を貸すのか、どうして山本君の事が好きなのか、
皆さんもう理解して頂けたでしょう?

フフフ。



次回は別の友人の発した〝一言〟を紹介しようと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先日設置した秘密ブログですが、当初18禁と説明してしまいましたが、
僕の気違い、いや、間違いでした。
なんか、知らないうちにアダルトのカテゴリに登録してしまったからだと思います。
まったくもってエロくない事だけは、この場で訴えておこうと思います。

あとは秘密です。
[PR]

by kurukurupaaaa | 2008-09-16 20:57 | 友人  

<< 「ま」 町の便利屋さん >>