<   2008年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

中国人のN君

中学1年の時、同じクラスに中国人の留学生がやってきた。

c0152126_3956.jpg


それが彼、N君。

まだ日本語をしゃべれない為か、もしくは日本人の事が嫌いな為か、
彼が自発的に口を開く事はなかった。

しゃべらない上に、常に不敵な笑みを浮かべているので、
クラスメイト達は皆、薄気味悪がって、話しかけたりする事もなかった。






c0152126_393943.jpg

c0152126_395819.jpg

そんなN君を、俺達はけん制しつつ、一体どんな奴なのか
憶測し合ったりしたもんだ。

「拳法の達人説」や「スパイ説」、挙句の果てには「非童貞説」など、
突拍子も無い噂も駆け巡ったりもした。

一体N君がどんな奴なのか正体不明のまま、時だけが流れた。





















で、運動会が近づいてきたある日のこと。
誰がどの競技に出場するのか、担任の半沢先生が中心となってクラス会議が行われた。

c0152126_311247.jpg


ここで一番不人気な種目が〝1500M走〟である。
距離も時間も長いしキツいし、誰も率先してやろうとはしなかった。








































c0152126_31119100.jpg

一人を除いては。




































c0152126_3135448.jpg

そう、N君である。

































c0152126_3142157.jpg

クラス中は一瞬、し~んと静まり返った。

「よし、じゃあNで決まりだ!」

半沢先生の一言により、1500Mの走者は、N君に決定した。







その後の休み時間、俺達はN君での話で持ちきりとなった。

「やっぱアイツ、只者じゃねえよ!」
「走りに相当自信があるに違いない!」
「中国4000年の実力、楽しみだな!」


果たしてN君は、運動会でどんな走りを披露するのか・・・










































c0152126_3151836.jpg

乞うご期待。
[PR]

by kurukurupaaaa | 2008-07-28 03:18 | 友人  

初めての早退②

訳も分からぬまま、病院に連れて来られた俺。
一体、病院で何をされるのだろうか・・・?


ここからの記憶は、断片的である。





























c0152126_0324971.jpg





























c0152126_0331028.jpg


薄暗く、機械だらけの部屋に連れて行かれた俺は、
頭にカラフルな無数のコードのついたモノを被せられ、
ベッドに寝かされた。

「やばい、改造される!!!」

割と本気でそう思って、俺はガタガタと震えた。

母は部屋の外で待たされている為、医者と一対一。
本当に恐ろしくて仕方がなかった。




c0152126_0333797.jpg


こんな状況でいきなり寝ろなんて言われても、
それは無茶ってもんである。
ただでさえ寝つきが悪いというのに・・・





















c0152126_0335577.jpg

「くすり」というフレーズにビビった俺は、
反射的に「寝れます」と叫んだ。

医者は、どの様な手段を用いてでも、俺の事を寝かすつもりの様だ。

そんな、得体の知れない「くすり」で寝かされて、レイプでもされたら
たまったもんじゃない。まだ童貞なのに。

(ここは寝るフリをして、この場を乗り切ろう)

俺は心の中でそう決意した。






























あの時俺は、寝るフリをしていたのか本当に寝てしまったのか、
今となってはよくわからない。

c0152126_0341457.jpg


頭にコードをつながれたまま、プカプカと幽体離脱をしていた様な気もする。

終始状況を飲み込めないまま、診察(?)を終え、
俺は母と病院を後にした。































病院を出た後、母と文房具屋に入った。
c0152126_0344385.jpg

病院で頑張ったご褒美だろうか、ドラゴンボールの下敷きやら匂い玉やら練りケシやら、
好きなモノを沢山買ってもらい、帰った。
c0152126_035331.jpg


よくわからないけど、病院での検査の結果、「大丈夫」だったらしい。




・・・と、記憶はここまで。
あまりにチンプンカンプンな出来事だった為、
この日の記憶はしばらく脳裏に封印されたままだった。

で、割と最近になって「そういえばあの時のあの出来事は一体何だったのだろう?」と、
ふとしたキッカケで思い出した。
考えた結果、俺の出した結論は


「妄想」

もしくは

「すべて夢」

というものだった。

当時から妄想壁のある、夢見がちな人間でしたからね。





















で、ある日ある場所でなにげなくこの話をした所、
驚くべき事に、数人の人が俺とまったく同じ体験をしていたのだ。

「あ、それ俺もある!!」「私も同じ事された!!」って。


そして全てがわかった。





あの時俺が病院で受けたのは、「改造」でも「レイプ」でも無く、


「脳波検査」

だった様だ。

情緒不安定な子供の脳を調べ、異常があるかどうかを調べる為の検査だ。

おそらく、担任から俺の母に通知がいったのだろう。

「お宅の息子さんの頭の様子が心配なので、一度ちゃんと検査を受けてみてはいかがでしょうか?」

って。


で、早退してまであんな不気味な検査を受けさせられたという訳である。
おのれ担任の小池けい子(逆さから読んでもコイケケイコ)め!!




でもまあ、結果的に「大丈夫」だったようなので、良しとしようと思う。
こうやってインターネットとかも一人でちゃんとできてるし。
[PR]

by kurukurupaaaa | 2008-07-21 00:41  

あああああ

『ロフトの上の人』後編アップできたそうです。

http://bccks.jp/bcck/13302

遠藤さんありがとうございましたー!




初めての早退の続きはもうしばしお待ちを。
今、酔っ払ってるんで。
[PR]

by kurukurupaaaa | 2008-07-18 00:54 | 昔の漫画  

初めての早退

元気だけが取り得だった俺は、小・中学生時代を一貫して
無遅刻無欠席だった。

別に、毎日行きたいほど学校が好きだった訳ではないが、
風邪の一つも引かない上に頭痛の一つもしないし、生理も男だから無いし、
休む理由が無かったというのが本音である。


遅刻と欠席は皆無だったけれど、一度だけ早退をしたことがある。
それも、得体の知れない不気味な早退。

その早退を振り返る。



あれは確か、小学校3年生の午前授業の最中のことだったと思う。

何者かが教室の戸をノックし、ガラリと開けた。

c0152126_342278.jpg


ノックの主は、眼鏡をかけた40才前後の知らないおばさんだった。

いや、よく見ると、以前どこかで会ったことある様な気もするぞ。

知ってるおばさんだろうか?


ってゆーか、俺の母だ。


母は、担任の小池けい子先生(逆さから読んでも小池けい子先生)と
小声で何かを話し合うと、俺に早退する準備をする様、指図した。
c0152126_344335.jpg

そして、訳も分からぬままランドセルを背負わされると、
母に強引に手を引かれるような形で教室を後にした。

c0152126_345857.jpg

学校に行く時に、一応早退する旨は前もって知らされていたけど、
肝心の理由は教えてもらっていなかった。

母も自分の仕事を早退して俺を迎えにきている訳だし、
タダ事でないことだけは察しがついたが・・・。

c0152126_351651.jpg

不安がる俺を、母は笑顔で和まそうとしたけど、
それが返って俺を不安にさせた。

歩くこと20分。
目的地と思われる場所に到着した。

それは・・・











































c0152126_353294.jpg

病院である。






























つづく。
[PR]

by kurukurupaaaa | 2008-07-14 03:16  

ロフトの上の人

bccksの遠藤さんが、昔の漫画をアップしてくださったので
お知らせしておきます。

http://bccks.jp/bcck/13302

この話に出てくる主人公の部屋のモデルは、3年前まで俺が実際に住んでた赤羽のアパート。
1ルームの、ロフトつきの狭いアパートだった。
たまにロフトの上に人の気配がする不気味なアパートであったが、
それがキッカケで生まれたのが、この



         ン

                   ガ



暇な人は、ご賞味あれ。



それにしても、遠藤さんのコマ運びのセンスには、
毎度ウヒャアと驚かされる。
自分が描いた漫画じゃないみたい。

これからもこんな感じでよろしくお願いいたします!
[PR]

by kurukurupaaaa | 2008-07-10 22:01 | 昔の漫画  

こんばんは

しばらく放置してしまいました。

また今日から僕と遊びましょう。

その前に、最近右手を駆使してかいたモノの告知数点。

パチンコ777(発売中)

数ヶ月に一度、増刊の方で「パチンコ店で見かけたきちがい」をテーマに
好き勝手描かせてもらっていたのだが、この度本誌に初掲載。
パチンコ知らない上に、覚えようともしない俺を
毎回陰で色々サポートしてくれる担当高木氏には、頭が上がりません。
たまに頭上げますけど。

c0152126_19565077.jpg


今回は、現在肝硬変と闘病中の、鈴木さんと打ちに行った話を描きました。


週刊ヤングサンデー(木曜発売)
もうすぐ休刊になってしまうヤングサンデーにて、
また描かせてもらいました。しかも今回は二本立て。

一本目は『ナイス街!』シリーズ六話目。
路上ミュージシャンどもを罵倒する遊び。

二本目は『我らアソコ高校帰宅部』という、非常にベタな学園ギャグもの。
メジャー誌に載りやすい漫画ってこういうの?こういう、刺激少ない無難な、こういうやつ?と、
半ばヤケになって描いたら本当に載った。

『月収15万円ライフを100倍楽しむ本』(7月23日発売)
3千円以内で楽しめるデートプランを11P描いてくれといわれたので、
3千円以内で楽しめるデートプランを11P描いた。


マス
右手でマスをかきました。
そんなオチいかがっすかー。

どれも気が向いた人だけ読んで下さいまし。






















オマケ。
もうすぐヤンサンを離れる担当前田氏と、以前赤羽で打ち合わせをした時のエピソード。

c0152126_1958710.jpg

深夜3時頃、赤羽のデニーズで打ち合わせを終えた俺達は、
駅前のタクシー乗り場へと向かった。
前田氏がタクシーで帰る為だ。



と、その時。




c0152126_19582256.jpg

無数の放置自転車の中で黙々と何か作業している、一人の警察官を発見した。

c0152126_1958378.jpg


c0152126_19584717.jpg


人気の無いこんな時間に、邪魔な放置自転車に警告ステッカーを貼るその姿に、
俺達は感心した。
警察官も大変だな、ご苦労なことだな、と。















しかし・・・・・



















その直後にとった警察官の行動に、俺達の感心は、
一瞬にして水の泡となった。





































c0152126_19595686.jpg


























c0152126_200736.jpg






























c0152126_2001883.jpg







































c0152126_2002989.jpg



警察官は警告ステッカーをくちゃくちゃに丸め捨て、
チャリにまたがって鼻歌まじりに深夜の赤羽の街に消えていった。

彼は、放置自転車に警告ステッカーを貼っていたのではなく、
自分が放置した自転車に貼られた警告ステッカーを剥がしていたのだ・・・・
































c0152126_2012939.jpg


「この街、ダメだ・・・」

前田氏はそう呟いて、膝から美しく崩れ落ちた。



俺は嫌いじゃないですよ、こういう人間味に溢れた警察官。




余談だが、俺が前住んでた赤羽西付近で、おばさんに向かってチンポを露出した警察官が
逮捕されるという事件もあった。
余談というより、もはや冗談である。


以下ネットより転写。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
東京都北区の路上で下半身を露出して女性に見せたとして、警視庁は30日、公然わいせつの疑いで警視庁●●署刑事組織犯罪対策課の巡査部●岡●幸容疑者(37)=北区赤羽西=を逮捕した。  調べでは、●岡容疑者は30日午前5時40分ごろ、自宅から約1キロ離れた北区赤羽台の路上で、下半身を露出して出勤途中の50代のパート女性に見せた疑い。  女性によると、以前から数回にわたり同じ男に同様の行為をされていたという。女性の家族2人が離れて付いて行き、露出した後の●岡容疑者を見つけて取り押さえ110番したという。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




俺は嫌いじゃないですよ、こういう人間味に溢れた警察官。
[PR]

by kurukurupaaaa | 2008-07-09 20:04