「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

さようなら、こんにちは

「東京都北区赤羽」第③巻で、謎の廃寺・正光寺についての詳しい話を聞かせてくれた、
場末の某居酒屋の老婆。

③巻が完成した時、本を老婆に持っていった。
掲載された自分の写真や物語を見て、照れくさそうにしつつも、喜んでくれていた。

それから一週間ほど経った先日、老婆から電話あった。

・・怒っていた。

話を聞くに、赤羽の古くからの友人に苦言を呈されたらしい。
「あんな漫画に顔や店を出すことは、世間に恥を晒すようなことだ!」と。

友人からの忠告にハッと我に返った老婆は、俺の漫画に協力してしまったことを
深く後悔しているようだ。





















c0152126_0581431.jpg



俺は老婆から、心のマイミクを削除、つまり絶交されてしまったのだ・・・。

確かにあのネタに関しては、写真掲載の承諾をもらったとはいえ、
説明不足、配慮不足だった。老婆への老婆心も不足していた。

漫画の中で「ゴミ屋敷」扱いしちゃったし・・。
(その表現も、許可もらったつもりであったけど)

深く反省した俺は、長々と謝罪文を書いて、店の入り口にそっと置いてきた。
お婆ちゃん、不快な思いをさせていまい、本当にごめんなさい。

もし赤羽のどこかであの店を見つけても、今は老婆にとってデリケートな時期なので
どうかそっとしておいてあげてください。

そして漫画のことには絶対触れないでください。









































そして、別れあれば出会いあり。


老婆に絶交され、落ち込み気味で赤羽を歩いていた先日の夕方。

前方から、見覚えがあるような無いような、老人が歩いてきた。

























c0152126_059745.jpg


③巻の冒頭で触れた、赤い老人・・


























c0152126_0592646.jpg


・・・が、全身緑になったバージョンの老人。

赤い老人はここ何年も見かけてないが、なんだこの緑の老人は!


c0152126_0595513.jpg


顔はちょっとわからないけど、件の赤い人と歩き方や雰囲気が、どうも似ている。

同一人物だろうか?
なんで赤から緑に?
マリオとルイージ的な兄弟?
赤いきつねと緑のたぬき?



なんとも不条理な展開に、しばし思考がマヒする。

話しかけたい。

話しかけたいけど、口実がない・・

一体どうしたら・・?










































c0152126_102070.jpg


口実なんてどうでもいい。

口実なんて、後からついてくる。






c0152126_11969.jpg



俺「あの・・数年前まで全身赤い恰好してました?」


思い切って尋ねてみた。




























緑の老人「・・・うん、してたよ」

うおおおおおお!!

やはり彼は元・赤い老人、赤い花屋だった!!!

うおおおおおおお!!数年越しの夢の接触!!!!
この数年間、俺は彼と直接話をしたいとう願望をずっと抱いていたのだ!!

c0152126_11969.jpg


しかし、いざ本人を目の前にした俺は緊張と興奮で体も声も震え、
即・職質レベルの、完全なる不審者と化していた。

この機会を逃したら、もう次はない!!



c0152126_13265.jpg


俺は長年彼を知ってるけど、彼からしたら俺は初対面の不審な若者。
心など開いてくれるはずもなく、黙って睨まれてしまった・・。





c0152126_13265.jpg


どうしたら俺を信用してもらえるだろう?
どうしたら俺をわかってもらえるだろう?
どうしたら俺の貴方へのこの溢れ出る興味心を理解してもらえるだろう?

嗚呼、僕は貴方と、貴方とただ仲良くしたいのです。貴方のことを知りたいのです。
声にはならない声が、心の奥で空回り。




c0152126_13265.jpg


しかし、あせればあせるほど言葉にできない。

もう無理だ・・・

































c0152126_134747.jpg


「うち、くる?」

唐突に、老人が予想だにしない言葉を発した。

この時、目には見えない不思議な力を、確かに感じた。
俺の老人への熱い気持ちが、言葉を超越して老人に伝わり、
その全てを悟った上で許容してくれたのだ。

そう、あの時、俺と老人は心で間違いなく性交をした。

じゃなきゃ、あの流れで「うち、くる?」的な言葉など、絶対出ない。


























c0152126_141149.jpg


もはや行かない理由などなかった。










































































c0152126_144018.jpg






























続く。
[PR]

by kurukurupaaaa | 2010-01-28 01:05 | 街人 | Comments(62)  

ギョームレンラク

先程、久々にサイン本を描いて納品してきました。

ブックストア談赤羽店、ブックエキスブレス赤羽店、ブックスページワン赤羽店の3店舗に。
イラスト入りでけっこうちゃんと描いたので、まだ読んでいない方はこの機会に是非
よろしくお願いします。

明日には店頭に並んでると思われます。





























以上ー!
[PR]

by kurukurupaaaa | 2010-01-23 00:59  

ザ・雑記

こんにちは。

単行本を早速買ってくださった皆様、ありがとうございます。
皆様から頂いたご意見、ご感想等、噛み締めつつ拝読させて頂きました。
今回はオマケとして、くだらない日記を付けたのですが、
赤羽の本屋さんは勿論のこと、他の本屋さんでも割ともらえるらしいです。
http://natalie.mu/comic/news/show/id/26354



★訂正★

3巻で扱ったネタに関して一つ訂正があります。
コメント欄でもご指摘頂きましたが、
廃寺・正光寺の境内にある観音様の位置について、
移動したという説を元に漫画を描きましたが、
これは昔から現在の位置のままだったようです。
4巻が出たら、改めて訂正しようと思っております。
すみません。









★お礼参り★

漫画に出てもらった方々に本を届けに行った。

「赤い花屋」の情報をくれた「カラオケ居酒屋とんとん」のママに
挨拶しに行ったところ、俺の存在を忘れられ、すごく不審者扱いされてしまった。
あと、「赤い花屋」のことも忘れてしまったらしく、
「こんな人いたっけかな?私知らないわあ」とあしらわれてしまった・・。
音声にははっきり残っているのだが・・。

キツネにつままれたような気分である。


あと、「赤羽の母」に本を届けに行ったところ、
頼んでもいないのに勝手に占われた。

で、遠まわしに「アンタ今年大怪我して死ぬかも」よ的なことを言われた。

おっしゃ、どんとこい!









★無料配信★

ケータイ漫画王国の無料配信、ずいぶん好評だったらしいので
再度ここにコードを載せておきます。

c0152126_0275320.jpg


無料だけでなく、有料のほうも頼みますよ。
読まれないと、打ち切られちゃう。



















★池田先生★

c0152126_0292440.jpg


昔このブログで触れた池田先生(「バカ男子」に収録済み)から
年賀状が届いた。
住所分からず送れず終いだった「バカ男子」を送ったところ、
温かいお手紙と共に、お年玉まで頂いてしまった・・。


c0152126_0301046.jpg


c0152126_0295062.jpg



本当に心の優しい、素晴らしい先生です。

よーし、この金でピンクサロンに行くぞ!
死んでも行きません!このお金は多分一生遣えません!




★年賀状★

今年書いた年賀状のうちの何枚かに、
お年玉番号周辺に卑猥な言葉を書いて送った。
当選して商品と引き換えに行く際、恥ずかしい思いを
させてやろうという魂胆である。

c0152126_032032.jpg


昔は油性のマジックで番号を塗りつぶして送ったりしてたので、
だいぶ丸くなったもんである。











★1月16日★

3巻の発売日の夜、得体の知れない不安感と孤独感にさいなまれ、
赤澤氏を飲みに誘ったところ、快く応じてくれた。

c0152126_0321640.jpg


どこで飲もうか赤羽の街を闊歩していたところ、













c0152126_0322897.jpg


見覚えのあるタイ人女性に、奇声を上げられながら
後ろから羽交い絞めにされた。



c0152126_0334814.jpg


以前ブログでもちょこっと触れた、タイ料理屋のママ、ワニダさんである。
この人、客にケンカ売ったり意味無く道で奇声発したり、
挙句の果てには中国のマフィア複数人相手に一人で戦い挑んで死にかけたりと、
かなり頭のアレのレベルがアレな人でなのである。

そんな人が俺に羽交い絞めまでして、一体何の用だというのだ?



c0152126_034325.jpg



なんでも、今店内に俺の漫画を読んでお前に会いたがってる読者がいるから、
来いという。

・・・羽交い絞めにされず、普通のテンションで普通に店に招いてくれたのなら、
俺は喜んで行っただろう。



c0152126_0342589.jpg










c0152126_0344213.jpg


しかし、路上で羽交い絞めにされ、パニックに陥った俺は、
反射的にワニダさんを振りほどき、逃亡した。























c0152126_0345997.jpg


しかし即、捕まってしまった!(撮影赤澤氏)
















c0152126_0351663.jpg


しかし即、振りほどき










c0152126_0352835.jpg


再び逃走!!


で、別の居酒屋で1時間くらい飲んでから
















c0152126_035438.jpg


ワニダさんに復讐しに行った。
店のドア越しに変な顔して、小馬鹿にしてやったのだ。






















c0152126_03627.jpg




























c0152126_0361426.jpg
























c0152126_0362289.jpg




































c0152126_0363344.jpg







































三巻売れますように。
[PR]

by kurukurupaaaa | 2010-01-19 00:41 | Comments(60)  

あの人は今

c0152126_1653385.jpg


『東京都北区赤羽』の主人公といってもいい、この人。
居酒屋“ちから”のマスター。

よく読者の方から「“ちから”の場所を教えて欲しい」との質問を頂きますが、
残念ながらもう“ちから”はこの世に存在しません。
お潰れになられてしまったのです。

ではマスターは今、何をしてるのか?


















c0152126_16535714.jpg
































c0152126_1654979.jpg






































c0152126_1654227.jpg



入院しています。

病名は末期の「馬鹿」で、医者も手術の施しようが無いと、諦めています。
今はただ、死を待つだけの日々を静かに送っています。

・・というのは冗談で、内臓の病気で入退院と手術を繰り返す日々を送っております。
まあ、すぐ死ぬような病状でもなさそうだし、
マスターは不死身なのであまり心配していませんが。

写真をご覧頂ければ分かると思いますが、大丈夫です。
大丈夫じゃないけど、大丈夫です。

昔のマスターと大きく変わったことといえば、
服用している薬の副作用で、体内の女性ホルモンが活性化され、
髪が生えてきたことだろうか。ハゲが嘘みたいに治ったのだ。

あと、胸も膨らみだし、性格も女性化し、
「清野さんになら尻の穴を貸しますよ」的な不気味なことを
よく言ってくるようになった。





























全然大丈夫じゃないけど、大丈夫なのです。
[PR]

by kurukurupaaaa | 2010-01-13 16:55 | 先生 | Comments(45)  

おめでたくない人

新年明けて、もう10日が経つんですね。
早いものです。

この調子で、気づいたら2010年も終わって2011年も終って2012年も終わって、
気づいたら俺の人生も終わっていることでしょう。
そんなもんです。


一つ告知。

ケータイまんが王国で連載中の『東京都北区赤羽』ですが、
今週金曜配信の回が無料配信となります。
のインフォメーション欄にあるQRコードから
簡単にアクセスできますのでどしどし読んでくださいね☆

あと、単行本未収録のエピソードもあったりするので、
有料の方(1話40円)も是非読んでくださいね★



・・・さて今日は、新年明けたところで、おめでたくも何ともない人を
紹介しようと思います。















c0152126_3571626.jpg


それは彼、山本君。
このブログでは久々の登場か。

彼をここでネタにしていないからといって、
俺への借金の申し出がなくなったわけではない。

































c0152126_35732100.jpg


今も現役バリバリである。
2、3ヶ月に1回くらいのペースで貸してるだろうか。

で、今回、新年早々こんな申し出があったので、
喜んで貸すことにした。





c0152126_3574314.jpg


1月5日。
待ち合わせ場所に、山本君がやってきた。























c0152126_46548.jpg



新年の挨拶どころか、「よう」とか「おう」とか「おっす」とか「うっす」とか「ちっす」とか、
そういう一般的な挨拶の類を一切交わすことなく、
会うなり「ダメだ」の一言である。


これだから山本君はやめられない。
SUKIである。

金をカスに貸す前に・・・もとい山本君に貸す前に、
最近の彼の身の上話を聞かせてもらう。

諸事情により、常にお金に困ってる山本君であるが、
一応は社員として立派に働いている。
で、この不景気のご時世に、会社からボーナスが出たという。
その額なんと12万!!

「この12万でお正月は遊びまくろう!」

山本君はルンルン気分でそう決意したそうな。

2010年元旦。

c0152126_3583544.jpg


前触れなく、激痛と共に差し歯が取れた山本君。
歯医者に行こうにも正月なのでどこもやってない。
三日まで、家で寝込んでいたという。

で、正月明けの四日に、ようやく歯科に駆け込む。












c0152126_3585444.jpg


そこで待ち受けていたのは、治療費12万の宣告だったそうな・・・。
差し歯は修復不可能なほどにイカれており、
それが原因で雑菌が歯肉内で繁殖してしまったようだ。


12万という額を耳にした山本君は、こう思ったらしい。

























c0152126_481150.jpg


「あ、ボーナスだ!!」

前歯の治療費は高いので、皆さんも前歯には気をつけましょう。


































不幸②


c0152126_3594073.jpg


家の大掃除の時、電子レンジを運んだらしい。





c0152126_401110.jpg


レンジの扉をちゃんと閉めていなかった為、
持ち運んでいる最中にパカッと開いてしまったそうな。














c0152126_402925.jpg


レンジの中でくるくる回るあの皿が、すごい勢いで落下し、



















c0152126_404258.jpg


山本君の右足の親指に直撃。
病院には行っていないけど、彼いわく、

「この痛さから察するに、多分ヒビ入ってると思う」

とのこと。

























不幸③


c0152126_41421.jpg

携帯電話の決定キーが壊れてしまい、
決定ができないらしい。

前歯の修理で一杯一杯で、携帯を修理に出す余裕は無いんだとか。
さすがに俺も、携帯の修理代まで面倒見る余裕はない。


これにより、しばらく山本君の携帯が決定できないことが決定した。



































山本君に金を貸し続ける為にも、頑張って漫画を描き続けようと決意した一日だった。
[PR]

by kurukurupaaaa | 2010-01-11 04:01 | 友人 | Comments(36)  

新年!!

あけましたか?

あけてませんか?

おめでとうございますか?

おめでとうございませんか?






c0152126_23364051.jpg




c0152126_23365660.jpg


昨年末までやる気のなかったサンドウィッチマンのおじさんの
やる気は戻ってきたようですが、俺のやる気は戻ってきておりません。
あやかりたいです。


























年末、予定通り山谷に行って、愉快なホームレスのおじさんたちと
酒盛りしてきました。

c0152126_23395834.jpg



ホームレスの爺さんから、

「これ、お前にやる」

と、1000円札を差し出される。
丁重にお断りしたけど、「いいから、黙って持ってけ」と一喝。

ありがたく頂いたけど、その光景を目にした友人からは
とても笑われた。
ホームレスの方から見ても、俺は哀れな人間のようだ。


あと、夜はドヤに泊まって知らない外国人たちとお酒飲んだりお絵かきして遊んだりした。
とても楽しかったです。






























c0152126_23405417.jpg


c0152126_23411048.jpg


来週の土曜(16日)に『東京都北区赤羽』③巻が出ます。
アマゾンにも登録開始されたようです。



今回から3話分ページが増え、
その分本の厚みも増すので、今までよりかは読み応えが
あるんじゃなかなあとニラんでおります。

帯には「『このマンガがすごい』ランクイン!」みたいな煽りが
踊ってますが、ランクインしたといってもベスト50位以内に
滑り込みで入れただけで、帯で堂々と煽れるほどのことでは無いことは
わかっている。
わかっているけど、それでも「このマンガがすごい!」の影響力はすごい!ので、
少しでもあやかりたい所存なのである。


余談だけど元旦の深夜に、あの漫☆画太郎大先生から
こんな感じのメールがくる。

「今何気なくMXテレビを見てたら、ナイトレストランのママが清野さんの漫画を宣伝していました。
赤羽では結構売れてるとママが言ったら、マツコデラックスが爆笑していました。」

・・・今度ナイトレストランに確認しに行ってみようと思う。

























c0152126_23434782.jpg


明日、晴れたら赤羽の路地裏にある、赤ちゃん八百屋にでも行こうかな。
そしてきゅうりでも買おうと思っている。

・・・なんだよ赤ちゃん八百屋って。
























明後日は友人がエレカシのライブに連れてってくれるというので、
今から楽しみだ。
エレカシに関しては、別に彼らが赤羽出身だから好きという訳でなく、
好きになったアーーティストが、たまたま赤羽出身だっただけである。

ちなみに人生初のライブなので、緊張しています。
酔い止め飲んで行こう。























そんなこんなで皆さん今年も僕と僕の漫画と僕のブログと僕をよろしくお願い致します!

<(_ _)>
[PR]

by kurukurupaaaa | 2010-01-07 23:45 | Comments(45)