「ほっ」と。キャンペーン

あけまし手

新年とっ













































































































くに明けましたが、まだおめでたい人は
いらっしゃいますか?
いたら是非僕にお年玉をくださると助かります。
4万3千円ください。




最近はなかなかブログにまで手が回りません・・。
前にも書いたかもですが、ブログは無職時代に
仕事を得る為の手段として始めたので、
仕事を頂けた今となっては、もはや用済みなのです。


お豆腐で言うところの「おから」、
食パンで言うところの「耳」
お茶で言うところの「出がらし」なのです。

ビックリマンチョコで言うなら、
「シールを抜き取った後のウェハウスチョコ」なのです。

でもおからには栄養がありますし、
パンの耳も揚げて砂糖をまぶせば立派なオヤツになりますし、
出がらしも畳の上にまいてホウキで掃くと、取れにくい畳内の細かなホコリが取れたりと、
意外に役立ったりするので一概に馬鹿にはできません。

ビックリマンチョコなんて、チョコを捨てるガキが増えて
社会問題にもなったし。
おおっと、俺はちゃんとチョコも捨てずに食べてたので、
そこんとこよろしく頼みますぜ!


なのでまあ、気が向いたり気が乗ったりした時に更新するので
どうか長い目で見てください。

さて今日は何の小話をしようか!
今年の「初ウヒャア」の話をしようかなあ!

あれは新年明けて間もない深夜、
近くの神社に初詣に行こうと家を出た時のことだ!


c0152126_2144192.jpg




c0152126_2145012.jpg

















c0152126_215019.jpg


なんと道端に・・人の手・・・
































c0152126_218195.jpg






c0152126_218197.jpg


・・・みたいな木片があって、
暗い住宅街で「ウヒャア」と声を上げてしまいましたとさ。

付近に一緒に落ちてる赤い何かが「血」に見えるし、
なんと紛らわしい木片だこと・・。




まあなんというか・・



























言うほど驚いてませんけどね。
[PR]

# by kurukurupaaaa | 2011-02-09 02:15 | Comments(46)  

トークイベント後記(今更ながら)

まずは告知!

発売中の『東京人』1月号で「東京都北区赤羽」出張版として
6ページほど描かせて頂きました。

c0152126_13221163.jpg



c0152126_1322236.jpg


これは単行本に収録するつもりはないので、
是非『東京人』で読んでください。

昔から愛読してる雑誌で仕事させてもらえるのは
非常にありがたいことであります。
















・・そして超今更ながら、だけど、
先月の渋谷パルコでのトークイベントについて。


当日まで緊張でワケワカンナイ感じだったけど、
なんとか乗り切きることができました・・!


わざわざ渋谷くんだりまで足を運んで下さった皆様、
本当にありがとうございました。



<(_ _)>




今まで自分にファンなんていないと思っていたのだけれど、
少なからずちゃんとファンの方はいてくれたのだなあと
実感できたことが嬉しかったです。

ステージ上では終始泥酔しており、あまり細かな記憶がありません。


緊張緩和の為、ミネラルウォーターの入ってたペットボトルに
日本酒(純米吟醸)を入れて本番前も本番中もゴクゴク飲んでいたのだが、
ついつい飲みすぎちゃって・・・



c0152126_13235047.jpg
























今回のイベントに声をかけてくださった大根仁さん。

c0152126_132425.jpg



最近では『モテキ』のドラマを手がけた演出家の大根さん。
TBSラジオで毎週番組を持ってたりもする、すごい人。
実は、以前大根さんが手がけた『湯けむりスナイパー』というテレビドラマ、
本人にお会いするだいぶ前に、DVDボックスを定価で買ってしまったくらい
スキでして・・。

今まで、人前に出るようなイベントは全てお断りしてきたのだけれど、
大根さんからのお誘いは断ることができませんでした。

お会いした大根さんは、実に掴み所のない妙な雰囲気の人で、
当初敵か味方か分からず、本番中、ステージ上でどんな罠を
仕掛けてくるのか懸念していたのだけれど、そんなことは一切なく
終始温かくフォローしてくださいました。
(ステージ外では酷い人だけれど)

酔った勢いとはいえ、人前でペラペラ喋れたことも自信に繋がったので、
やって本当に良かったです。大根さん、ありがとうございました。

<(_ _)>













c0152126_13262589.jpg


いわずと知れた、スチャダラパーのBoseさん。
もはや説明不要の歴史的人物。カリスマ。

お会いしたBoseさんはテレビのまんま、いや、テレビ以上にカッコよく優しい人で、
「おチンのおカス」のようなこの俺に、終始優しく接してくれました。
俺が女だったら、確実に抱かれたい衝動に駆られていたことでしょう。



最初Boseさんにお会いした時、「うおお!」と感動した直後に、
すごく憂鬱な気持ちに襲われた。
なんだ?この憂鬱な気持ちは! と自問自答した結果、理由が分かった。

俺が中学生の時、毎朝ポンキッキーズに出てたBoseさん。

c0152126_1327415.jpg
 

     



c0152126_1328247.jpg





Boseさんテレビに出てる = 学校行く時間 = 憂鬱

こういうメカニズムだ!!!

俺のぐだぐだなトーク時、Boseさんのフォローにどれだけ救われたことか、
もはや計り知れません。
イベント後、ちゃっかりCDにサインまでもらっちゃいました。
本当に優しい人だったなあ・・。

どうもありがとうございました。

<(_ _)>
















以下、覚えてる範囲内でイベントに関して箇条書き。



俺の出番は、大根さんとBoseさんが「渋谷」をテーマに
20分ほど語った後にステージに上がることになっていたのだけど、
二人が会話してる最中、に「居酒屋ちから」のマスターと悦子ママが
エヴァンゲリオンの主題歌を歌う映像が突然勝手に流れ始めるという怪現象が起こった。
しかも、3回も。

c0152126_13285546.jpg



この映像は俺が出番の時に流すネタだったのだが、
映像を保存してあるメモリーカードは会場のパソコンに
挿入されていた訳でなくて、俺の手元にあったし、
何故あのタイミングで流れたのか不思議で仕方ない。

実は「ちから」のマスター夫婦も会場にいたのだが(赤羽から勝手についてきちゃった)、
彼らが会場の磁場を狂わせたのかもしれない・・・。


c0152126_1329439.jpg



















複数の人たちから尋ねられた、
「整理番号1番の謎の美女」の件。


c0152126_13292063.jpg


「すごい美人が一番の席に座ってましたけど知り合いですか?」

「一番のあの子は、大根さんかBoseさんのファン?まさかお前の・・」

複数の人から尋ねられました。
よほど美人だったのでしょう。


その場では「知らない」と煙に巻きましたが、でも実は・・

うーん、どうしよっかな・・・

あまり自分の女性関係のことは公の場で言いたくないんだけど、
いつまでもコソコソ隠し続けるのも面倒だしな・・・


でも俺も男だ。
この場を借りて発表してしまおうではないか。

あの子、実は・・・



























































知らねえ。




緊張して客席を見る余裕なかったから、どういう人たちが
あの空間にいたのか、全然見れなかったのが心残り。
もっと客席をジロジロと凝視してやりたかったです。
























c0152126_13294935.jpg


ステージには、マスクをして上がった。
やはり、大人数の前で間抜けな素顔を晒すのには抵抗があったのだ。



緊張と酒の飲みすぎのせいで、ステージに上がる前から尿意を催しており、
トーク終了時には臨界点に達していた・・。

すぐに女性スタッフに連れられ、上の階のトイレへと直行した。

当初の俺の脳内予定では、トーク終了後、会場にいらしてくれた方々から囲まれて、



c0152126_133015.jpg



















c0152126_1330857.jpg




こんな感じでチヤホヤされつつ、来て下さった方々とお話をしたかったなあとも
思っていたのだけれど、
しかし一度出た会場に再び戻るというのも何かマヌケだし、
どうしようどうしよう・・
























c0152126_13302052.jpg


結局、人気のないフロアの椅子にて、
しばし一人で呆然と座り尽くしておりました・・・。




























その後、大根さんBoseさん含むスタッフの方たちと合流し、
ささやかな打ち上げをした。
会場に応援に駆けつけてくれた漫画家仲間の押切蓮介くんと佐々木崇さんも
呼びつけた。そして「ちから」のマスター夫婦も。





































c0152126_13303615.jpg


元・場末の居酒屋夫婦 & Boseさんの奇跡的ツーショット。






































1時間ほど打ち上げをして、パルコを出た。
華やかな感じで二次会でもやるのかと思いきや、
まずBoseさんが足早に立ち去った。


c0152126_13305754.jpg


















大根さんも足早に立ち去った。

c0152126_13311373.jpg





















c0152126_13312694.jpg



結局、残された冴えないメンツで、安くてマズ~い居酒屋で飲んだ。





後日大根さんのブログを見たら、

「清野と飲むことも考えたが、これ以上関わりたくなかったから帰った」

・・的なことを書いてて、過呼吸するフリをしながらリストカットするフリをしてしまった
くらいショックを受けたフリをしたことは言うまでもない。



















家に帰って電気を点けた瞬間、原因不明の停電に襲われ、
結構大変なことになった。


c0152126_13314130.jpg



ブレーカー落ちていないのに、電気がつかないのだ。


「おそらく漏電かと思われますが、どこにも異常はないですね・・」

至急東京電力の人に来てもらって修復してもらったけど、
結局原因は分からなかった。




c0152126_13432837.jpg


多分あの二人から、変な気をもらって帰ってきてしまったせいだろう・・。































そんな感じでありますが、どうか皆さん
ほどほどに良いお年を!
[PR]

# by kurukurupaaaa | 2010-12-30 13:31 | Comments(36)  

初めての人前

ご無沙汰しております!

なんかもう、めっきり冬ですね。
とみせかけてまだ秋? いや、実は夏だったりして。

ブログの更新、滞り気味ですが、
滞ったって別にいいでしょう、こんな糞ブログ。
滞ってなんぼだとすら思います。


それで今日はちょっと急な告知なのですが、
今度の日曜(21日)の15時から、
渋谷パルコで催されるトークイベントに出ることになってしまいました。

http://www.parco-art.com/web/factory/tokyo_culture1011/

お相手は、演出家の大根仁さんとスチャダラパーのBOSEさんと、
俺ことウンチこと清野とおることウンチという、
まったくもって奇妙極まりなき組み合わせ・・。
なんだこれ・・。

俺は人前に立つのが昔から大嫌いで、緊張して何も話せないのです。
しかも相手は超有名人・・・。しかもトークテーマは「渋谷」・・・。
有名人怖いし、渋谷なんて知らんよ・・・。

大根さんからこのお話を頂いた時、その旨お伝えして丁重にお断りしたのですが、
口車に乗せられ、なんだかよくわからないうちに出ることになってしまったのです・・。
大根さんは、とても口がうまいのです。


まあでも、昔から人前でペラペラ話せる人間になりたいという気持ちもあったので、
これを機にそういう人間になれればと思います。
前日のトークイベントには、久保ミツロウ先生も出られるとか出られないとか
出られるとか!



今の俺に必要なのは・・・・






























c0152126_141088.jpg


穴の開いたズボンをこんな素敵なワッペンでふさぐ、
このおじさんの斬新さ!
そしてこんなワッペンで人前を歩ける勇気だ!!!




入場料無料とのことなので、暇な人は是非来てくださいね。
(事前に予約すると確実に入れるらしいです)

下手したらPTSDに陥る可能性もあるので、俺が公の場に出るのは
これが最初で最後かもしれません。



とりあえず、泥酔して行くぞ!
[PR]

# by kurukurupaaaa | 2010-11-19 01:41 | Comments(47)  

江森姉弟

・・・本題にいく前に、『東京都北区赤羽』⑤巻内にて、
でとんでもない誤植がありました。

132ページ3コマ目の、
東十条という街の説明に関して。

c0152126_0572374.jpg



これは「卑猥」ではなく「猥雑」の誤りです!

東十条にお住まいの皆々様、本当にすみません!!
東十条は全くもって卑猥ではありません!卑猥なのはこの俺です!


あと、5ページ内の「清水坂公園」のルビが「きよみずざか」になっていますが
これは「しみずざか」の誤りです。

もっとちゃんと確認しないとだなあ・・・。
深々と反省。

<(_ _)>

















・・・さて本題の江森姉弟。

これはネタにしていいものかどうか、結構悩んだ。
色々考えたけど、一応当事者の許可は取ったし、
核心もオブラートに包めば大丈夫かなあ。

まずかったら削除&土下座します。




c0152126_104038.jpg


ひょん!


もはや「ひょん」としか言い様のない妙なキッカケで知り合った、
江森という姓の姉弟がいる。
姉は栃木で暮らす一介の主婦・・の仮面を被ったきちがい。
弟はプロのカメラマン・・・の仮面を被ったきちがい。

この二人、今まで出会ってきたどの人間たちとも異なる
何か得体の知れない能力を持っているような気がしてならならず、
それにあやかりたい俺は、たまに交流させてもらっているのであります。



あれは確か、半年ほど前のこと。



お二人がわざわざ赤羽まで遊びに来てくれたので、
夜の街を軽く案内して差し上げた。


「ウオー!なんかビタミンCを摂取してえ!」


人気のない住宅街で、江森弟が唐突に叫ぶ。

いきなりダッシュし、戻って来た江森弟の手には、
どこで買ったのか、袋詰めのミカンが握られていた。

「ミカンを、三人で食べようよ!」

勾配の急な坂の途中で、俺と江森姉にミカンを差し出す江守弟。

と、その時!




c0152126_11687.jpg







c0152126_112628.jpg









c0152126_114329.jpg



転がり落ちたミカンを追って、江守弟は暗い坂の下へと消えていった・・・。
安っぽいドラマのワンシーンを見ているような気分になった。


その後も江森弟は、夜道ですれ違った若い女性や老婆に、唐突にミカンを差し出して
「これ一緒に食べませんか!?」とか言ったりして、夜の赤羽の街を荒らしまくっていた。

そんなヤンチャな弟を、姉は「フフフ、相変わらずのようね」と、
温かな目で見守っているのであった。





その後、スナック「ナイトレストラン」にお連れして、三人で飲んだ。



入店して着席した途端、江森姉は「ギャア!」と悲鳴を上げた。
一体何が起こったのかと思ったら、生理がやってきたようだ。
















c0152126_121494.jpg


そう言い残し、姉は暗い住宅街に消えて行った。
江森姉は、そのまま戻ってこなかった・・・。







薄暗いナイトレストランの店内で、
くだらない話に花を咲かせながら、江守弟とお酒を飲み交わす。


c0152126_1334967.jpg


↑江森弟と、俺(共に泥酔)



























c0152126_12318.jpg












c0152126_13358.jpg




c0152126_17366.jpg


酔っ払った江森弟が、唐突に叫んだ。




























c0152126_134659.jpg








c0152126_14712.jpg





c0152126_142721.jpg




・・・気持ちは、分かる。

俺だって、できるものなら世間を「アッ」と言わせたい。

でも、なかなか「アッ」と言ってくれないのが世間。
いや、法を犯していいんだったらいくらでも「アッ」て言わせられるけど、
法を犯さず「アッ」と言わせるのは、本当に難しいことである。












・・・しかしこの江森弟は、本当に世間を「アッ」と驚かす、
とんでもないことをやらかしてしまうのである。法にも触れずに・・。






























ナイトレストランで飲んでから数ヶ月後。

俺はコンビニで何気なく雑誌を立ち読みしていた。


c0152126_17439.jpg

























c0152126_18969.jpg


































c0152126_1135087.jpg


FRIDAY(8月6日号)

































c0152126_1142124.jpg



























c0152126_1143513.jpg




















c0152126_1145111.jpg



なんとそこには、某超有名若手女優とフライデーされてる江守弟が・・・!!!




























その週は、テレビやらラジオやら雑誌やら新聞やらネットやら、
ありとあらゆる媒体でこのニュースが取りざたされた。


「アッコにおまかせ」で江森弟について色々検証されてたのを
見た時には、腹抱えて笑いました。

世間では「この相手の江森って奴は一体何者だ!?」

ってことになり、ヤフーの検索ランキングで
本名の「江森康之」が1位になったりもした。

c0152126_1203174.jpg


世間が「アッ」と言ってる様が、目に見えて分かった。

つい先日赤羽の場末のスナックで飲んだ男が、
場末で宣言した大きなことを見事に有言実行している様を見て、
俺なんてまだまだチッポケだなあ~、と良い刺激になったのであります。














で、この熱愛報道に関してだが、江森弟ご本人から詳しく聞いたところ、
残念ながら誤報のようで、そこだけが悔やまれるところだ。
どうせなら本当に付き合って結婚とかしちゃえばもっと面白いのに・・。

いや、誤報だとて、十分面白い。勝てない。

















































c0152126_1214430.jpg


そんなステキな江森姉弟と、『東京都北区赤羽』⑤巻を、
どうぞよろしくお願いしまーす☆
[PR]

# by kurukurupaaaa | 2010-09-27 00:57 | 友人 | Comments(51)  

赤羽と山本

一ヶ月ブログを放置しちゃった。


『東京都北区赤羽』⑤巻、9月16日発売ですので
よろしくお願いします。

c0152126_2275793.jpg


内容に関しては詳しく言いませんが、
④巻まで楽しんで読んで下さった方には
自信を持ってオススメできる内容だと自負しております。

帯のコメントは、あの久保ミツロウ先生に書いて頂きました。
しかもイラストまで添えてもらえて・・・光栄の極みです。
久保先生の素敵な帯は、どうか本を手にとって直接ご覧くださいませ。

久保先生、どうもありがとうございました!!









あと、9月13日から紀伊国屋書店新宿南店さんで
『赤羽』の原画展を催して頂けることになりました。

c0152126_2284084.jpg



俺は原稿の枠の外に、カラーの試し塗りをしまくったり
メモをしたりする性癖があって、すごく原稿が汚らしいので、
編集以外に見せるのは正直すごく恥ずかしいのだけれど、
この機会にそういう恥部もたくさん見せていこうと思っております。
あと、原稿の4倍くらい恥ずかしいネームも展示します・・。

いつまでやって頂けるかまだ未定ですが、
短くても今月一杯は続けてもらえそうな気配なので、
暇な方はお立ち寄りください。
※詳細は決まり次第、ツイッターでお知らせします。
http://twitter.com/seeeeeeeeeeeeno














・・・って、告知ばかりでもアレなので、
無駄話でもするとしようかな。



c0152126_2302437.jpg



幼馴染の山本くん。

このブログを昔から読んでくださってる方には
説明不要の山本くんと思われる。

山本くんを3行で説明するならば、


1:小学校時代からの腐れ縁で、
2:昔から今に至るまで俺によく金の無心をしてくる、
3:愛すべき糞野郎


といった具合か。


最近彼のことに触れていないけれど、
金の無心が止んだわけではない。
未だに現役で無心を頑張っているのである。

今回は一番最近のやり取りを、実際のメールと共に再現しようと思う。
人様のメールを勝手に公開するのはダメだと思うけど、
長年無利子で金を貸してやってる山本くんに関しては、OKなのである。
これが利子と思え、山本よ。
























c0152126_2303654.jpg



えー、やだよ。めんどくせえ。



















c0152126_2312577.jpg




なんともならねえな。無理なもんは無理だ。




















c0152126_2321372.jpg



おう頑張れ。
本当にやばい状況になったら貸してやる。























c0152126_2323228.jpg







だめだ。今日は貸さねえ。



























c0152126_2325280.jpg





おう。3千円でやれるとこまでやってみろ。
それでダメだったら連絡くれ。









それから6日後。9月6日。














c0152126_2331366.jpg




6日間を2600円で過ごしたのか・・。
頑張ったな。でもお前、最近貸しても一括で
返してくれないからなあ・・・



















c0152126_2334315.jpg



★ここで補説。山本くんの仕事は
簡易宿泊所の従業員。
胡散臭い客やトラブルが多発し、とても大変らしい。






















c0152126_234676.jpg





事件って、どんな事件だ?
パンチのある事件だったら金貸してやるよ。













































c0152126_2344338.jpg

















































・・・・貸す。



































c0152126_235968.jpg



その夜、赤羽の安い飲み屋で、
川えびを揚げたものを食べながら、
過労と心労で痩せこけてしまった山本くんに
2万円貸したことは言うまでもない。



そんな山本くんと、『東京都北区赤羽』をヨロシク!
[PR]

# by kurukurupaaaa | 2010-09-09 02:47 | Comments(64)