カテゴリ:街人( 50 )

 

恐ろしき仮面の人③

そんな訳で、尾行再開。

c0152126_1462850.jpg


公園で子供達を脅かした仮面男は、
高架下の人通りの少ない通りを移動し始めた。
もちろん、仮面は被ったままである。

一体どこへ行くというのだろうか。
ファッションヘルスやピンクサロンの類であろうか。

いや、奴の目的地よりも、奴の正面からの写真を
カメラに収めることの方が重要だ。

しかし・・・

被写体が、そこらのオッサンならともかく、
今回は得体の知れない仮面男。
盗撮がバレたら何をされるか分からない。
パンチやキックやチョップをお見舞いされるだけならまだしも、
ナイフやピストルで襲われる可能性も否めない。

なので、バレることは絶対に許されないのだ。


(どうする?どうやって撮る?)

(そうだ・・・・あの技を使ってみよう!)

あまり誇れることではないが、自分は、盗撮に関して、
いくつかの技を持っている。
標的や状況によって、それらの技を使いわけるのだ。

今回使おうと思った技は、それらの中でも最も難易度が高く、
成功率が4回に1回くらいの非常に高等な技である。

本来なら100%収めたいところだが、他に方法が無いので仕方ない。

では実践開始&技公開。
































c0152126_146438.jpg


①まず、足早に仮面男を抜く。







































c0152126_1465318.jpg


②仮面男の前方に付いたら一定の距離を空け、その距離を保ちつつ携帯を取り出す。
距離は、シャッター音がギリギリ聞こえないくらいの位置が望ましい。












































c0152126_147487.jpg


③携帯を撮影モードにし、歩きながら後方の仮面男に向ける。






















































c0152126_1471694.jpg


④シャッターを押す。










これで盗撮完了!!


さて、うまく撮れてるかな~?



















































c0152126_1472971.jpg





























c0152126_147374.jpg



ブレた・・・





































































c0152126_1482416.jpg




































































つづく。

[PR]

by kurukurupaaaa | 2009-01-18 01:51 | 街人  

恐ろしき仮面の人②

前回、仮面男の記事を書いた時、以下の様なコメントを頂きました。


> Commented by 野良ミャオ at 2009-01-06 02:27 x
>最近土日とかに赤羽駅前の噴水のところでピエロのような仮面つけて
>踊っている人(ジャグラー?)がいますけど、その人ですかね?


この、ピエロのジャグラーに関しては、全くその存在を
把握しておりませんでした。

お恥ずかしい限りでございます。

もし、俺の見た仮面男=ピエロのジャグラーであったのならば、
仮面をつけて街の人たちを脅かして歩くのも、
パフォーマンスの一種だったのであろうか?


うーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーむ。


そもそもパフォーマンスって、見てる人たちを
楽しませるためのものですよね?

俺の見た仮面男は、自分を見て引いてる人たちの反応を見て、
自分自身が楽しんでいたような気がしてならなかった。
すごい悪意を感じたのだ。

サッカーしてる子供たちを脅かして楽しんでいたし。

あんな悪趣味なことをする人間が、果たして駅前の噴水広場で
パフォーマンスなどするのであろうか?


仮面男の謎を掘り下げる前に、まず、このピエロのジャグラーの
素性を調べなければならない。


それで先日の夜、

「ピエロいるかなー」

と思いつつ東口噴水広場を通りかかったら・・・・・・























































c0152126_4253340.jpg



いた!!



ピエロは二人組みで、ホウキ片手に街を掃除しながら踊っていた。

パフォーマンスをさせてもらっている場所を、
感謝の意を込めて掃除するだなんて、偉いではないか!
立派ではないか!!




しかし似ている・・・

この前俺が見た仮面男と、すごく似ている・・・


果たして、仮面男=この二人のうちのどちらかなのであろうか?






































c0152126_4265191.jpg




考えても答えは出ないので、直接彼らに聞いてみることにした。



「あの・・・先月、こんな服装で仮面つけて、
赤羽の人たちを脅かして楽しんでませんでした?」





c0152126_4341823.jpg



先日盗撮した仮面男の写真を見せて、率直にそう尋ねた。




c0152126_447147.jpg




仮面越しに、俺の携帯の写真をジ~~~~~~っと見つめるピエロの二人。


果たして、仮面男の正体は、彼らなのであろうか・・??





























































c0152126_457584.jpg


言葉ではなく、手と首を使ったジェスチャーで、全否定された。

どうやら、まったく心当たりはないようだ。

まあ、なんとなくだが、会って見た瞬間に
「この人達ではないな」ということは分かってはいた。

だって、〝いい人オーラ〟がにじみ出てますもん。


先日俺が見た仮面男は、気軽に話かけられないような、
常軌を逸したオーラを醸し出していた。
それにアイツは、街を掃除するような奴ではない。
むしろ街を汚す奴だ!どうしょもないクズ野郎だ!!



断言できる。

俺が見た仮面男は、この二人ではない。

無罪だという事が確定し、写真をお願いしてみたところ・・・































































c0152126_436673.jpg


快く応じてくれた。


写真からも伝わるでしょう?

彼らが赤羽の人を無意味にを脅かしたり、ましてやサッカーしてる最中の子供たちを
突っ切ったりするような輩ではないという事が。
























































つづく。
(※ピエロの情報を提供してくれた野良ミャオさん、どうもです)
[PR]

by kurukurupaaaa | 2009-01-10 04:44 | 街人  

恐ろしき仮面の人

昨年末、暮れの押し迫った夕暮れ時のこと。
つまり、暮れの暮れのことである。

俺は赤羽駅付近のスクランブル交差点にて、
一人、ボ~っと信号待ちをしていた。


c0152126_641567.jpg



その時、交差点の向こう岸に、とんでもない奴が
信号待ちしているのが視界に飛び込んできた。
























































c0152126_6421246.jpg














































c0152126_642215.jpg




それは、般若の様な顔をした不気味なバケモノ・・・
正確には、般若の様な不気味な仮面を被った人間である。

いや・・・般若というか、般若と、楳図かずおの『笑い仮面』を
足して2で割ったような仮面だろうか。

ともあれ、不気味なことには違いない。




















c0152126_6423717.jpg


それを見た俺は、声を上げて驚いてしまった。

何だ!?何だアイツ!!?

仮面を被っているだけでなく、周囲の人を威嚇するかのごとく、
両手を高く上げている。
服装は、黒っぽいフード付きのパーカーに、上下赤のパジャマのようなものを
着ていた。

一瞬驚いたものの、いくら赤羽でもコレは無いだろうと思い、
俺は「何かの撮影なんだろうなー」くらいに軽く捉えた。

しかし、どうも様子がおかしい。

向こう岸にいる人達が、どよめいているのだ。
向こう岸だけじゃない、こっち岸にいる人達も、
仮面の人の存在に気づくと、どよめき始めた。

「なにアレ」「おい、なんかあっちにいるぞ!」
「こわ~い!!」「キャー!!」

赤羽の人たちが、驚き、畏怖している。

これはただごとではない。


以前触れた、〝全身赤い服で身を固めた老人〟や、
〝パッと見、首の無い老婆〟、そしてペイティさん。
普通の人が見たら、十分ざわつくに値するレベルの怪人だと思う。

http://usurabaka.exblog.jp/7994554/(赤い老人)

http://usurabaka.exblog.jp/7965725/(首無し老婆)




しかし、赤羽人にとっては、ざわつくどころか
完全スルーの、ごくごくありふれた日常の光景なのである。
スルーどころか、彼らと笑顔で談笑してる赤羽人も多々いるし・・。

そんな非日常慣れした赤羽人が、同時に大多数驚く場面なんて、
俺はこの日初めて見た。


写真、写真撮らなきゃ!!












































































すいません撮影失敗です!!!

信号が青に変わり、仮面の人がこっち岸に渡ってくる時に
携帯での撮影を試みたのだが、こういう時に限って電源が入っていないのだ!!
俺の携帯は、原因はわからないのだが、たまに電源が切れてしまうのだ。

急いで電源を入れ、携帯を構えた時には、すでに仮面の人に
追い抜かされてしまった・・・。
























m(__)m

ぺこり。














































c0152126_6454763.jpg



俺は、なんとしてでも奴の正面の写真を撮影すべく、
尾行を試みることにした。

仮面の人は、信号を渡ると、そのまま吸い込まれるように
LaLaガーデンへと侵入し始めた。

LaLaガーデンといえば、赤羽で最も人通りの激しい
アーケード商店街である。
その、泣く子も黙る天下のLaLaガーデンのド真ん中を、
不気味な仮面を被った人間が闊歩する・・・・

その光景は、不条理としか言いようがなかった。




c0152126_646511.jpg



俺は、奴と2メートル程の距離を保ち、真後ろを尾行したのだが、
通り過ぎる人たちの反応が手に取るように分かって面白かった。

仮面の人に気づくと、皆一様にビクッと驚くのだ。
声を上げて驚くおばちゃんもいた。





























c0152126_6462782.jpg



仮面の人は、時折体をカクカク揺らしながら含み笑いをしていた。
その笑い声から、性別は「男」と判明した。



「奴は赤羽の人たちを驚かせて、その反応を見て楽しんでいるんだ・・・」

俺はそう確信した。










引き続き尾行。


アーケード商店街を抜けけると、仮面の人は赤羽公園へと入っていった。

公園内では子供達が無邪気にサッカーをしている。

驚愕すべきことに、奴はサッカーをしている子供達のド真ん中を
スタスタと横切り始めたのだ。




この、仮面の人が横切っている最中の場面には、
かろうじて撮影することに成功したぞ!!






























(o^∇^o)ノ.

イエーイ☆





















































\(○^ω^○)/

まだ見せないよーん






























































(*^・^*)

次写真いきまーす!





















































































































(*´(エ)`*) 

チンポチンポ☆






















































































c0152126_6482990.jpg













c0152126_6483769.jpg



写真です。

散々期待させたのに、不鮮明で申し訳ありません。

横顔なので、仮面の造形まではハッキリ見えないけれど、
何らかの仮面をつけているということはお分かりになられるだろうか?

写真撮影時、子供達はまだ仮面の人の存在に気づいていなかったけれど、





































c0152126_649265.jpg


気づくと同時に断末魔の叫び声を上げ、
サッカーボールを放置して一目散に逃げ去っていった。



俺も少年時代、よく公園でサッカーをしていたけれど、
その最中に不気味な仮面を付けた大人に横切られた暁には、
今以上に人格が歪んでいたと思う。

横切られなくて、本当に良かった。




































c0152126_6492245.jpg



仮面の人は、子供達が去った公園内で、
仮面の隙間から含み笑いを漏らしていた・・・




























































つづく。
[PR]

by kurukurupaaaa | 2009-01-04 07:00 | 街人  

読者からのメール

このブログの内容に関して、たまに興味深い内容のメールを
頂くことがある。

俺だけが読んで終わらせるには、非常に勿体無い内容なので、
今日は頂いたメールを、本人の許可を得た上で、
ここで公開しようかと思う。

メールの中で投げかけられた質問に関しても、
せっかくなのでこの場で返答しようかと思う。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 清野さま

はじめまして。
いつもブログや漫画を楽しく拝見させて頂いております。

日記のコメント欄に投稿しようかと思ったのですが、書く場がなかったのでメールしました。

突然ですが、猫ってパソコンのキーボードをたたくのが好きなの知ってましたか?


先日、いつものように 私がインターネット閲覧していたら、
うちの猫がキーボードをたたきに来て、行ってしまったのですが、

なんと 直後に

ペイティさんの歌声が・・・!!! 


直前にそのサイトを見ていたわけでも、
 昨日見ていたわけでもなく 見たのは2週間以上前なのに。

夜中に 一人で 怖くて怖くて
必死で 「閉じる」ボタンを クリックし続けましたよ。


こんな奇跡(?)は、やはりペイティさんだからでしょうか?


 S田より

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

S田さまへ


それはもちろん、ペイティさんだからです。


清野より





































ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

清野さんへ

突然のメールすみません。

この前、高田馬場のちかくのバス停で、バスから降りてくる
サラリーマン風の男性にむかって、ペイティさんらしき
おばさんが、キレていました。
(というか一方的に怒鳴りちらしていたのです)

聞き耳を立てて様子を伺っていたら、
「定時出社・定時退社してるんじゃないよ!!!」みたいな
ことを叫んでいました。

サラリーマンに恨みを抱えている様子でした。

清野さんみたいに盗撮する勇気がなく、
証拠の写真は無いのですが、
服装や雰囲気からして、多分ペイティさんだと思うのですが・・・

あれは果たしてペイティさんだったのでしょうか?

Mより

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Mさんへ

それは、間違いなくペイティさんです。

清野より

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー













































ペイティさんの目撃情報に関しては、
川口、大宮、新宿、原宿をはじめ、
関東圏の、割ととんでもない場所からも寄せられます。

最近赤羽で見かけませんが、ひょっとすると
アナタの町にいるのかも・・・・































































































オヒョヒョヒョー!!!
[PR]

by kurukurupaaaa | 2008-12-24 03:48 | 街人  

本日のおじさん・6

久々のおじさんシリーズです。

町で見かけた、自転車にまたがるおじさん。

c0152126_4263415.jpg


一見すると、どこにでもいる、
ごくごくありふれたおじさんです。

でも、写真を少し広げるとあら不思議。



















































c0152126_431055.jpg


























c0152126_4319100.jpg




ごくごくありふれたおじさんが、
ごくごく気のふれたおじさんに大変身。



頭に翼が生えてるみたいで素敵。
[PR]

by kurukurupaaaa | 2008-12-16 04:35 | 街人  

本日の赤羽駅前

c0152126_0283352.jpg















































c0152126_0285398.jpg



なんか居ましたが、危なそうな気配がしたので
スルーしました。
[PR]

by kurukurupaaaa | 2008-12-09 00:29 | 街人  

土曜の朝のメール

昨日の午前11時前のこと。
朝方まで飲んでた俺は、まだグウグウ寝ていた。


c0152126_43977.jpg



その刹那、携帯のメール着信音が
俺の睡眠を打ち破った。


二日酔いで気持ち悪い・・。


でも誰からのメールなのか気になるので、
起き上がって読むことにした。

携帯にメールがくるなんて数日に1回くらいなので、
すぐに読まずにはいられない。
世の中の誰かが、俺の事を必要としてくれているのだから・・・・





























c0152126_440824.jpg



メールは押切君からだった。

滅多に携帯メールなんてしてこない押切君が、
土曜の午前中に一体なんの用だろうか?



その内容を見た俺は、発狂しそうになった。
























































































c0152126_4404997.jpg




































c0152126_441699.jpg



ペイティさんが!?押切君ちの前に!?

そんな馬鹿な!!!

だって押切君ちは赤羽から遠く離れた高円寺だし、
百歩譲って高円寺の駅前にペイティさんがいるならまだしも、
押切君ちは駅から10分くらい離れた複雑な住宅街にある訳だし、
そんな場所にペイティさんがいる訳ないじゃないか!!!
何言ってんだ押切蓮介!!

いくら押切君からの情報とはいえ、信用できなかった。

世の中には、自分と似た人が最低三人はいるというし、
きっとペイティさん似のオバさんと、見間違えたのだろう。
もしくは漫画の描きすぎで、押切君は狂ってしまったのだろう。

俺はそう思った。











添付されてた二枚の写真を見るまでは・・・。



































































c0152126_4422383.jpg





c0152126_4423674.jpg




c0152126_4425467.jpg



画像は不鮮明だが、俺にはわかる!

見覚えのある柄の荷物、
見覚えのある頭の巻き物、
見覚えのある不恰好な靴、
見覚えのあるこの姿勢、
そして何より、写真からドクドク溢れ出る不穏なオーラ!!

間違いなくペイティさんだ!!!


しかもこの店、押切君のマンション一階にあるコンビニだ・・・




さっきまで二日酔いで気持ち悪かったけど、
二日酔いとは別の意味で気持ちが悪くなった。
























































c0152126_4433917.jpg



なので、寝た。


















































次は、アナタの家の前にペイティさんがやってくるかもしれませんよ。

イ~ヒッヒッヒ
[PR]

by kurukurupaaaa | 2008-11-30 04:47 | 街人  

危ない自転車の乗り方

中学生の頃、自転車に乗りつつ、
もう一台の自転車を運ぶという危険な荒業を
何度かやったことがある。

c0152126_551067.jpg



どうしてこんな乗り方をするに至ったのか。

恐らく、どこかに置き忘れた自分の自転車を、
友人から借りた自転車で取りに行って、
その帰り道にこの様な乗り方になったんだと思う。

行く時乗ってきた友人の自転車を持ち帰る為に。

あと、友人がどこかに置き忘れた自転車を
取りに行ってあげた帰り道などこういう乗り方になる。


皆さんの中にも、こんな乗り方をした方が
いらっしゃるのではなかろうか?



c0152126_552199.jpg


でも、お巡りさんに見つかる度に
自転車から降ろされ怒られたので、こういう乗り方はやめた。

まあ、俺が中学生だった当時、こういう乗り方は
危険こそあれど道路交通法には違反してなかったと思うので、
別にお巡りさんに怒られる筋合いなんて無いのだけれど、
お巡りさんの純粋な正義感が、俺を注意させたのであろう。

「子供を交通事故から守ろう」という、純粋な正義感が。

今振り返ると、確かに不安定で非常に危険な乗り方だったので、
むしろ注意してくれた事を僕は感謝する。



時は流れ、今年の六月。

道路交通法は改定され、自転車を運転する際のルールが厳しくなった。

具体例をいくつか挙げると、

自転車に乗りながらウォークマンを聞くのは禁止。
携帯電話使用も禁止。傘を差すのも禁止。

運転が不安定になる乗り方には、
5万円以下の罰金が課せられることになったのだ。

また、二台以上並んでの走行や、歩行者の通行妨害になるような
運転にも、2万円以下の罰金が課されることになった。

社会風潮的に、自転車運転のマナー向上が求められるようになってきたのだ。

冒頭に触れたあの乗り方も、今の時代では完全に法律違反で、
罰金刑になってしまうのだ。


ちょっと話がややこしくなりましたが、
以上の点を踏まえ、以下の写真をご覧くださいまし。



















































c0152126_55585.jpg


















































c0152126_564412.jpg


















































c0152126_565472.jpg


















































c0152126_57479.jpg




運転が不安定になる乗り方(罰金5万)+二台以上並んでの走行(罰金2万)

あと、ついでに無灯火(罰金5万)でした!

名誉の為に、どこの街のお巡りさんとは言いませんが、
もちろん赤羽のお巡りさんです。

ってゆーか、誰の自転車を運んでいるのだろう?

「事件現場にチャリ忘れてきちゃったからさ、ちょっとお前のチャリ貸してくんねえ?」

とか、そういう会話を想像してみる。





今回の記事は、お巡りさんに対する悪意に満ちている気がするけど、
実は今年の夏、無灯火のお巡りさんに無灯火を注意されたのだ。

「お巡りさんだって無灯火じゃないですか」

と指摘したら、そのお巡りさんは無言で去っていきやがった。

今日の写真付きの記事は、その時の恨みである。
[PR]

by kurukurupaaaa | 2008-11-25 05:17 | 街人  

本日の赤羽ララガーデン商店街

夕方、ボ~っと商店街を歩いていると、
とんでもないモノが視界に飛び込んできた。

















































































c0152126_515814.jpg







c0152126_521222.jpg




顔の無い女!!!

顔の無い女が看板持って、
商店街のド真ん中に立っている・・!!!
























































c0152126_522673.jpg



と思いきや、洋服の付いた看板を、女性店員が持ってただけだった。




これが、渋谷とか吉祥寺とかなら瞬時に

「あ、服付きの看板持った女が立ってて、顔のない様に見えるー」

って理解できたと思うんだけど、赤羽の場合、

「ついに出たか、モノノケの類が!」

って思ってしまうから不思議である。
[PR]

by kurukurupaaaa | 2008-11-19 05:05 | 街人  

柄の長い傘②

以前、柄の長すぎる謎の傘について触れた。

c0152126_0482386.jpg


これ、こいつ。
長すぎるでしょ、いくらなんでも。

結局、この柄の長い傘の謎は解けることのないまま、
やがて俺の記憶からも徐々に薄れていった。

そして、柄の長い傘のことなど完全に忘れ、
いつも通りの平穏な生活が戻った。



しかし。




戻ったと思ったら、新たな柄の長い傘が現れやがったのだ。
しかも、前回の傘より、更に複雑な感じで・・。

とりあえず写真を見て頂きたい。















































c0152126_0494990.jpg


こいつです。

今回のは、ビニール傘。

パッと見のインパクトや、柄の長さでは前回の傘の方が上かもしれないが、
こいつに関しては、掛けられてる場所込みで、更に問題が複雑なんです。

写真を徐々に拡大していきます。











































c0152126_181286.jpg





































c0152126_173440.jpg





































c0152126_0513848.jpg


お分かりになられましたか?

これ・・掛けようと思って掛けられる場所じゃないですよね?

しかし、掛けようと思わなければ掛けられる場所でもない。

誰が何の為に、柄の長い傘をわざわざこんな高い木の細い枝に掛けたのだろうか。
謎は深まるばかりである。


それにしても、短期間の間に立て続けに柄の長い傘を目撃するなんて。
普通、柄の長い傘なんて、人生に1回見るか見ないかくらいの確率ですよね?




なんだか最近、町に小馬鹿にされているような気がして、非常に不愉快であるが、
同時に非常に愉快でもあるので、別にいいや。
[PR]

by kurukurupaaaa | 2008-11-13 01:01 | 街人