潜入!謎の「赤羽くのいち屋敷」③

c0152126_413878.jpg


「よくいらしてくれたでござる」

わざとらしい「ござる」言葉を駆使する不気味な女忍者は、
俺の隣に座ると、ビールを注いで持て成してくれた。

一体この女は、どんな顔をした、何歳くらいの女なのだろう?


どうにかして素顔を見てやろうと思ったけど、
店内は暗い上に、全身黒ずくめ。

まったくもって分からなかった。










c0152126_4133584.jpg






















c0152126_4135784.jpg


派手なアイマスクを勧められたけど、
丁重にお断りさせて頂いた。

なぜなら、付ける理由がなかったからだ。


































c0152126_4141788.jpg




















c0152126_4144048.jpg



その言葉は唐突だった。

「えっ?パンツを脱いでどうするつもりなんですか!?」
「ってゆーかここ、どういうお店なんですか!?」

俺は事情をまったく知らない体で、
女忍者に疑問をぶつけてみた。

「口でしてあげるから、早く脱ぐでござる」

・・・どうやらここは、ピンサロのようだ。

「すいません、そういう店だと知りませんでした!
キャバクラ的なものかと思いまして・・なので今日はお話中心でお願いします!」


「ほら!時間ないから早く脱ぐでござる!」




c0152126_4151682.jpg



女忍者は俺の言葉に耳を貸さず、積極的に服を脱がそうとしてくる。
そして耳元でこう呟いてきた。


「あと3千円プラスで、スゴイことできるわよ」

・・・スゴイこと。

それがどうスゴイのか、具体的には教えてくれなかったけど、
まあこの流れから察するに、多分恐らく本番行為のこと、
専門用語でいうところの「おせっくす」のことだろう。


「いや、結構です!お話、、お話をしましょう!!」






c0152126_415452.jpg




何を言っても聞く耳持たずで
しつこく服を脱がそうとしてくる女忍者。
こんな強引な店は初めてだ。




c0152126_426395.jpg




彼女の暴挙を止めるには、
さすがの俺も忍法を使うしかない。

この状況で俺が使える忍法は、ただ一つ・・・





































c0152126_416468.jpg



忍法「金」である。



「性的なサービスは結構なので、ちょっと話を聞かせてもらえませんか?」


「・・・」

金を前にし、沈黙する女忍者。

金とはいっても2千円なので、
この程度では動じないか・・・・
















c0152126_4163776.jpg





























c0152126_4165997.jpg


動じた!


















c0152126_4175181.jpg


2千円を懐にしまいこむと、
女忍者は急におとなしくなった。

そして俺のお望み通り、「お話」をしてくれた。

以下女忍者とのやり取りを、会話形式で再現。



俺「失礼ですが、年きいてもいいですか?」

女忍者「あなたいくつよ?」

俺「29です」

女忍者「あなたの2つ上、ってとこね」


・・・ということは、31歳というこということか。
同世代じゃん。


俺「ビックリマンシール集めてました?」

女忍者「は?ビックリ?いつビックリしたの?」

俺「・・いや、なんでもないです!あー、そうだ!お姉さんの顔見たいですよ、顔!」

女忍者「わたし、恥ずかしがり屋さんなの。だからダ~メ!」



どうでもいいけど、先ほどまでの「ござる」言葉がいつの間にか消えて、
完全にタメグチになっている。



俺「赤羽のここ以外の風俗店ってどうなんですかね?
 ぼったくりの店とか変な店とかあるんですかね?」

女忍者「他の店のことなんて、全然知らないわよ」

俺「そうですよね、すみません・・・」









c0152126_4182332.jpg


勝手に吸ってもいいのに、タバコの受動喫煙を気遣ってか、
わざわざ俺に承諾を得てくれた女忍者。

意外と優しいところもあるジャン。





c0152126_418425.jpg


タバコに火をつける為、顔を覆う布を上げたけど、
残念ながら暗くて顔は見えなかった・・・。

こんなに至近距離で素顔をさらしているというのに
見えないだなんて、すごくもどかしい・・・畜生。










と思ったその時!!!!







































c0152126_419670.jpg































c0152126_4192651.jpg




ライターを点火したほんの一瞬、
炎と共に見たことも無い数のシワが浮き上がった!

形容するならば、“星の数ほどのシワ”といったところか。

もはや完全なるババア。
警察からババア罪で逮捕されてもおかしくないレベルの、
ババア極まりなきババアである。



そしてシワを見た時、この店のカラクリを理解した。

店内が真っ暗な上に、忍者の恰好をさせて顔を隠しているのは、
客に顔を見せない為・・つまり、ババアだということを隠す為である。


なんて店だ!!!





































c0152126_4205024.jpg




つづくの術
(なるべく次で終わらせたい)
[PR]

by kurukurupaaaa | 2009-11-30 04:11  

<< 潜入!謎の「赤羽くのいち屋敷」④ 潜入!謎の「赤羽くのいち屋敷」② >>