「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

お誕生日プレゼント

この前、一年に一度、誰にでも訪れるあの日が
俺のところにもやってきた。

死に一歩近づく、アレです。アレ。

医学用語でいうところの、「お誕生日」というやつ。

別におめでたくもなんともないのだが、
こんな俺にもお誕生日プレゼントをくれる温かい人たちがいる。





プレゼント①

c0152126_15414379.jpg


北区某所でスナックを営むママからのプレゼント。












































c0152126_15415499.jpg


九谷焼の大きな花瓶と、花束。
いくらするんだろう、これ。

「ママの使い」と名乗る、黒メガネの男が、
うちまで届けてくれた。

一番不気味だったのが、ママに俺の誕生日を言った記憶が
全くないことだ。
気を遣わせたくないので、誕生日2、3ヶ月前くらいからは
誕生日聞かれても誰にも教えないし。
その前にも言った記憶がないし。

ママには霊感あるので、きっと霊感で調べたんだろう。


俺の貧相な部屋には似合わないけど、
花が枯れるまで、おもむろに花の香りをクンクン嗅ぎまくろうかと思います。





































プレゼント②

c0152126_15421465.jpg










































c0152126_15422381.jpg


北区某所で居酒屋を営んでいた、愉快な夫婦からのプレゼント。







































c0152126_15423621.jpg


10数色入りのカラーペン。
いくらするんだろう、これ。

このペンで、俺の汚い過去を綺麗に塗り替えよーっと。


































c0152126_15463111.jpg


二つを並べてみた。

どちらも、贈り主の個性がよく現れていて、
非常に気に入っている。

大切に使わせていただきます。


















































なお、わたくしのカバンには、
まだ若干の余裕がございます。
[PR]

by kurukurupaaaa | 2009-03-30 15:47 | Comments(50)  

あの人は今

最近あまり触れていない山本君に関して。

c0152126_447549.jpg


最近の彼のことを、どう説明していいものだろうか。

いちいち説明するのもめんどくさいので、
俺と彼とのメールのやり取りを勝手に公開してしまおうと思う。

メールの内容からお察しください。



































c0152126_4403036.jpg































どうしよっかなあ。めんどくせえなあ。










































c0152126_441485.jpg






































いつ返してくれんのよ?





































c0152126_4412238.jpg









































貸すよ。



















































c0152126_4414144.jpg























































c0152126_4415153.jpg
















































またかよ。この前貸したばっかだろ?






















































c0152126_4421266.jpg





















































貸すよ。




































































c0152126_4423256.jpg



























































そんな感じです。
[PR]

by kurukurupaaaa | 2009-03-19 04:45 | 友人 | Comments(40)  

やはり、この赤羽といふ町には

c0152126_2255341.jpg






























































c0152126_22554447.jpg


道路交通法という法律は、存在しないようだ。
自信が確信に変わったね。













































c0152126_2256183.jpg


もう一匹。











































c0152126_2256447.jpg


横断歩道の上を走ってないから信号無視じゃありませーん、という作戦だろうか。
俺も今度から、この作戦でいこう。

いや・・これは「道路交通法を軽視庁」という、体を張ったギャグに違いない!!
すげえ!!!






























赤羽に道路交通法無し(自信編)↓
http://usurabaka.exblog.jp/10200124/
[PR]

by kurukurupaaaa | 2009-03-17 23:07 | 街人 | Comments(27)  

確定申告をしにいったこと

先日、確定申告をしに、板橋税務署まで行ってきました。
いわずもがな、自転車で。

普段、散々赤羽をネタにしておいて何ですが、
実は俺、北区民ではなく板橋区民なのです。

まあ、色々お世話になっているので、さすがに来年からは
北区に税金納めるつもりでありますが。

住民票までは移さないけど。


で、税務署員とのつかみ合いの押し問答の末、
なんとか申告を確定させることができた。

税務署からの帰り道、毎年必決まって通りかかる、
お気に入りの物件がある。

それを見ると、

「嗚呼、今年も無事確定申告終わったなあ」

って、しみじみ思うほど、必ず通りかかるのだ。




それがこれ。


c0152126_20441420.jpg



「きりんびる」


どうして「きりんびる」というのかというと、















































c0152126_20442878.jpg




























c0152126_20443796.jpg


屋上にきりんがいるから「きりんびる」なのだ。
なぜきりんがいるのかまでは知らないけど。


これは以前、ホームページの日記でも触れたけど、
大切なことなので、このブログでも触れておくことにした。
[PR]

by kurukurupaaaa | 2009-03-13 20:44 | Comments(39)  

赤羽の母(後編)

つづき。


c0152126_433526.jpg


〝赤羽の母〟と対面した俺。

彼女の、全てを見透かすかのような、
鋭い眼光が突き刺さる。



母「今日は何を聞きにきたの?」

俺「えっと・・・じゃあ仕事がうまくいくかどうか
占ってもらえますか?」

母「なあに?」

俺「いや、だから仕事について・・」

母「え?」

俺「仕事!!!」

母「は??」

俺「??」


































母「耳が遠いんで、もっと大きな声で話してくれるかい!!!」













耳の遠い占い師!!

赤羽ノリだ!!!


この瞬間、俺は自分の未来よりも、
このおばちゃんの過去を知りたい衝動に駆られてしまった。

どんな人生を歩み、どうして赤羽で占いをやるに至ったのか。

その全てを根掘り葉掘り聞き出してやった。

普段、人のプライベートな話を聞くのが〝赤羽の母〟の仕事。
自分のプライベートな話を聞いてもらえたのがやたら嬉しかったのか、
すごい勢いで自らの人生を語り始めた。


c0152126_4334959.jpg













































c0152126_434522.jpg



























































c0152126_4341569.jpg



その語りっぷりは、写真の表情からもお察し頂けたかと思う。

ここまで愉快な人だとは思わなかった。
とみせかけて、実は少し思っていた。
だからここに入ったのだ。





〝赤羽の母〟に、俺が赤羽の漫画を描いてる旨を説明し、
この日の出来事を描いてもよろしいものかとお願いしてみたところ、

「どーぞどーぞご自由に」

という、大変お心強いお言葉を頂いたので、
近々描かせもらうことにした。
〝赤羽の母〟のベールに包まれた過去は、
そこで掘り下げようと思う。

あと、俺の占い結果も。































オマケ。

最近赤羽で接した人たちの写真。


c0152126_4352132.jpg


場末のスナックにて。
隣のテーブルに居合わせたおばちゃん集団に
絡まれたので一緒に飲む。
「若いエキスを吸わせて欲しい」と、
何度もしつこくお願いされたけど、拒否。










































c0152126_4353414.jpg


場末の小料理屋にて、ご主人と。











c0152126_4355262.jpg


彼の作る創作料理は、どれも愉快なネーミングだ。
愉快と同時にかなり不快なのだが、
味がとても美味いので、僕は貴方の存在を許容します。















































c0152126_43648.jpg


ゴミ屋敷の婆さんと。

『必殺仕事人』を観ながら、ビールを飲む。
生のたまねぎを肴に。

仕事人が仕事してる最中にトイレ借りようとしたら、
少し怪訝な顔をされた。






















































たまには若い女性と会話したい。
[PR]

by kurukurupaaaa | 2009-03-09 04:41 | 街人 | Comments(33)  

赤羽の母(前編)

赤羽駅前にある、緑色の細いビル。


c0152126_4471018.jpg



このビルの三階に、赤羽を代表する占い師がいる。
そう、あの、泣く子も黙る、〝赤羽の母〟だ!


・・・まあ誰も〝赤羽の母〟なんて呼んでませんけど。
俺が勝手にそう呼んでるだけですけど。
いや、一回も占ってもらったこと無いし、
話したこともないので、正確には呼んでもいない。
ただ、思ってるだけ。

・・・いや、思ってもいないな。

正直、今考えついただけである。

でもここは敢えて、〝赤羽の母〟と呼ばせて頂く。


彼女の存在は、10年近く前から気になっていた。
その辺の街角とかスーパーとかで、しょっちゅう見かけるんですもの。

いつか占ってもらいたいと、長年、漠然と思ってたのだが、
今年は赤羽に金を遣いまくると決めたことだし、、
今日こそ〝赤羽の母〟に占ってもらおうと決起した。


































c0152126_44727100.jpg


早速ビルに潜入し、ドアの前に立ってみる。

この向こうに、〝赤羽の母〟がいる・・・


うおおお、なんか緊張してきた!!!























c0152126_4473742.jpg


ドアには、

「ボタンを押して下さい」
「ノックしてください」

と、二つの指示が書かれている。

(俺を試しているのか・・?)

すでにここから占いは始まっているとニラんだ俺は、
ドアの前でしばし考えあぐねた。











































c0152126_4474752.jpg


結果、ボタン押しつつノックをしてやった。

































ガチャ・・・











































































c0152126_448272.jpg


〝赤羽の母〟登場!!





な・・・なんか、至近距離で対峙してみると、
厳粛で怖そうな雰囲気のおばちゃんじゃないか・・・。


少しでもふざけた事を言ったりしたら、
怒鳴られる可能性もある。
水晶で眉間をカチ割られる可能性だって出てきたぞ。

俺は、軽い気持ちで入った事を後悔した。
























































つづく。(来世に)
[PR]

by kurukurupaaaa | 2009-03-03 04:58 | 街人 | Comments(39)