「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

人んちに俺んち

2週間も放置してしまいました。

いや・・別に俺がブログを放置した訳じゃない。
ブログが俺を放置したんだ。








まずは告知を3つさせてくださいスミマセン!



発売中の『映画秘宝』でインタビューを受けました。
聞き手はあの大西祥平さん。
わざわざ赤羽まで来て下さって、大変恐れ多かった。
緊張してしまい、愉快な話をできたかわからないけど、
大西さんからは怪奇貸本漫画がらみのどろどろとした話を
たくさん聞かせて頂けてとても楽しかった。

大西さんとは仕事関係無しに、是非定期的にお会いして
色々と雑談を交わしたい衝動に駆られるくらい尊敬しております。

大西さん、どうもありがとうござました。






②4月発売の『生活考察』という本でもインタビュー受けました。
こちらでは割と長めにページを割いてもらいました。
色んなことをいけしゃあしゃあと語っております。

執筆人には、SPA!で一緒にお仕事させて頂いている、
平山夢明先生もいらっしゃるので心強いぞ!





③『バカ男子』が電子書籍で読めるらしい。しかも書籍版の半額で。
2話分(吉川くん)(半沢先生)のサンプルが無料で読めるので、興味のある方は是非に。

PC版



★携帯版

☆docomo
バカ男子 小学校編

バカ男子 中学高校編

☆au
バカ男子 小学校編
バカ男子 中学高校編


☆softbank
バカ男子 ~小学校編~

バカ男子 ~中学・高校編~







・・告知が長くなってしまいました。本題です。


赤い老人からの相変わらずの着信の嵐に
日々奮闘しております。

朝・昼・晩・深夜構わず電話が掛かってくる。

一体いつ寝ているのか不思議で仕方ない。
多分あの人寝てないと思う。

で、主たる用件は「自伝を書いたから取りに来い」とのこと。
取りに行くまで電話地獄から解放されないので、
已む無く赤い老人の家に向かった。







c0152126_2484594.jpg


赤い老人宅の玄関。


ん?

表札の下に、何かシールが貼られている。

なんだろう?























c0152126_2485893.jpg














c0152126_249657.jpg


清野とおる協賛会!!?

うおおお超恥ずかしい!!
やめてくれー!!!


チャイムを鳴らし、急いでお邪魔する。




















c0152126_2493725.jpg



三度目の赤い老人。
もはや緑だった頃の面影は、ない。


完全に呼び覚ましてしまったようだ、赤き情熱を。
・・・いや、今は赤とか緑とかどうでもいい。表札のシールを何とかしてほしい。


俺「表札のあれ、何なんですか!恥ずかしいからやめてくださいよ!」


赤い老人「ちょっとこっちへ来たまえ」

そう言って、奥の部屋へと案内された。




c0152126_2512519.jpg


この部屋は・・・以前来た時は、木材を加工する機材で埋もれていた、
赤い老人の秘密の作業場だったはずなのだが、機材がきれいさっぱり
消えてなくなっている。


赤い老人「今日からここが、君の部屋だ。自由に住んでくれて、構わない」

ふと部屋の入り口を見ると・・・・




















c0152126_2513950.jpg


清野とおる協賛事務室!!?

うおおおお!!なんか超俺の部屋!!



スミマセンけど僕、住みませんよ・・。


あと、将来的にこのマンションくれるみたいなこと言われたけど、
これまた重くてもらえないなあ。

他人から遠慮なく頂戴するのは、2500円までと決めている。











で、赤い老人から怪文書・・じゃなくて自伝を差し出される。


c0152126_253033.jpg



全部この場で読むまで帰さないというので、
できもしない速読術を駆使して、無難な感想を述べて帰った。
































電話の嵐は、今も続いている。
[PR]

by kurukurupaaaa | 2010-03-21 02:53 | 街人 | Comments(63)  

ツイッター

に、登録してみたぞ!

c0152126_1305667.jpg


https://twitter.com/seeeeeeeeeeeeno
登録するのが面倒な上に、流行しまくっていたので敬遠してたけど、
これはこれで結構使い勝手あるかも。
ブログで書くまでもない、ちょっとしたしょーもないことを
書き綴っていこうと思う。


まだ全っ然使い方わからないけど、ツイートしたりフォローしたり、フォローしたりツイートしたり、
挙句の果てには「なう!」とか呟きまくって、流行の波に乗るつもりなうー
[PR]

by kurukurupaaaa | 2010-03-07 23:57 | Comments(41)  

大変喜ばしいことと、大変喜ばしくないこと

大変喜ばしいこと二点。

①先週の週刊文春のコラムにで、漫画家のいしかわじゅん先生が
『東京都北区赤羽』を紹介して下さった。
すごく良い感じに紹介して下さって、感激いたしました。

数年前の某大手出版社のパーティーの時に、いしかわ先生ご本人を見かけて、
「BSマンガ夜話見てました!」と泥酔しながら話しかけたことがあります。
「どうもありがとう。お名前は?」と笑顔で対応して下さったいしかわ先生に
急に恐縮し、「名乗るほどの者ではありません!」と逃げ去った記憶があります・・。

いしかわ先生、あの時はすみません。
そして本のご紹介、ありがとうございました!




日刊サイゾーにて、小説家の田辺青蛙先生が『バカ男子』を紹介して下さった。
mixiニュースにも記事が反映され、周囲から結構反響がありました。
記事に書かれていた田辺青蛙先生ご自身の、変なおじさん体験(タンポポおじさん)も
面白おかしく、そして非常に興味深く拝読させてもらいました。

田辺先生、このご恩は忘れません。
ありがとうございました!



















大変喜ばしくないことニ点

①『東京都北区赤羽』③巻に登場した、
ゴミ屋敷居酒屋のお婆ちゃんの件。

漫画の内容について、一度怒られたものの、
俺の手紙攻撃で和解できた・・・ところまでは、以前ここで触れた。

しかし、また電話掛かってきて、怒られてしまった。

「あんな下品な漫画に、写真や店名は晒すな」と、友人に忠告された模様。
どうやらあのお婆ちゃん、周囲の意見に左右されやすいようだ。


さーて、また手紙書くか。















②赤い老人から、毎日容赦なく電話が掛かってくる。


c0152126_2292835.jpg


しかも一日に何回も。昼夜問わず。

電話に出ないと「これ聞いてたら掛けなおして~」と
留守電に声が入る始末。

お陰で寝不足&プチノイローゼ気味。


まあ乗りかかった船だ、行くとこまで行ってみよう。































大変喜ばしいこと一点。



c0152126_230733.jpg

















c0152126_2302279.jpg



ずっと気になっていた赤羽の「街の便利屋さん」。

彼とこの前遊んだ。(公園で)

で、正体を教えてもらった。

とても楽しかったので、その模様は
『東京都北区赤羽』の漫画内で発表しようと思う。






そんな感じ。
[PR]

by kurukurupaaaa | 2010-03-05 02:30 | Comments(34)  

都築響一さん×ナイトレストラン

ブログ本『バカ男子』の帯にコメントを下さった都築響一さん


そんな都築さんとひょんなご縁で知り合い、
昨年、ナイトレストランにご案内した。

その時、マスターとママをインタビューした様子が、
最近発売された『天国は水割りの味がする~東京スナック魅酒乱~ 』に収録された。

c0152126_4313680.jpg



ナイトレストラン以外にも、50軒ものスナックを取材しまくった、
計880ページにも渡る超大作なので、これはオススメせねばと思い、
ここで触れさせてもらった次第である。
これは、数々の修羅場を掻い潜ってきた都築さんだから書けた代物だと断言する。




この本は・・・



この本は・・・
































「買い」です。
[PR]

by kurukurupaaaa | 2010-03-03 04:34 | Comments(21)