<   2008年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 

昔の日記⑦

夏休み・・いや、鬱休み後編。


------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1997年8月18日(月)
c0152126_20361577.jpg

帰ってめしを食ってる時、母の学校でまた事件があったと聞く。
小四の子が中一に襲われたらしい。
c0152126_20362884.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1997年8月24日(日)
c0152126_20364331.jpg

24時間マラソンTOKIO山口。
7時30分ごろ戻ってくる。
くだらね~っ。
c0152126_20365419.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1997年8日25日(月)
夏風邪でダウンし、病院行った時の事。
c0152126_20374989.jpg

そして処方せんの所へ行くが、そこで一番前に座ってた
老夫婦に「若いね」と言われたような気がした。
もし本当に言ったなら、あの二人を殺す。
c0152126_2038574.jpg


これは説明付け加えないと危ないな。

老人からの「若いね」発言。
当時の俺は、嫌味だと捉えたのだ。
「私達の様な老い先短い老人は、もうすぐこのつまらない世界からオサラバできるけど、
貴様の様な若者はまだまだ先が長いよ~。せいぜいこの世でもがき苦しんでくださいな、アハハーン。」

・・・説明付け加えても危ないな。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1997年8日28日(木)
c0152126_20383139.jpg

うらりうらら→うらぎるなら byエヴァ

エヴァの主題歌の中の一節。
「ほとばしる熱いパトスで  思い出を裏切るなら」
の「裏切るなら」の部分を、ずっと「うらりうらら」と思い込んでて、
ついにこの日真実に気づく。

俺、バカだったんです。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1997年8月30日(土)
c0152126_2039596.jpg

でも、ま、いっか。この人生は。

c0152126_20392483.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

青春まっ只中の高2の夏休みと行ったら、普通はバイトに汗を流したり、異性とデートに励んだり、友人とどこかへ遠出したり、花火や盆踊りに行ったりするものだと思うのだが、俺はその権限の全てを放棄して、家で廃れていた。
今思えばこれだけ廃れた夏休みを送った事は、掛け替えの無い人生の財産だったかもしれない。
いや、掛け替えのある人生のゴミだったのかもしれない。

最近の自分はぬるま湯に浸かっているので、
あの当時の価値観に戻したいと思う。



オマケ。

この当時の唯一の楽しみ。
それは、街で変な物件を探しては、写真撮ってVOWに投稿する事。

c0152126_20395735.jpg

(『VOW9』101Pより)

で、5回くらい採用されたのがちょっとした自慢。
[PR]

by kurukurupaaaa | 2008-04-08 00:07 | 昔の日記  

昔の日記⑥

高校2年生の夏休みの日記。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1997年8月7日(木)
c0152126_20313431.jpg

今日はオレ以外海へ行くので朝から騒がしく8時15分ごろ目覚める。
コーラを飲みチョコメロンパンを食うと腹が痛くなる。

c0152126_20315345.jpg

c0152126_2032583.jpg

c0152126_20321542.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1997年8月14日(木)
c0152126_2053591.jpg

4時に窓の外から「清ちゃーん」という横(横尾君)の声がきこえる。
オレは「いないよー」と答える。

c0152126_20511831.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1997年8月15日(金)
c0152126_2034192.jpg

TVをつけると母の学校のニュースがやっていて驚いた。
何者かにうさぎを殺されたらしい。
c0152126_20341648.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1997年8月16日(土)
c0152126_20343754.jpg

最近家にとじこもりがちなので親にあやしまれないためにも
明日あたり赤羽に姿をくらまそうと計画。
c0152126_20344945.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1997年8月17日(日)
c0152126_2035391.jpg

談(赤羽の本屋)へ行き、『消えたマンガ家②』を買う。
そしてやる気のない方の古本屋へ行こうと思ったが休み。
最近やってないなあ。つぶれたのだろうか。
c0152126_20352557.jpg





・・・我ながら、すごく廃れた夏休みだと思う。

夏休みはまだ終わらない。
[PR]

by kurukurupaaaa | 2008-04-06 20:55 | 昔の日記  

ペイティさんとの日々

昔の鬱日記ばかりアップしてたら少し滅入ってきたので、
ペイティさんで息抜きしようかと思います。



歌うホームレスのペイティさん。

先日、また彼女と遭遇した。

声をかけると彼女は「いつものお礼に」と、
バックから無数のカセットテープを取り出し、
そのうちの1本を俺にくれた。
c0152126_17173833.jpg

c0152126_17174934.jpg


今回のテーマは「草原の輝き」。
よさげなテープだ。

テープのお礼にコーヒーご馳走し、
写真を1枚お願いする。

ペイティさんは、いつも快く応じてくれる。(必要以上に)

「ではここはひとつ、わたくしらしいポーズで・・・」
と言って構えたポーズがコレ。


c0152126_1718843.jpg

股間にMAXコーヒー。

「MAX」と「SEX」をかけたギャグだろうか。

いや違う!!これは股間に缶を置いた、「股缶」というギャグだ!!
すげえ!!

こんな壮絶な「らしさ」は見た事がないし、
別に見たくもなかった・・・。

コーヒーのお礼に、38円の女性ものの靴下を2足もらった。
お礼のループ地獄。
c0152126_17185864.jpg

差し出されたモノはもらっておく。それが礼儀。



そんな素敵なペイティさんとの、笑えないエピソードを二つご紹介。



c0152126_17191686.jpg

ある日の深夜、近所のコンビニで立ち読みしてた時の事だ。




























c0152126_17205111.jpg

ペイティさんが、爆笑しながらトイレから出てきておったまげた。
トイレで、笑わずにいられない何らかの愉快な出来事があったのだろう。

c0152126_17201152.jpg

この日は当然話しかけず、雑誌で顔を隠して他人のフリをした。







ペイティさんの寝床は、俺んちから歩いて1分の所にある(近い!)、
某福祉施設の入り口だ。

c0152126_17211743.jpg


そこで頭から布を被り、体育座りをして眠るのだ。

暗闇でこの姿を最初に目撃した時、俺はガタガタと震えたけれど、
最近では「虫」みたいに思えて、愛らしさすら覚えてしまう。

で、深夜コンビニ行く時にペイティさんが寝ている姿を目撃すると、
帰り際にちょっとしたモノを買って差し入れする事がある。(当然、偽善行為)

c0152126_17213463.jpg


ある日、差し入れを足元に置いて帰ろうとしたら・・・





































c0152126_17214835.jpg

ビニールの音に反応したペイティさんが、布を被ったまま
すごい勢いで立ち上がったのだ!
俺は恐れおののき、チャリごと転倒してしまった・・・。





ペイティさんを始め、俺の知るホームレスの人たちは、
「仕事」とか「家族」とか「金」とか「夢」とかの為ではなく、
その日その日を「生きる」為に生きてるように思えるから非常にカッコイイ。

人間、いや、動物としての本質を追求し続ける、
アーーーーーティストに思えてしまう訳なのです。






















c0152126_1722454.jpg


師匠、尊敬しています!
[PR]

by kurukurupaaaa | 2008-04-04 17:22 | 街人  

昔の日記⑤

パクり関係2連発。(共に時効ですが、すみません)

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1997年6月24日(火)

同じ高校のT君の家に遊びに行った時のエピソード。

c0152126_6454746.jpg

しばらくして近所のコンビニへ行き、チップスターコンソメと
ジュースを買って奴の家で食べ、盗んだチャリに空気を入れ
駅まで二人のりをする。
奴はコンビニで写真を出し、その後駅のホームまで送ってくれた。
ここまで奴が善人だったとは、正直思いもしなかった。

c0152126_646416.jpg


「奴」・・・

それにしても、盗んだバイクで走り出す人は絵になるけど、
盗んだチャリに空気入れて走り出す人は絵にならないと思った。
しかも二人乗りだし。

T君善人どころか、二人揃って極悪人だよ、お前ら。


※盗んだチャリは、その後T君が元の場所にちゃんと戻しました。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
1997年6月28日(金)
c0152126_6474953.jpg

家庭科室に行き、ズボンをぬう。
自分の班のさいほうセットがなかったので
他の班のをパクった。
奴らはあたふたしていた。スミマセーーーーーーン!

c0152126_6481147.jpg


「スミマセーーーーーーン」って、絶対本心から謝ってないな・・・

当時の俺は、完全に人生ナメてたと思う。
自分の人生をナメるだけならまだしも、
他人の人生までペロペロペロペロと・・・・。

※盗んださいほうセットは、その後コソッとちゃんと返しました。
[PR]

by kurukurupaaaa | 2008-04-02 06:56 | 昔の日記  

昔の日記④

一日一回のペースで更新してみる。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1997年6月21日(土)
c0152126_083811.jpg

A君の家に行くとB君がいた。
何考えてんのかしらねーが、髪を染めてやがった。

もちろん気付かねーふりをしてやった。

c0152126_085651.jpg

c0152126_091053.jpg


身近な友人が茶髪にした時に感じた、
あの「裏切られた感」は一体何だったのだろうか。

別に茶髪くらいどうでもいいと思うが、
高校生当時の俺からしてみたら、
茶髪イコール浮かれに浮かれた愚鈍極まりなき行為だったのだ。

どんなに親しい幼馴染も、茶髪にしてしまった時点で
「友人」ではなく「他人」になってしまう。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

1997年6月22日(日)
c0152126_0102154.jpg

2時に山(山本君)の家に行き、3時までドラクエ3をやる。
黄金の爪をとり、その後一度データが消える。(足にひっかかって)
地球なんてほろびろ

c0152126_0105523.jpg

c0152126_0111626.jpg

c0152126_0113712.jpg


あぶねー・・・
[PR]

by kurukurupaaaa | 2008-04-01 00:13 | 昔の日記