ふへへ

いよいよ明日、単行本の発売日。


c0152126_22131034.jpg


とりあえず、一足お先に俺はもう読みました。

どっちも自分の中での合格ラインは越えていたので
胸を張って告知できます。

それに、ギャグ漫画家として全幅の信頼を置く、
漫☆画太郎先生や押切蓮介君からも、
お褒めのご連絡を頂いたので非常に心強い。

これでもう、誰から批判されてもダイジョーブ!
(※押切君のミスミソウ③は17日発売)


『東京都北区赤羽』に関してですが、赤羽のブックストア談さんと、
イトーヨーカ堂最上階のブックスページワンさんに
カラーイラスト入りのサイン本を20冊ずつ納めました。
気合入れてちゃんと描いたイラストも、アタリ感覚で
数冊紛れさせておきました。

最低限、このサイン本40冊だけは初日に売り切れてほしいので、
赤羽近郊の方、よろしくお願いします。






































c0152126_22132360.jpg



『東京都北区赤羽』の単行本デザインを担当して下さった、山口さん。
この人が非常に面白い。

この人、49才でこんなにかっこいいのに、なんと・・・



















































童貞だというのです。

ネタとかではなく、本当に童貞らしい。
業界では相当な有名人らしい。

「どうして童貞なんですか!?」

との、誰しも抱くであろう率直な疑問に、山口さんは一言、

「モテないからですよー」

かっこよくて、しかも相当な話上手なのに、童貞というのはつじつまが合わない。

敢えて人生を犠牲にして、敢えて童貞でいることによって、
敢えて楽しんでる節があると思うのは、俺の気のせいだろうか?

何にせよ、大変素晴らしい事である。
































c0152126_22154311.jpg


また、山口さんはデザイナーにも関わらず、
パソコンを一切使えない。

赤羽本のデザインは、写真をカラーコピーして切り貼りしたり、
タイトルの文字は、フォントの本から選んでコピーして貼ったりと、
今のご時世には考えられない、オール手作業である。

でもちゃんとイイ仕事してくれるからカッコイイ!!




















































c0152126_221655100.jpg


さっき、知らない番号から電話かかってきた。
携帯ではなく、一般電話から。

出たら、山口さんだった。

仕事がらみの事は、担当編集を通してやり取りするので、
俺が山口さんと直接連絡取り合うことはない。

一体何の用事だというのか?













































「仕事無くて暇だから電話してみましたYOー♪」




世間話を、30分ほどさせて頂きました。

今度事務所来れば、スケベなDVDを山ほどくれると言う。



山口さん・・・俺・・・・・























































走って行きますよ。















































c0152126_22183092.jpg


ちなみに山口さん、パソコンだけでなく、携帯も使えないほどの
機械オンチだそうで、携帯も持っていない・・。
なので、こちらから連絡することは、ほとんど不可能。


赤羽の単行本が出続ける限り、是非山口さんでお願いしたいと思った。

山口さん以外、考えられないし、考えたくもない。

そんな『東京都北区赤羽』、そして『ガードレールと少女』、

















































































c0152126_22193243.jpg


※ペイティさんと最初に会った時のエピソードも載ってるヨ♪
[PR]

by kurukurupaaaa | 2009-06-15 22:28  

<< 日曜日 『ガードレールと少女』詳細 >>