「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:昔の日記( 16 )

 

初めての死体⑥

そんなこんなで本番スタート。

c0152126_224265.jpg

宇都宮線のホームで俺が目にした光景。

























c0152126_2244264.jpg

無残に引き千切られた肉片の数々が
すごい量の血と共に、線路の至る所に散らばっていた。

丸見えにも程がある・・・そのくらい丸見えだった。


死体。初めて見る、死体。
人は電車に跳ねられたら、こうなってしまうのか。

バラバラになった礫死体を、俺は舐め回す様に観察した。


























c0152126_225333.jpg

よく見ると、バラバラになった肉片の中に、顔の一部らしきものを発見した。
白髪交じりの頭から察するに、どうやら飛び込んだのは、初老の男性の様だ。

顔だけじゃなく、足や手など、原型をとどめたパーツが目に入る。





c0152126_2251879.jpg

ふと自分の足元を見ると、なんとこんな所にまで男性の肉片が・・・。
危うく踏む所だった。

不思議だったのが、恐怖心や気持ちが悪いという感情が一切起きなかった事だ。
自分でも驚くくらい冷静に、事の顛末を見届けていた。





c0152126_2254158.jpg

周囲には、死体を目にしたショックで、ゲーゲー吐く人がいた。










c0152126_22553100.jpg


これは大変不条理な事かもしれないが、俺は死体よりも、
生きてる人間の吐いたゲロに「気持ち悪い」という感情を抱いてしまったのだ。

バラバラ死体 < ゲロ

これはいくらなんでも、妙だ。








c0152126_226657.jpg


やがて作業員が、手馴れた様子でバラバラになった遺体を一つずつ回収し始めた。

これがついさっきまで生きてた人間だという事が、どうしても信じられなかった。


「ああ、そうか。気持ち悪いと思わなかったのは、これがヒトだと頭の中で認識できていないからだ」

俺はそう確信した。

人間、死んでバラバラになって、こうやって見ず知らずの人間に
ひょいひょい回収されれば、もはや「ヒト」ではなく「モノ」である。




























c0152126_2261959.jpg


将来、もし俺が発狂して、自殺する事になったとしても、
電車自殺だけはしないだろう。

そう思えただけでも、貴重な体験だったと思う。











もっとヒトの死体を見たい。
[PR]

by kurukurupaaaa | 2008-05-10 22:19 | 昔の日記 | Comments(60)  

初めての死体⑤

轢死体、ようやく下書き完成!

c0152126_3343226.jpg




c0152126_3344930.jpg
















c0152126_3351477.jpg



















c0152126_3352913.jpg






























c0152126_336136.jpg






























c0152126_3364176.jpg
































c0152126_3365863.jpg









































c0152126_3371325.jpg










































c0152126_338728.jpg







































































c0152126_3372655.jpg




























































c0152126_13462156.jpg




あとはぺン入れして色塗って文章書くだけで完成!

順調!!!
[PR]

by kurukurupaaaa | 2008-05-09 03:44 | 昔の日記 | Comments(50)  

初めての死体④

轢死体。





















































































c0152126_2205894.jpg

・・・を描く前の練習として、いくつかの異なった状況での死体を描いておこうと思う。
やはり、いきなり轢死体を描くのはハードルが高すぎる。

そんな訳で、まずは毒殺された死体。





























c0152126_2211668.jpg

銃殺された死体。
































c0152126_2213675.jpg

首吊り死体。














































次こそ轢死体を描くぞ!
[PR]

by kurukurupaaaa | 2008-05-06 03:16 | 昔の日記 | Comments(44)  

初めての死体③

死体登場。













































・・・その前に、一言。

すぐに死体を更新できなかったのは、別にジラそうとした訳ではなく、
やる事が溜まっていて、単純に忙しくて更新できなかったのです。

その間に、気付いたら皆さんの死体への期待は高まり、
結果的に死体のハードルを上げる事になってしまった様です。

これは大変恐れの多い事態と言っても過言ではないでしょう。

確かに僕の見た死体は、ぐっちゃぐちゃで、内臓とか・・ゴホッ、ゴホン!
失敬失敬。


でも、そんな死体の様子をアップしたところで、

実際に俺の見た死体 < 皆さん想像の死体

↑こんな感じになると思いますよ?


「んだよ~!散々ジラしてこれかよ~!!」と思うこと必至ですよ?



それでも見たいとおっしゃるのでしょうか。

その魂胆が、僕には理解できません。








































でも書きます!

僕は死体を、書きます!!
















































でも、もう少し時間を下さい!!!




































死体の代わり・・といっては何ですが、
可愛いフレンチブルドッグの絵を描いたので、
今日の所はこれでご容赦ください!!








































































c0152126_1223439.jpg




僕、数日以内に死体を書きます!!
一世一代の死体を、書いてみせますとも!!!
[PR]

by kurukurupaaaa | 2008-05-03 01:27 | 昔の日記 | Comments(47)  

初めての死体②

人身事故直後の現場。

そこに散乱しているであろう轢死体を見る為、
俺は宇都宮線のホームへと駆け上がった。



c0152126_3501656.jpg

そこで目にしたのは・・・

















































































































































































































































































c0152126_17214835.jpg


すいません、もうちょっと待って下さい!!
怒っちゃダメですよ、紳士淑女の皆々様ッ☆
[PR]

by kurukurupaaaa | 2008-04-29 19:53 | 昔の日記 | Comments(44)  

初めての死体

高校2年の秋。

あまりにもつまらない日常に、ついに俺の脳は
イカレポンチになってしまっていた。

この時期の朝の日課は、もっぱら朝刊での死人チェック。
c0152126_3512997.jpg

同世代の若者が、事件や事故で死亡した人数を数えては
ニヤニヤしたものだ。

「あーまだ人生長いのに、こんな事で人生無駄にしちゃって~」と。


無論、夜の日課も夕刊での死人チェック。
c0152126_3512997.jpg

最悪の日課である。

「俺もちょっと死んでみようかな~」と、遊び半分で首を吊ってみた事もある。
c0152126_348553.jpg

逝く三歩手前で止めるのがこの遊びのコツなのだが、
吊り加減を誤ると、向こう側に逝ってしまい兼ない危険な遊びである。

要は、死というモノを完全にナメきっていたのだ。

そんな時期のエピソード。













ある日の夕方、赤羽駅付近をフラフラしていた時の事だ。
c0152126_3483073.jpg


何やら駅前が騒然としている事に気付く。
パトカー、救急車、消防車の御三家が集結し、
野次馬どもでごった返しているではないか。

御三家のうち、一つでも出動すれば十分ヤバイ事態が想定されるのに、
御三家勢ぞろいである。

一体何が起こったのか全く想像できなかった俺は、
消防車から出てきた隊員の後を尾行する事にした。

隊員は足早に改札の中へと入り、埼京線のホームを駆け上がっていった。
俺は切符を買って改札を通過し、急いで隊員の後を追った。




























c0152126_3484650.jpg

埼京線のホームには、片面をビニールシートで覆われた車両と、
沢山の乗客らで溢れ返っていた。

どうやら人身事故の様だ。


「人身事故」


よく聞くフレーズではあるが、事故場面など見た事ないし、想像すらした事もなかった。
「ああ、また人身事故か」程度の感覚である。

しかし、今まさに自分の目の前で、その人身事故が起こっている。


「死体を見なければ」


不謹慎な話だが、当時の俺は、そんな衝動に駆られてしまった。

人は、電車に跳ねられたら、一体どうなるのだろう・・・?


しかし、肝心の死体があるであろう線路は、ビニールシートによって
遮断されており、完全に死角となってしまっている。

これじゃあ見ようにも見れない。


と、その時。




















c0152126_3495221.jpg

ビニールシートの微かな隙間から、対岸のホームにいる女子高生が
口元を押さえ、恐怖に慄いている様子が目に入る。

「あっち側からなら、丸見えなのでは?」

そう直感した俺は、急いで埼京線のホームを駆け下り、
対岸の宇都宮線のホームへ向かった。
c0152126_350460.jpg






























c0152126_3501656.jpg

するとそこには・・・・














































































次回、いよいよ死体登場!
[PR]

by kurukurupaaaa | 2008-04-28 03:56 | 昔の日記 | Comments(27)  

昔の日記⑩

すさみきった高校時代に書き記した日記の












































































































-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1997年9月5日(金)
c0152126_0532472.jpg

今日の体育はマラソン。
大沢とパートナーを組み、5週ずつ走る。
オレは「ラスト」と言ったのに、大沢はそれを聞き逃し6週走ってた。
「なんで言ってくれないんだよー」と怒ってた。
一生走ってろ。

c0152126_1162632.jpg


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1997年9月6日(土)
c0152126_0541433.jpg

今日は実力テストだというのに筆箱忘れる。
弁当からは何か汁が漏れてるし・・・

c0152126_054314.jpg

c0152126_0544981.jpg


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1997年9月9日(火)
c0152126_0552721.jpg

選択(授業)の時間、何者かがオレの机に「エディ」と落書きしくさる。
とりあえずA君をしめる。
その直後B君が「ごめん、落書きしたのオレ」と謝りにくる。
以後、A君と気まずくなる。

c0152126_0555298.jpg

c0152126_056620.jpg

c0152126_0561627.jpg

c0152126_0563369.jpg


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1997年9月18日(木)
c0152126_0565721.jpg

生活一般の授業中、徳永が針を指に刺してしまったらしく大声上げる。
人が「ギャー」と叫ぶのを初めて聞いたよ。

c0152126_0571194.jpg


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1997年10月1日(水)
c0152126_0572869.jpg

自分で吐いたツバが自分のシャツにかかってしまう。
守君からティッシュもらい、拭く。なさけない。

c0152126_0574982.jpg

c0152126_058140.jpg


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1997年10月3日(金)
c0152126_1214368.jpg

新聞読んでるとF君が「ウメガム食う?」と、ガムを差し出してくるが
オレは「プライドが許さない」と言い、拒否。
貴様のガムなどいらん。

c0152126_11233.jpg


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1997年10月4日(土)
c0152126_1122663.jpg

父がベランダで何かやってた。
隣のおばちゃんに「すみませーん」とあやまっていた。

c0152126_112468.jpg


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1997年10月5日(日)
c0152126_1132086.jpg

また父がベランダで何かやってた。
どうやら何かを解体している様だ。

c0152126_1134167.jpg


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1997年10月10日(金)
c0152126_114865.jpg

ホームルーム後、罰当番。教室のそうじをするハメに。
英語の授業中に『人間時計』を隠し読んでたのがバレた為だ。
しくじった。
当然、手抜きそうじ。

c0152126_1142398.jpg


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

つまらない日常は、まだ終わらない。
[PR]

by kurukurupaaaa | 2008-04-25 01:25 | 昔の日記 | Comments(19)  

昔の日記⑨

前回のつづき。

c0152126_247856.jpg

『夢コントロール法』、いよいよ実践スタート。

この日から俺は、その日見た夢を毎日日記に書き記す事にした。

以下、当時の夢日記より。






















------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1997年8月30日
c0152126_2494961.jpg

前田ぎんにスシを食わしてもらう。
c0152126_250799.jpg


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1997年8月31日
c0152126_2503654.jpg

チャリがパクられる。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1997年9月1日
c0152126_2513961.jpg

東武(デパート)でデブとマンザイする。
c0152126_2515322.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1997年9月2日
c0152126_2521054.jpg

・A君(高校時代のクラスメイト)がバスの中でカップ麺(麺のみ)を全身にまとい
ラ王の歌を歌いつつ頭から熱湯をかけ、最後に「ラ王ーっ」と叫ぶ。
c0152126_32471.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1997年9月3日
c0152126_2525285.jpg

サッカーでエースになる。得点を入れる事はなかったが、
人が点数を入れる手伝いをする。(金属バットを持ちながら)
c0152126_2531560.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1997年9月4日
c0152126_2533733.jpg

体の四角い動物を見た。
c0152126_253507.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1997年9月5日
c0152126_2541072.jpg

トカゲ(?)をなぐさめる。
c0152126_2543450.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1997年9月6日
c0152126_255334.jpg

自転車がかごなしで返ってくる。
c0152126_2552173.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1997年9月7日
c0152126_2554371.jpg

日本とアメリカが戦争をする。
我が家はなんとか無事だったが、近くの工場や
山本の家はむざんな姿に。
c0152126_2555972.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1997年9月8日
c0152126_251032.jpg

サッカーの試合で相手のゴールにスプーン一杯分のナタデココ入れる。
c0152126_2511760.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1997年9月9日
c0152126_2562522.jpg

パクッたチャリがパクられる。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------





























c0152126_2572698.jpg

実践してみたものの、ろくな夢を見やしない。
もうやめよう。
誰だよこんなの考えた奴。
c0152126_2575276.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


・・・チャリがパクられて戻ってくる下りが微妙に繋がっているのが興味深い。

それはともかく、俺は夢での薔薇色ライフを諦めた。












































そして再びつまらない現実が始まる。
[PR]

by kurukurupaaaa | 2008-04-14 03:19 | 昔の日記 | Comments(37)  

昔の日記⑧

高校2年生の夏。
c0152126_2072671.jpg

あまりにもつまらない毎日に、
俺の精神は限界に達しようとしていた。

そして、この腐りきった現実(腐りきってたのは俺の脳だが)から脱出する為、
俺はある画期的な方法を実践する事にした。

それがコレ。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
c0152126_2082845.jpg

c0152126_2084433.jpg


できたらいいね『夢コントロール法』

・夢を見たら、夢の中でこれは夢だ夢だと気づかせろ!
・目を閉じて眼球を動かす練習をする(習慣)
・目覚まし等は使わず、なるべく自分で目覚めるようにする。
・目覚めたら夢を記憶してメモをとる。
※寝る前に「これから自覚夢(自在に操れる夢の事)を見よう」と意識する。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「人間、人生の三分の一は夢の中なんだし、
その夢を自在にコントロールできれば、それはそれで楽しい人生と
いえるのではなかろうか・・・?」

「現実で成功しなくとも、夢の中で成功すれば、
それはそれで人生万々歳なのではなかろうか・・・?」

真意はこんな感じだ。


この方法、一体どこから持ってきた知識なのか記憶にないのが不気味だけれど、
夢をコントロールする為、俺は日々厳しいトレーニングに明け暮れた。

今振り返るとただの愚鈍な行為、もしくはただのギャグとしか思えないが、
当時の俺は真面目に実践しようとしていた。

要は、それくらい毎日が糞だったのだ。


果たして、俺は夢を自在に操る事ができたのであろうか?
楽しい夢ライフをエンジョイする事ができたのであろうか?





































c0152126_2091796.jpg






































つづく☆
[PR]

by kurukurupaaaa | 2008-04-12 20:15 | 昔の日記 | Comments(20)  

昔の日記⑦

夏休み・・いや、鬱休み後編。


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1997年8月18日(月)
c0152126_20361577.jpg

帰ってめしを食ってる時、母の学校でまた事件があったと聞く。
小四の子が中一に襲われたらしい。
c0152126_20362884.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1997年8月24日(日)
c0152126_20364331.jpg

24時間マラソンTOKIO山口。
7時30分ごろ戻ってくる。
くだらね~っ。
c0152126_20365419.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1997年8日25日(月)
夏風邪でダウンし、病院行った時の事。
c0152126_20374989.jpg

そして処方せんの所へ行くが、そこで一番前に座ってた
老夫婦に「若いね」と言われたような気がした。
もし本当に言ったなら、あの二人を殺す。
c0152126_2038574.jpg


これは説明付け加えないと危ないな。

老人からの「若いね」発言。
当時の俺は、嫌味だと捉えたのだ。
「私達の様な老い先短い老人は、もうすぐこのつまらない世界からオサラバできるけど、
貴様の様な若者はまだまだ先が長いよ~。せいぜいこの世でもがき苦しんでくださいな、アハハーン。」

・・・説明付け加えても危ないな。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1997年8日28日(木)
c0152126_20383139.jpg

うらりうらら→うらぎるなら byエヴァ

エヴァの主題歌の中の一節。
「ほとばしる熱いパトスで  思い出を裏切るなら」
の「裏切るなら」の部分を、ずっと「うらりうらら」と思い込んでて、
ついにこの日真実に気づく。

俺、バカだったんです。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1997年8月30日(土)
c0152126_2039596.jpg

でも、ま、いっか。この人生は。

c0152126_20392483.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

青春まっ只中の高2の夏休みと行ったら、普通はバイトに汗を流したり、異性とデートに励んだり、友人とどこかへ遠出したり、花火や盆踊りに行ったりするものだと思うのだが、俺はその権限の全てを放棄して、家で廃れていた。
今思えばこれだけ廃れた夏休みを送った事は、掛け替えの無い人生の財産だったかもしれない。
いや、掛け替えのある人生のゴミだったのかもしれない。

最近の自分はぬるま湯に浸かっているので、
あの当時の価値観に戻したいと思う。



オマケ。

この当時の唯一の楽しみ。
それは、街で変な物件を探しては、写真撮ってVOWに投稿する事。

c0152126_20395735.jpg

(『VOW9』101Pより)

で、5回くらい採用されたのがちょっとした自慢。
[PR]

by kurukurupaaaa | 2008-04-08 00:07 | 昔の日記 | Comments(27)