カテゴリ:未分類( 72 )

 

出ます。

何が?































































c0152126_4334921.jpg


『東京都北区赤羽』の第②巻が。

9月16日に。


①巻は①巻ということで、一般の人たちを多少意識しつつ、
自分なりに押さえ気味な作りになってしまったけれど、
この②巻から徐々に自分のペースで飛ばしていこうと思ったり
思わなかったりしています。

今回は自由に使えるページもあったので、
居酒屋「ちから」秘蔵写真コーナーや、
ペイティさん直筆の歌詞入り譜面など、
オマケページも充実させたつもりです。


アマゾンでも予約ができるようになった様子なので、
























































































































































































c0152126_447028.jpg


よろしくお願いいたします。
[PR]

by kurukurupaaaa | 2009-09-05 04:48  

色々。

【まずは数少ない物書き仲間の告知】

c0152126_6135420.jpg


若手ホラー小説家のホープ、黒史郎さんの
『夜は一緒に散歩しよ』の文庫本が発売された。
これは、黒さんの作品の中でも最も衝撃を受けた作品なので
興味がある方は是非読んでほしいと思う。
ホラー小説がお好きな方は、まず間違いなく楽しめる作品ですよ。






c0152126_6141171.jpg


そして、ケータイまんが王国で一緒に連載していた
佐々木崇さんの漫画も発売されましたので是非に!









【最近の取材対象者】



c0152126_6144192.jpg






















































c0152126_6145972.jpg


ハラタさん。

齢105歳の、赤羽仙人。

この方は、赤羽の某路地裏で、ヒッソリとゴミを売って
いらっしゃるのだが、この度ようやく接触することが
できたので、ここに記しておく。

後ろの老人は、行きつけの小料理屋の亭主。
耳の遠いハラタさんとのコミュニケーションに手こずっていたら、
風のように現れ、俺を助けてくれたのだ。

その辺の詳細はいずれ漫画で描こうと思う。


































【探しています】

主に赤羽周辺に住んでいる方、
住んでいた方へのお願いです。

昔、赤羽で配られていたタウン誌(フリーペーパー)、
その名も『あかばね漫歩』を探しています。


c0152126_6155835.jpg


これは、1970年代から90年代まで、
月に一冊のペースで赤羽の街で配布されていたらしく、
その数は数百冊に及ぶと思われます。

内容は、主に赤羽にまつわる、どーでもいーことを
中心に書き連ねられているのだが、これが実に興味深いことばかり。

俺の知らない魅力的な赤羽が、この本には沢山詰まっている。









c0152126_6161623.jpg
























c0152126_6163125.jpg




































c0152126_618881.jpg



































c0152126_627283.jpg






































c0152126_6254472.jpg




しかし、これが全然集まらない。

街の人に尋ねても、本の存在は知ってはいるものの
ほとんどの人が持っていないのだ。

































c0152126_6273368.jpg


自力で集められたのは、20冊!!
これが限界!!!



それでお願いというのは、
ズバリこの本持ってる人がいたら、
譲って頂けないでしょうか?

譲ってもよいという方がいらっしゃれば
ご一報頂ければ幸いです。

一冊千円くらいまでなら出せる心構えです。

よろしくお願い致します。


あと、前回の記事で、赤羽の頭のおかしい文房具屋さんについて非公開コメントを下さった方、
詳細教えてください。
もうとっくに潰れてしまいましたが、実は俺も、
物心ついたころから微妙に気にはなっていたのです。
[PR]

by kurukurupaaaa | 2009-08-28 06:18  

ありがとうございます!

漫画を手伝ってくれる人を募集した結果、
なんと15人以上の方が名乗りを上げてくださいました。
これはもう、大変恐れの多いことでございます。
ありがとうございます。

どの方にしようか、とても迷いました。苦しみました。
なぜなら皆さん、風景画が漏れなくとてもお上手な上に、
メールの文面もちゃんとして非常に好感が持てたからです。

考えあぐねた結果、
メジャー誌でのアシスタント経験のあるべテランの方と、
もう一人、短時間で緻密かつ正確な背景を描くことのでき、
しかも喉から手がでるほど欲しかった童貞の方にお願いすることにしました。

せっかく丁寧に時間をかけて応募してくださった皆様、本当にごめんなさい。
この場を借りて、感謝の意をを申し上げたいと思います。

また何かあった暁には、よろしくお願い致します・・!!






















































c0152126_17414886.jpg

[PR]

by kurukurupaaaa | 2009-08-10 17:44  

日曜日②

日々の雑務に追われ、しばらく放置してしまいました。

ナイトレストランさくらんぼ狩りツアーの続きの前に、
本を買って下さったそこのアナタ様。
重ね重ねありがとうございます。

さっき新たにサイン本を納品しました。
ブックストア談さんと、ヨーカドー6階のブックスページワンさんに
それぞれ20冊づつ。



c0152126_23283210.jpg


c0152126_23284119.jpg


c0152126_23285021.jpg


こんな感じで、多少のバリエーション有り。
引き続きよろしくお願いします。




さて、さくらんぼ狩りツアー。


文章書く気力が残っていないので、
前回同様写真でお察しください。












































c0152126_23324711.jpg


































c0152126_2333217.jpg














































c0152126_23332168.jpg















































c0152126_23334165.jpg









































c0152126_23335645.jpg








































c0152126_2334698.jpg









































c0152126_23342766.jpg










































c0152126_23343581.jpg













































c0152126_233529.jpg













































c0152126_23353987.jpg













































c0152126_23354858.jpg
















































c0152126_2336153.jpg












































c0152126_23362394.jpg





































c0152126_23363433.jpg











































c0152126_23364938.jpg


































c0152126_2337083.jpg







































c0152126_23371321.jpg



































c0152126_23372468.jpg










































c0152126_23373924.jpg







































c0152126_2337545.jpg






































c0152126_2338788.jpg














































c0152126_23384516.jpg
































c0152126_2338556.jpg































c0152126_2339292.jpg


































c0152126_23391452.jpg










































c0152126_23452783.jpg




































c0152126_23393099.jpg






































c0152126_23395450.jpg




















































c0152126_23401198.jpg




















































超楽しかったです。
[PR]

by kurukurupaaaa | 2009-07-02 23:46  

ふへへ

いよいよ明日、単行本の発売日。


c0152126_22131034.jpg


とりあえず、一足お先に俺はもう読みました。

どっちも自分の中での合格ラインは越えていたので
胸を張って告知できます。

それに、ギャグ漫画家として全幅の信頼を置く、
漫☆画太郎先生や押切蓮介君からも、
お褒めのご連絡を頂いたので非常に心強い。

これでもう、誰から批判されてもダイジョーブ!
(※押切君のミスミソウ③は17日発売)


『東京都北区赤羽』に関してですが、赤羽のブックストア談さんと、
イトーヨーカ堂最上階のブックスページワンさんに
カラーイラスト入りのサイン本を20冊ずつ納めました。
気合入れてちゃんと描いたイラストも、アタリ感覚で
数冊紛れさせておきました。

最低限、このサイン本40冊だけは初日に売り切れてほしいので、
赤羽近郊の方、よろしくお願いします。






































c0152126_22132360.jpg



『東京都北区赤羽』の単行本デザインを担当して下さった、山口さん。
この人が非常に面白い。

この人、49才でこんなにかっこいいのに、なんと・・・



















































童貞だというのです。

ネタとかではなく、本当に童貞らしい。
業界では相当な有名人らしい。

「どうして童貞なんですか!?」

との、誰しも抱くであろう率直な疑問に、山口さんは一言、

「モテないからですよー」

かっこよくて、しかも相当な話上手なのに、童貞というのはつじつまが合わない。

敢えて人生を犠牲にして、敢えて童貞でいることによって、
敢えて楽しんでる節があると思うのは、俺の気のせいだろうか?

何にせよ、大変素晴らしい事である。
































c0152126_22154311.jpg


また、山口さんはデザイナーにも関わらず、
パソコンを一切使えない。

赤羽本のデザインは、写真をカラーコピーして切り貼りしたり、
タイトルの文字は、フォントの本から選んでコピーして貼ったりと、
今のご時世には考えられない、オール手作業である。

でもちゃんとイイ仕事してくれるからカッコイイ!!




















































c0152126_221655100.jpg


さっき、知らない番号から電話かかってきた。
携帯ではなく、一般電話から。

出たら、山口さんだった。

仕事がらみの事は、担当編集を通してやり取りするので、
俺が山口さんと直接連絡取り合うことはない。

一体何の用事だというのか?













































「仕事無くて暇だから電話してみましたYOー♪」




世間話を、30分ほどさせて頂きました。

今度事務所来れば、スケベなDVDを山ほどくれると言う。



山口さん・・・俺・・・・・























































走って行きますよ。















































c0152126_22183092.jpg


ちなみに山口さん、パソコンだけでなく、携帯も使えないほどの
機械オンチだそうで、携帯も持っていない・・。
なので、こちらから連絡することは、ほとんど不可能。


赤羽の単行本が出続ける限り、是非山口さんでお願いしたいと思った。

山口さん以外、考えられないし、考えたくもない。

そんな『東京都北区赤羽』、そして『ガードレールと少女』、

















































































c0152126_22193243.jpg


※ペイティさんと最初に会った時のエピソードも載ってるヨ♪
[PR]

by kurukurupaaaa | 2009-06-15 22:28  

『ガードレールと少女』詳細

早くも本を予約し下さった皆様、ありがとうございます。

漫画短編集『ガードレールと少女』もamazonに
登録されたようです。


c0152126_2321874.jpg



これ、当初相当部数は少ない予定だったのですが、
あのヴィレッジヴァンガードが結構な冊数を発注してくれたそうで、
直前で若干刷られる部数が増えたようです。
ヴィレッジヴァンガード様様です。ありがたいことです。

増えたといっても、それでも少ないので要注意ですが。


なので、全国のヴィレッジヴァンガードでは、
購入可能と思われます。(赤羽漫画も)

あと、何故か中央線沿いと下北沢周辺の
一部ローソンやデイリーヤマザキでも売られるようです。


そんな訳で、中身の一部をご紹介。




































c0152126_2294794.jpg


近所のスナックのママ。




























c0152126_23014.jpg


本の中の企画で、ママと対談をしてみました。

ママに俺の漫画を見てもらい、感想と助言をもらう・・・
というものなのですが、実にひどかったです。

実に、ひどかったです。





そしてもう一人・・・

























































c0152126_2305167.jpg


ジョージさんとも対談してみました。

これまたひどかった・・・
そして怖かった。































赤羽漫画も漫画短編集も、なるべく普段ここのブログを読んでくれてる人が
楽しめるように、自分なりに工夫はしたつもりです。

なぜなら、このブログを読んでいない人には、
ほとんど売れないだろうとニラんでいるからです。




あと、このブログの、画面向かって右側の
カレンダーとか過去記事とかあるスペースがあるじゃないですか?

こっち側の。

ここを一時的に『東京都北区赤羽』の版元である
Bbmfマガジンにお貸しして、好き勝手告知してもらおうと思っております。

担当編集から会うたびに浴びせられる、
「ちゃんと告知しろよ!?」の嵐。言葉の暴力。体の暴力。
それによる、PTSD。

耐えかねた俺は、
「じゃあブログのパスワード教えるんで、勝手に告知してくださいよ!」
ということになったのだ。

というのは冗談で、本当は自分で告知したりリンク貼ったり色々いじったりするのが
めんどくさかったんです・・・すいません・・。


しばし告知中心になってしまうかもしれませんが、
またくだらないネタも発表していきたいと思うので、
付き合ってください。

とりあえず皆さん、




































































































































































c0152126_2354348.jpg

[PR]

by kurukurupaaaa | 2009-06-04 02:28  

出ます。

何が?






























































c0152126_3133310.jpg



単行本が。


ケータイまんが王国で去年末から連載させてもらっている、
『東京都北区赤羽』の一巻が、6月16日(火)に発売されることになりました。

オールカラーで840円。Bbmfマガジン刊。

帯の推薦文は、赤羽ご出身のひろゆき氏に頂きました。
大変恐れの多いことです。

正直、部数はあまり多くないので、買いづらいかもしれません。

赤羽の本屋さんには結構な数置いてもらえるようですが、
その他の本屋さんのことはイマイチわかりません。
(わかり次第報告します)

購買意欲のある方は、早めに本屋さんで予約されるか、
ネットで注文されることをお勧め致します。



そして、もう一つ出ます。


何が?































































c0152126_3144933.jpg


短編集が。

彩図社という、末恐ろしい出版社から。

これは、過去にヤンジャンとかヤンサンとかに掲載された、
漫画短編を寄せ集めたもの。
あと、未発表作品や書き下ろしオマケページも充実していますが、
全体的にかなりナメた作りになっております。

帯はあの漫☆画太郎先生。

ばばあのイラストも、わざわざ描いて下さりました。
大変恐れの多いことです。

発売日は『東京都北区赤羽』と同じく6月16日(火)。


こちらはさらに発行部数少なめなので、
購買意欲のある方は、なんとかして入手して下さい。






両作品の詳しい中身については、近日中にこのブログで
お知らせしたいと思います。

















































皆さん!!!!!



















































































なるべく買う方向で話を進めてくださいネ!
[PR]

by kurukurupaaaa | 2009-06-01 03:23  

素敵な落書き

前回は、皆が知っているのに俺だけが知らない様なネタを
取り上げてしまい、ちょっぴり悔しい思いをしました。
しかし、同時に、ここを見てくださる方々の情報量のすごさに
感服しました。

また何か分からないことがあったら教えてください。



そんなわけで、今回は俺だけが知ってる(はず)のネタをご紹介。

先日の夕方、赤羽西付近を歩いていた時のこと。
民家の塀に書かれた、赤い落書きが目に飛び込んできた。































c0152126_1775854.jpg



「うん。好きよ」

一見すると、ごくごくありふれた落書きだが、
なにか違和感を感じる。

塀の一部の色が、微妙に違うではないか。

もう少し近づいてみた。
























c0152126_1783726.jpg







c0152126_1781759.jpg



この句点だけ、落書きではなく、手作りの紙だ!!

薄い布地のテープの上に、紙で作られた「。」が
ペタリと貼られているのだ。


テープの形や、後付の句点から察するに、
どうやらこの落書き、当初は

「うん。好きよ」

ではなく

「うんこ好きよ」

だったに違いない。
ってゆーか、うすく「こ」が透けてるし。


落書きされたことに気づいた家主が、
応急処置的に文章の意味を変えるべく
慌てて「こ」を「。」にすり替えたのだ。

汚い文章から、綺麗な文章に。


落書きはいけないことだけど、
これを見て微笑ましい気持ちになった。

普通、自分の家の塀にこんな落書きされたら、
選択肢は二つである。

①急いでペンキで消す

②自殺


しかしここの家主は、そのどちらを選択する訳でもなく、
③文章を変える
という斬新な方法でこの問題を乗り切った。

落書きと共存する道を選んだのだ。

その、落書きを楽しめる余裕というか、度量の大きさに
チャイムを鳴らして、出てきた家主を
賛美したい衝動に駆られたけど
そこはグッとこらえた。

「落書きしたのは貴様か!」とか疑われたらイヤだし。



で、数週間後。
再びここの家の前を通りかかったら・・・






































































c0152126_17103836.jpg


 
句点落ちてた























































































[PR]

by kurukurupaaaa | 2009-04-16 17:13  

最近の『東京都北区赤羽』

昨年からやらせてもらっている、例の携帯配信赤羽漫画。
性懲りも無く、まだ続けさせてもらってます。

馬鹿の一つ覚えのように右手を動かして
漫画を毎週描いてるんです。

描いてるからには、たまには告知しなけれななりません。



最近漫画で取り上げた話は・・


























c0152126_1263055.jpg


数年前に遭遇した、
胸に二輪の薔薇を差した、不審な和尚さん。
ワンカップ片手にタバコふかしてました。
























c0152126_1264356.jpg



彼の正体やいかに・・?





































で、先週更新されたのは・・


c0152126_126572.jpg



数年前に赤羽で捕獲した、未確認生物〝ケセランパサラン〟の話。
漫画で食えなかった時代、
ケセランパサランの大量捕獲に成功し、
売りさばいて生計を立てておりました。
そして本当に奇跡がおきました。

この漫画が配信された後、色んな方面の人たちから反響頂きました。
































で、昨日更新されたのは、
吉本興業の某有名お笑い芸人さんと一緒に・・
































c0152126_131446.jpg



ここのスナックに飲みに行った時のお話・・・。

























最近ここのブログの更新が滞りがちですが、
まだまだくだらないネタを発表していくつもりですので
もうしばしお待ちを。



















































































ハハハハ!!
[PR]

by kurukurupaaaa | 2009-04-12 01:36  

お誕生日プレゼント

この前、一年に一度、誰にでも訪れるあの日が
俺のところにもやってきた。

死に一歩近づく、アレです。アレ。

医学用語でいうところの、「お誕生日」というやつ。

別におめでたくもなんともないのだが、
こんな俺にもお誕生日プレゼントをくれる温かい人たちがいる。





プレゼント①

c0152126_15414379.jpg


北区某所でスナックを営むママからのプレゼント。












































c0152126_15415499.jpg


九谷焼の大きな花瓶と、花束。
いくらするんだろう、これ。

「ママの使い」と名乗る、黒メガネの男が、
うちまで届けてくれた。

一番不気味だったのが、ママに俺の誕生日を言った記憶が
全くないことだ。
気を遣わせたくないので、誕生日2、3ヶ月前くらいからは
誕生日聞かれても誰にも教えないし。
その前にも言った記憶がないし。

ママには霊感あるので、きっと霊感で調べたんだろう。


俺の貧相な部屋には似合わないけど、
花が枯れるまで、おもむろに花の香りをクンクン嗅ぎまくろうかと思います。





































プレゼント②

c0152126_15421465.jpg










































c0152126_15422381.jpg


北区某所で居酒屋を営んでいた、愉快な夫婦からのプレゼント。







































c0152126_15423621.jpg


10数色入りのカラーペン。
いくらするんだろう、これ。

このペンで、俺の汚い過去を綺麗に塗り替えよーっと。


































c0152126_15463111.jpg


二つを並べてみた。

どちらも、贈り主の個性がよく現れていて、
非常に気に入っている。

大切に使わせていただきます。


















































なお、わたくしのカバンには、
まだ若干の余裕がございます。
[PR]

by kurukurupaaaa | 2009-03-30 15:47